海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 龍馬が眠る「京都霊山護国神社」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月15日

龍馬が眠る「京都霊山護国神社」


龍馬が眠る「京都霊山護国神社」

《幕末史に度々登場した三条大橋》
前ぺージからの続きです。写真は鴨川に架かる三条大橋。
幕末史の中でもこの橋は、新撰組と土佐藩士がこの場で決闘を繰り広げたり、
乞食に変装した桂小五郎(木戸孝允)が橋の下に潜んでいたり、橋から見える河原に
新撰組の近藤勇の首が晒されたりと、幕末史では度々登場しています。

IMG_2567.jpg


三条大橋から東山へと入りました。
高台寺の横を真っすぐに伸びる道は「維新の道」です。
道は京都霊山護国神社へと続いています。

IMG_2593.jpg


《観光コースから一歩曲がれば、龍馬坂》

維新の道を横目に、二年坂に入りました。
ニ年坂に入り、少し歩いて左に曲がると、「龍馬坂」です。
二年坂は、三年坂や清水に続く道として連日多くの人で賑わっていますが、
「龍馬坂」には殆ど、ひと気がありません。
龍馬道の中腹から、振り返ると八坂の塔が見えます。


IMG_2601.jpg

この坂道は、幕末志士葬送の道。
慶応3年(1867年)11月18日、海援隊士や陸援隊士らによる
坂本龍馬と中岡慎太郎の葬列が通りました。


IMG_2597.jpg

見上げると、こんなにも急こう配の道です。



IMG_2599.jpg

《京都霊山護国神社へ》


坂道を上り少し歩くと、「京都霊山護国神社」。
護国神社の始まりは1868年、明治天皇が誕生すると、明治維新で亡くなった侍たちを祀るように詔を発せられ、
長州や土佐などの諸藩と公家が賛同して新しく神社を創建しました。
それが霊山官祭招魂社です。

IMG_2602.jpg

そして、第二次世界大戦が始まると京都霊山護国神社に改称し、
護国神社制度が制定され、全国にも護国神社が建立されました。

IMG_2628.jpg

護国神社には、日清戦争、日露戦争、日中戦争、太平洋戦争の犠牲者が英霊として祀られ、
京都だけでもこれまでに祀られた英霊は73000柱以上にのぼります。

IMG_2604.jpg



《京都霊山護国神社》

〇所  京都市東山区清閑寺霊山町1
〇交通 市バス 東山安井下車徒歩10分  
※ 高台寺や二年坂から徒歩で約15分
〇参拝時間 9時ー17時  休みなし
〇お墓まいり  300円

IMG_2608.jpg

墓地には、幕末から明治維新の時に亡くなった、坂本龍馬、中岡慎太郎、木戸孝允など、
志士の墓、1,356名が建っています。

IMG_2624.jpg

墓地の休憩所からは京の町が見えます。
壁には坂本龍馬の年表。

IMG_2613.jpg

中岡慎太郎の年表。

IMG_2614.jpg


桂小五郎(木戸孝光)の年表。

IMG_2615.jpg

坂本龍馬は、薩摩と長州との薩長同盟を仲介し、大政奉還を進言し、
新政府の構想も練っていた人物として、幕末史において多くの役割を担いました。
しかし、大政奉還成立の一か月後(慶応3(1867)年11月15日)に河原町の近江屋で中岡慎太郎と共に、
暗殺されてしまいました。
坂本龍馬33歳。中岡慎太郎29歳。

IMG_2619.jpg


毎年、京都霊山護国神社では、龍馬の命日の11月15日に「龍馬祭」が行われ、
全国から多くの参拝者が訪れています。
坂本龍馬が亡くなって152年。
ここからは2019年の京の町、そして大きな空が見えます。

IMG_2610.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年1月15日
« 前の記事「2019年「龍馬」の足跡を訪ねて・・・」へ
»次の記事「イノシシがいっぱい「禅居庵」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
おおっ寒い!嵐山も雪化粧
「冬ナクバ」「春ナキニ」。京の冬の旅・妙心寺
「周山街道」雪化粧した北山杉が綺麗です
新年明けましておめでとうございます

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集