海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 紅葉と竹と苔の世界「地蔵院」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年12月 3日

紅葉と竹と苔の世界「地蔵院」


紅葉と竹と苔の世界「地蔵院」

《洛西の古刹・地蔵院》
嵐山から桂川を南に下った西山エリアには、松尾大社に月読神社、鈴虫寺や常住寺、
世界遺産の苔寺など見どころの多いエリアでもあります。

そんな西山エリアにある地蔵院は、京都の紅葉では遅くまで紅葉が見られるところです。
場所は、バス停の「苔寺・すず虫寺」から石段を上った先にあります。
小高い丘に並ぶ住宅街を少し歩くと、紅葉と竹に包まれた山門が見えてきます。
山門までは見頃を迎えた楓の木々が続いています。

IMG_6782 (2).jpg

《幼少期の一休さんが過ごしたお寺

「竹の寺」の愛称で親しまれている地蔵院は、1367年に室町管領の細川頼之公が
夢窓国師の弟子の宗鏡禅師を招いて建立しました。

ここは一休禅師(1394年-1481年)が幼少時を過ごした寺院でもあります。


IMG_6792 (2).jpg

見上げると、空高く伸びる竹と彩りの時を迎えた紅葉がとても綺麗です。
竹林を眺めながら、ゆるやかな坂を進み本堂へ。
現在の本堂は1937年に再建されたもので、延命安産の地蔵菩薩が本尊として祀られています。


IMG_6799.jpg

 《 「モシュ印 」と「コケ寺リウム」》

先日、祇王寺と圓光寺でも紹介したJR東海が主催する「苔」を用いたアート作品「モシュ印 」と
「コケ寺リウム」の展示が、ここ地蔵院でも開催されています
期間は、2019年9月1日(日)から12月8日(日)までです。
「モシュ印」とは、英語で苔を表す「moss」と「御朱印」をかけ合わせた造語です。
「モシュ印」は、御朱印の文字の部分を苔で描いたオリジナルアート。
各寺院に、約1.5×1.0mの「御朱印」を再現したものが各寺院 1点ずつ全8種類展示されています。
   


「コケ寺リウム」とは、密閉したガラス容器の中に、各寺院の象徴的な建物などのジオラマと
庭園を苔で再現したミニチュアアートです。
猪の目窓とのコラボが素晴らしいです。
期間中、「モシュ印・コケ寺リウムを撮影してInstagramに投稿しよう!」
等の楽しいキャンペーンも行われています。

https://souda-kyoto.jp/travelplan/koke/instagram_cp.html

IMG_6824 (2).jpg


《境内奥に建つ一休禅師母子像》

母子像の銅板には・・・・・・
「一休が生まれたこの地は、ここ地蔵院のあたりらしい。
このあたりは竹藪の深い森が多い。
地蔵院も「竹の寺」と呼ばれていた。
御所を追われた母子が暮すにふさわしい場所といえよう。
縁側に腰かけていると母に手をひかれた一休が、
いまにも現れるように思えてならない。」
               
                  水上勉「一休を歩く」より

IMG_6801 (2).jpg

地蔵院の辺りは山が近くて、12月の今は午後4時を回ると夕暮れが訪れてきます。
一休さんが過ごした約620年前は、さぞかし静かな深秋の世界が広がっていたでしょうね。
佳境を迎えつつある12月初めの地蔵院の紅葉景色でした。

IMG_6852 (2).jpg

《地蔵院》
◎  京都市西京区山田北ノ町23
◎  阪急電車 上桂下車 徒歩約15分   
   京都バス 苔寺下車 徒歩約3分
   市バス  苔寺口下車 徒歩約10分
◎  拝観時間 9:00~16:30 500円


IMG_6837.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2019年12月 3日
« 前の記事「無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り」へ
»次の記事「光の回廊「神戸ルミナリエ2019」」 へ
京都特派員 新着記事
LINEで「明智光秀」!
梅の良い香り「清凉寺」
麒麟がくる!戦国乱世を思う「勝竜寺城」
ガラシャさんと千利休さんを思う「初春の高桐院」
京都から「新年明けましておめでとうございます」
京都駅ビル光のファンタジー2019「クリスマスツリー」
京都、光り輝く街路樹「ロームイルミネーション2019 」
12月の京都を彩る「嵐山花灯路2019」
1年前の同じ月に投稿された記事
ブログから見た2018年の「京都」
2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」
優しい甘さ「宇治抹茶入りの飴」
来年の大きな絵馬「イノシシ」松尾大社
師走の嵯峨野・広沢の池「川魚あります」
これぞ!フォトジェニック「嵐山花灯路・光に浮かぶ法輪寺」
86万球が輝く「ロームのイルミネーション」
初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集