海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > これぞ!冬の京都「嵐山」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年2月18日

これぞ!冬の京都「嵐山」


これぞ!冬の京都「嵐山」

2月18日の京都は、近畿地方に強い寒気が流れ込んだ影響で、市内の各地で積雪が観測され
嵐山も雪の朝でした。

凛と冷え込んだ大気のなかに渡月橋が見えます。
風光明媚な嵐山は、四季を通じてたくさんの人がこられる人気の観光地ですが、新型コロナウイルスの影響で、嵐山を訪れる観光客も激減しています。
IMG_7545.jpg


《オーバーツーリズム》

近年の京都観光はオーバーツーリズムに例えられるように、ホテルは満室でどこに行っても京都の観光処は大混雑でした。
京都市観光総合調査のデーターでは、2011年度には50万人くらいの外国人宿泊客数が、そののち年々急激なスピードで激増し、2018年には約9倍の450万人にまで膨れ上がっていました。
そんな最近の京都観光でしたが、2020年1月に襲ってきたコロナウイルスの影響を受け、嵐山も来客が減っています。

IMG_7514 (2).jpg


《嵐山通りのポスター「スイてます 嵐山」》
「#竹林#嵐山#人いない」
「人間よりサルの方が多いとか、久しぶり。」
「今なら待ち時間なしで下り放題」
「すいすい渡れて なんか、、、 すみません。。。」


観光とは難しいものですね。
来客が、あまりに多すぎても困るし、極端に少なくなっても困まります。
とにかく、今は、コロナウイルスの感染がこれ以上広がらず、1日も早く峠を越えることを願うばかりです。

IMG_7559 (2).jpg



かつて、冬の京都といえば閑散としていましたが、今朝は久しぶりに人の多くないかつての京都の冬景色に出会えました。
渓谷では、朝日が射し込んでいました。

IMG_7529.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年2月18日
« 前の記事「咲いた梅も雪化粧「清水寺」」へ
»次の記事「梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」」 へ
京都特派員 新着記事
咲いた「桜にありがとう」
学び舎に咲いた「春めき桜」
京都の桜2020「開花予報」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け「京都府内」で中止や延期になったおもな催し
「東山花灯路2020」中止のお知らせ
梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」
これぞ!冬の京都「嵐山」
咲いた梅も雪化粧「清水寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
おサルを訪ねて「嵐山モンキーパーク」
2月27日は「新撰組の日」
2月なかばの「京都府立植物園」
嵐山で梅を見るなら「清凉寺」
東風吹かば匂いおこせよ梅の花「北野天満宮・節分祭」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集