海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月17日

都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」


都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」

《令和元年・先祭 山鉾巡行》

17日は祇園祭・前祭(さきまつり)のハイライトとなる山鉾巡行が行われました。
空は、晴れ。午前九時、巡行が始まりました。
祭りの創始から1150年を迎えた祇園祭。
長刀鉾を先頭に「動く美術館」に例えられる豪華な懸装品(けそうひん)を飾った23基の山と鉾が都大路を進んで行きます。

巡行経路は、四条通→河原町通→御池通→新町御池まで。

IMG_5340.jpg


祇園祭の始まりは、平安時代の前期・869年。
京の町では疫病が流行していました。


IMG_5351.jpg

そこで人々は神泉苑に、スサノヲノミコトなど
祇園の神様を迎えた神輿3基と66本の矛を立てて
御霊会を行い、神に疫病を鎮めてもらおうとしたのが、祇園祭の始まりとされています。

IMG_5326 (2).jpg


その後、室町時代に入ると四条室町を中心に町衆と呼ばれる
豊かな商工業者が祇園祭の自治組織を作るようになり、各町ごとに山鉾を作って街中を巡行する
現在のような形になっていきました。
(現在も山鉾とそれを管理する鉾町は四条通・室町通近辺に集まっています)

地球の歩き方2祇園祭.gif

時代が進み、応仁の乱や第二次大戦などで中断もありましたが、その度に
町の人々の力で復興し、現在まで1150年を迎えたお祭りとなっています。


IMG_5266 (2).jpg


夏空広がるビルの街に、山と鉾が勇壮に進んで行きます。

コンチキチン コンチキチン


遠い時代の旋律が、2019年の街に響きます。
山鉾の上に建つ、槍と松には、
疫病神が吸い込まれると言われています。

地球の歩き方 菊水鉾.gif


コンチキチン コンチキチン 

宵山が、「静」の世界なら巡行は「動」の世界。
祇園祭の華やかさは祇園囃子と共に、染と織の美しさです。
鉾を彩る、鮮明な朱色が街に映えています。
都大路を勇壮に進む「先祭・山鉾巡行」でした。

IMG_5353.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年7月17日
« 前の記事「7月半ばの「永観堂」」へ
»次の記事「熱気溢れる「祇園祭・神幸祭」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
五山の送り火「鳥居形」
フォトジェニックな「竹林の径」
暑い京都の夏には「中村軒」のかき氷
小路に響く祇園囃子「後祭・宵山」
「祈り」
熱気溢れる「祇園祭・神幸祭」
都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」
7月半ばの「永観堂」
1年前の同じ月に投稿された記事
夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
激しい雨でした
日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
七夕に願いを込めて「七夕の催し」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集