海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > これぞ!フォトジェニック「嵐山花灯路・光に浮かぶ法...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月17日

これぞ!フォトジェニック「嵐山花灯路・光に浮かぶ法輪寺」


これぞ!フォトジェニック「嵐山花灯路・光に浮かぶ法輪寺」

初冬の京都を彩る嵐山花灯路は、12月17日まで行われています。
嵐電嵐山駅にも美しいクリスマスリースが飾られています。

無題10.jpg

《月の渡る橋》
嵐電嵐山駅から渡月橋を渡り法輪寺へと向かいます。
渡月橋。橋の長さは、全長155m。橋は、光に浮かび上がっています。渡月橋の名の由来は、平安時代。
その当時、嵐山天龍寺のある場所に亀山庭園を持っていた亀山上皇が、
曇りのない夜空に月が橋を渡って行く様子を、
「くまなき月の渡るに似る」と表現された事から、渡月橋と
命名されたと言われています。

花灯篭.jpg

平安時代の渡月橋は、現在より200mほど上流に位置していたそうで、
法輪寺への通行のために架けられたので、法輪寺橋と呼ばれていました。
その後、渡月橋は度重なる洪水や、応仁の乱で焼け落ちたりして来ましたが
江戸時代に(1606年)現在の位置に建設されたそうです。
山門前に着きました。ここは長い石段に枝垂れるモミジが綺麗です。
今は紅葉もほぼ終わりましたから、来春の青もみじが楽しみです。

無題2.jpg

《境内に広がるプロジェクションマッピングの世界》

長い石段を上がるとプロジェクションマッピングの世界が広がっています。
無題7.jpg

法輪寺では、花灯路の期間、プロジェクションマッピング「デジタルカケジク」で
100万枚ものCG画像が境内全体に投影されています。

光の中、次々と浮かび上がる幽玄の世界に見入ってしまいます。

無題4.jpg

そして、法輪寺と言いますと、舞台からの眺めが良いですね
舞台からは、嵐山や市内が一望出来ますよ。
この夜は小雨でしたから夜景は少し霞んでいました。

《嵐山花灯路・法輪寺》

〇所 京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
〇アクセス 阪急嵐山線下車 徒歩10分
      JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約20分
〇デジタルカケジク日没~20:30※  夜間舞台入場無料

無題6.jpg

嵐山花灯路は12月17日(月)まで行われています。
灯りの点灯時間は(17:00~20:30)三時間半です。
三時間半を有効に使い、暖かい恰好で散策して下さいね。
(手袋・ホカホカカイロ、折り畳み傘・持参がお勧めです。)

無題1.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2018年12月17日
« 前の記事「86万球が輝く「ロームのイルミネーション」」へ
»次の記事「師走の嵯峨野・広沢の池「川魚あります」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
関西ラストの桜「比叡山ドライブウェイ」
インスタ映えする「御室桜」
十石舟が行き交う「伏見・濠川の桜」
桜日の「嵐山」を歩く
美味しい!志津屋の「元祖ビーフカツサンド」
遠くて近い歴史を思う「京都府庁に咲く容保桜」
ガイドブックに載らない枝垂桜の名所「本満寺」
梅・桃・桜の饗宴!「京都御苑」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都の花暦を追いかけて
初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
Xmasイブ
初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
Xmas近づくUSJ
光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
「USJ」圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
大きな絵馬は、来年の「戌」
晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集