海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 圧倒される紅葉夜景! 「東寺ライトアップ」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月18日

圧倒される紅葉夜景! 「東寺ライトアップ」


圧倒される紅葉夜景! 「東寺ライトアップ」

11月6日の記事では東寺の外からの夜景を紹介しましたが、11月17日は紅葉ライトアップが行われている東寺の夜間特別拝観に行って来ました。

お堀に映る紅葉がとても綺麗です。

IMG_6708 (2).jpg


《紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観 2019》

〇会期 2019年10月26日(土)〜12月8日(日)
〇拝観時間 午後6時30分~午後9時30分(受付は午後9時まで)
〇拝観料 大人・高校生1000円 中学生以下500円
〇場所 京都市南区九条町
〇アクセス
近鉄「東寺」下車、徒歩約10分
市バス「東寺東門前」下車、すぐ
JR「京都駅」から徒歩で約15分

IMG_6625 (2).jpg


《平安京時代へとタイムスリップ》

東寺は日本で最も高い五重塔を持ち、平安京の遺構として唯一残る寺院です。

東寺の歴史は、弘法大師空海が、嵯峨天皇に日本で初めて密教寺院を託され、真言密教の根本道場として栄えました。

IMG_6659 (2).jpg

東寺が建てられたのは平安京遷都後まもない延暦15年(796年)。 
奈良から京都へ都が遷された時、都を守る為の国立のお寺として建てられたのが始まりでした。

IMG_6674 (2).jpg

建造物の多くは、焼失と再建を繰り返して来ましたが、伽藍の配置や寺域は 創建当時と、ほとんど変わってないそうです。
光の中に、空海が創りあげた壮大な密教寺院が浮かび上がっています。


IMG_6631.jpg

広い東寺の境内。
ここには、四季毎に巡る花や木々の営みがあります。
それは、2月末から3月にかけては梅。3月末からは、早咲きの河津桜。4月には、見事に咲き誇るソメイヨシノと不二桜。


夏の日には百日紅。
そして秋には紅葉景色です。
池に映る水鏡の世界に見入ってしまいました。

IMG_6652 (3).jpg


紅葉の中、浮かび上がる金堂と講堂の建物。

IMG_6673 (2).jpg

近くから見上げる五重塔。
塔の高さは約55メートル。
2019年、東寺の紅葉景色は・・・・・・。フォトジェニックで圧倒される紅葉景色が広がっています。

IMG_6664 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 見所・観光・定番スポット
2019年11月18日
« 前の記事「もみじ色に染まり始めた「今熊野観音寺」」へ
»次の記事「無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り」 へ
京都特派員 新着記事
紅葉と竹と苔の世界「地蔵院」
無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り
圧倒される紅葉夜景! 「東寺ライトアップ」
もみじ色に染まり始めた「今熊野観音寺」
秋を訪ねて「洛北・一条寺」辺りへ
夜空に浮かぶ平安京の遺構「東寺・五重塔」
「モシュ印 」と「コケ寺リウム」祇王寺にて
「京都アニメーション」と「京阪電鉄」のコラボの地を巡る
1年前の同じ月に投稿された記事
インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
竹林と紅葉「直指庵」
この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集