海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 降り注ぐ藤の花シャワー「白毫寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月13日

降り注ぐ藤の花シャワー「白毫寺」


降り注ぐ藤の花シャワー「白毫寺」

藤の花を訪ねて、兵庫県丹波市、白毫寺(びゃくごうじ)に行って来ました。
ここでは「九尺藤」と言われる、長い藤の花を楽しむことが出来ます。
「白毫寺」は丹波市市島町の山あいにある、705年創建の由緒あるお寺です。
京都市内から車では二時間位で行ける距離(約79キロ)です。

IMG_4606 (2).jpg

《藤の名所・白毫寺》

白毫寺の藤は、園芸品種名で「九尺ふじ」と呼ばれる花穂の長い藤。
正式名称は「野田長ふじ」。
下まで咲くと、これまで最も長いもので180cmを記録しているとの事。
一尺は約30cmですから、九尺とは約270cm。
そこまでの長い藤の花はありませんでしたが、1メートル近い長さの見事な
藤の花の景色が広がっています。

IMG_4553.jpg


《インスタ映えする藤の花》

同寺の藤は「人が集い心安らぐ寺にしたい」との願いを込め、先代住職が植えたのが始まりです。
2012年に全国紙の1面に写真が掲載されたことで、一躍全国区となりました。

今まで藤の花は、春の花として、梅や桜ほど注目される事はなかったのですが、
フェイスブックやInstagramから発信される藤の花の美しさに、多くの共感を呼び
国内そして海外からも沢山の方が来られています。


IMG_4572 (2).jpg


《万葉集にも詠まれた藤の花》

万葉集には、藤の花が詠まれた歌は26首。
その数は、梅や桜にはかなわないものの、薄紫の美しい藤の花は
万葉人にとっても、歌に残したい美しい花だったのですね。

IMG_4545.jpg

藤棚のエリアは広くて、L字に続く藤棚と中央に広場があり、
たっぷりと藤を愛でる事が出来ます。

IMG_4585 (3).jpg

境内の上の散策路からも藤を見ることもできます。


IMG_4587 (2).jpg

藤の花は、横から見ても美しく、
藤棚に入り、下から見上げて鑑賞するのも良いですね。
藤の見頃は、5月初旬~中旬。
5月14日まで、夜間ライトアップ(18時30分頃から21時)も行われています。

丹波市・藤.gif


《白毫寺》
〇所      兵庫県丹波市市島町白毫寺709
〇白毫寺HP  http://www.byakugouji.jp/news/2768.html
〇問い合わせ先 0795-85-0259
〇見頃     例年の見頃 5月初旬~中旬
〇拝観料    個人300円 / 団体200円 ※高校生以下・障害者等は免除
〇拝観時間   8:00~17:00(ライトアップは18:30~21:00)
〇アクセス   車  舞鶴自動車道「春日I.C」より福知山方面へ車10分
〇アクセス   電車 JR福知山線「市島駅」下車、タクシーで8分
〇駐車場    有り

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2019年5月13日
« 前の記事「凄い!「レゴブロック・京都駅ビル100分の1モデル」」へ
»次の記事「令和元年・新緑の中を進む「葵祭」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
紅梅のかき氷「桜井屋」
五山の送り火「鳥居形」
フォトジェニックな「竹林の径」
暑い京都の夏には「中村軒」のかき氷
小路に響く祇園囃子「後祭・宵山」
「祈り」
熱気溢れる「祇園祭・神幸祭」
都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」
1年前の同じ月に投稿された記事
古都の夜空に1万3千発「京都芸術花火」 
「愛宕念仏寺」目に優しい緑の世界
「青もみじ」美しい、嵯峨鳥居本
「厳選」!青もみじBESTスポット・東福寺
これからの季節は川床で「鴨川納涼床2018」
京都・S級のパワースポット「貴船神社」
新緑の嵐山の「羅漢様」
金運上昇の強力なパワースポット「御金神社」
五月の光に「インスタ映えする杜若」
新緑の中を進む「葵祭2018」
明日15日は「葵祭り」
平安京を思う「羅城門跡・西寺跡」
駅ビル大階段は「子供の日」バージョン
「夏も近づく八十八夜~~♪」今年の八十八夜は5月2日

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集