海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 夜空に浮かぶ平安京の遺構「東寺・五重塔」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月 6日

夜空に浮かぶ平安京の遺構「東寺・五重塔」


夜空に浮かぶ平安京の遺構「東寺・五重塔」

東寺では日が沈むと毎日五重塔がライトアップされています。
五重塔のライトアップは2013年より照明が新調され、設置台数も以前の倍の42台となり、
塔の木組みまではっきりと分かる鮮明なライトアップへとパワーアップしています。
11月5日の夜空には、綺麗な半月が浮かんでいました。

IMG_6231.jpg


五重塔を見ながら道路沿いを歩きました。
初代五重塔が完成したのは弘法大師没後約50年の元慶7年(883)頃。
その後、焼失を繰り返し、現在の五重塔は五代目、寛永21年(1644)徳川家光の再建によるものです。
高さは55mあります。


IMG_6202 (4).jpg

《東寺の歴史》

東寺は、唯一残る平安京の遺構です。
創建からおよそ、1200年。
東寺は、1994年に世界遺産として登録されました。
平安遷都とともに建立された東寺は官寺(かんじ)、つまり国立の寺院。
その寺院を桓武天皇のあとに即位した嵯峨天皇は、唐で新しい仏教、密教を学んで帰国した弘法大師「空海」に託しました。
ここに、日本ではじめての密教寺院が誕生しています。

IMG_6205.jpg

《南大門》

五重塔を右に見ながら九条通を西へ歩いていくと、見えて来るのが南大門です。
現在、東寺の境内では、夜間特別拝観と紅葉ライトアップが行われています。
東寺といいますと、どうしても長い歴史のことや空海さんのことが多く取り上げられて、季節に咲く花や紅葉のことは後回しになって来たように思います。

広大な境内では、春には梅に河津桜に不二桜。
そして咲き誇るソメイヨシノ桜。

夏は百日紅。 
秋は紅葉や銀杏がとても美しいです。

例年、東寺の紅葉の見ごろは11月半ばから12月初めです。

IMG_6207 (2).jpg

ラストは、国道を渡る陸橋からの眺め。
お堀にも五重塔が映ってフォトジェニックな世界が広がっていました。

IMG_6223 (3).jpg

《東寺・夜間特別拝観と紅葉ライトアップのお知らせ》

◎期間   2019年10月26日(土)~12月8日(日)
◎時間   18:30~21:30(受付終了21:00)
◎料金   1,000円
◎アクセス JR「京都駅」八条口より徒歩約15分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 見所・観光・定番スポット
2019年11月 6日
« 前の記事「「モシュ印 」と「コケ寺リウム」祇王寺にて」へ
»次の記事「秋を訪ねて「洛北・一条寺」辺りへ」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
竹林と紅葉「直指庵」
この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集