海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月 6日

竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉


竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉

《洛西の古刹・地蔵院》

嵐山から桂川を南に下った西山エリアには、お酒の神様を祀る松尾大社や月読神社。
世界遺産の西芳寺や鈴虫寺など見所の多い所でもあります。
今日紹介する地蔵院は、京都の紅葉では、遅くまで紅葉が見られる所です。
所は、バス停の「苔寺・すず虫寺」から石段を上った先にあります。
小高い丘に並ぶ住宅街を少し歩くと、紅葉と竹に包まれた山門が見えて来ます。
山門までは見頃を迎えた楓の木々が続いています。

IMG_2264.jpg

「竹の寺」の愛称で親しまれている地蔵院は、1367年に室町管領の細川頼之公が、
夢窓国師の弟子の宗鏡禅師を招いて建立しました。

IMG_2311.jpg


ここは一休禅師(1394年-1481年)が幼少時を過ごした寺院でもあります。


IMG_2266.jpg

山門を通り、見上げた空には空高く伸びる竹林と
彩りの時を迎えた紅葉が綺麗です。

IMG_2301.jpg


竹林を眺めながら、ゆるやかな坂を進み本堂へ。
現在の本堂は1937年に再建されたもので、延命安産の地蔵菩薩が本尊として祀られています。


IMG_2268.jpg

地蔵院の境内一円は、京都市の文化財環境保全地区に指定されていて
静かな時間が流れています。


IMG_2283.jpg

《境内奥に建つ一休禅師母子像》

母子像の銅板には・・・・・・

「一休が生まれたこの地は、ここ地蔵院のあたりらしい。
このあたりは竹藪の深い森が多い。
地蔵院も「竹の寺」と呼ばれていた。
御所を追われた母子が暮すにふさわしい場所といえよう。
縁側に腰かけていると母に手をひかれた一休が、
いまにも現れるように思えてならない。」
               
                  水上勉「一休を歩く」より

IMG_2275.jpg


竹林の中に、ハラハラと舞い落ちるもみじ。
地面には散紅葉が絨毯の様に
美しい色を放っています。

IMG_2284.jpg

地蔵院の辺りは山が近くて、12月の今は午後四時を回ると夕暮れが訪れて来ます。
一休さんが過ごした約620年前は、
さぞかし静かな深秋の世界が広がっていたでしょうね。

IMG_2291.jpg

《地蔵院》
◎  京都市西京区山田北ノ町23
◎  阪急電車 上桂下車 徒歩約15分   
   京都バス 苔寺下車 徒歩約3分
   市バス  苔寺口下車 徒歩約10分
◎  拝観時間 9:00~16:30  500円

IMG_2293.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年12月 6日
« 前の記事「燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」」へ
»次の記事「初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都の花暦を追いかけて
    初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
    Xmasイブ
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集