海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 桜日の「嵐山」を歩く

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月 6日

桜日の「嵐山」を歩く


桜日の「嵐山」を歩く

京都市内の桜処も見頃マークが増えて、嵐山もほぼ見頃となって来ました。
阪急電車嵐山線「松尾大社駅」から嵐山へと向かいました。
松尾大社駅に咲く桜も見頃を迎えています。(写真は4月6日撮影)

IMG_3838.jpg

阪急電車嵐山線は、桂⇒上桂⇒松尾大社駅⇒嵐山を走っていますが、
上桂駅・松尾大社駅・嵐山駅のホーム沿いには
沢山の桜の木があります。

IMG_3754.jpg

松尾大社駅から嵐山駅に着きました。

IMG_3832.jpg

阪急嵐山駅から渡月橋へ向かう途中にある「中ノ島公園」も
桜の名所として有名な場所です。

IMG_3777.jpg

川沿いの桜は、ほぼ満開です。

IMG_3790.jpg

《橋から上流は大堰川・橋から下流は桂川》

桜の向こうに渡月橋が見えます。
京都を代表する景勝地の嵐山。ここに架かる渡月橋は、嵐山中心部を流れる桂川に
架けられた全長155mの風情あふれる木造橋です。

IMG_3779.jpg

渡月橋の名前の由来は、亀山上皇が、月の夜に空の月が橋の上を渡るかの様に見えて、
「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられたと伝えられています。

嵐山を流れる川は、橋から上流は大堰川。
橋から下流は桂川・・・と川の名が変わります。



《嵐山・中ノ島公園》

〇住所  京都市右京区嵯峨および西京区嵐山
〇アクセス 阪急「嵐山」駅から徒歩で5分
      JJR嵯峨野線 「嵯峨嵐山」駅から徒歩で15分 3)
      京福電鉄嵐山駅から徒歩で10分


IMG_3799.jpg

渡月橋に続く道を横断し、渓谷の見える所に来ました。
嵐山の桜は、この週末から来週にかけて、満開が続きそうです。

IMG_3801.jpg

《フォトジェニックな景色》

渡月橋近くから法輪寺へと歩きます。(徒歩で約5分)
嵐山の中腹に位置する法輪寺は、十三参りで有名な寺院ですが、
1300年前の和銅6年(713年)に元明天皇の勅願により行基菩薩が創建したのがはじまりです。

嵐山の大堰川に架かる渡月橋は、江戸時代までは法輪寺橋と呼ばれていたそうです。

法輪寺には、舞台と呼ばれる見晴台があります。
ここからは、渡月橋をはじめ嵯峨野が一望でき、さらに東山の山々や京都市内を見渡すことができます。

IMG_3827.jpg


桜満開の今、桜の向こうに渡月橋が見えます。

IMG_3818 (2).jpg

≪法輪寺≫

〇所     京都市西京区嵐山虚空蔵山町
〇      境内自由
〇時間    9:00~17:00
〇アクセス  阪急電車「嵐山」下車 徒歩約5分
       市バス「阪急嵐山駅前」下車 徒歩約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2019年4月 6日
« 前の記事「美味しい!志津屋の「元祖ビーフカツサンド」」へ
»次の記事「十石舟が行き交う「伏見・濠川の桜」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
京都NO1! 金運アップの強力パワースポット「御金神社 」
勝海舟ゆかりの「常林寺」では、秋の特別参拝が行われています
京都・映画誕生の碑「真如堂」
9月初めの「流れ橋」を歩く
白砂壇美しい「法然院」
行く夏を見送る「伊根花火」
紅梅のかき氷「桜井屋」
五山の送り火「鳥居形」
1年前の同じ月に投稿された記事
「鳥羽の藤」を知っていますか?
SNSで人気の「#正寿院」へ行こう
「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開
「比叡山ドライブウェイ」に見る関西ラストの桜風景
3000株の山吹が見頃「松尾大社」
こころのふるさと―平安神宮 紅しだれコンサート2018
降り注ぐ桜POWER!これぞ桃源郷「原谷苑」
今年は早い「御室桜も満開」
長岡天満宮「八条が池の夜桜風景」
十石船が行き交う「伏見濠川の桜景色」
月と桜とかがり火・嵯峨野にて・・・

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集