海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年2月24日

梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」


梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」

見頃を迎えた梅の催しの紹介です。

ひとつ目は北野天満宮で行われる「梅花祭」です。

学問の神様、菅原道真公が祀られている北野天満宮では、道真公の命日である2月25日に毎年、梅花祭が行われています。
道真公は、梅の花をとても大切にしていたとされ、「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな」の和歌は有名ですね。
境内では野点の席が設けられますが、現在発生している新型コロナウイルスの状況を鑑み、2020年の野点大茶湯開催は、下記対策を講じた上で実施することとなっています。

《野点茶会参加者の皆様に対してのお願い》
〇梅花祭野点大茶湯 開催時間 2020年2月25日、午後10時~午後3時
〇参加者のマスク着用の義務。
〇発熱・咳などの体調不良の方は、茶会参加をご遠慮頂きます。
〇参加者には、文道会館玄関(茶会受付入口)にて、アルコール除菌を実施。
〇感染予防対策と致しまして、今回の茶会では、舞妓・芸妓によるお茶のお運びは行いません。
 (但し、座礼・立礼のお点前は例年通り行います)
〇今年の梅花祭の当日券の頒布は大幅に縮小し、参加者人数も制限されます。

舞妓さんと梅.jpg

ふたつ目は、城南宮・神苑の「しだれ梅と椿まつり」です。

神苑に咲く約150本の枝垂れ梅の景色は見事です。
この時期は椿のシーズンでもあり、ピンクや白の梅の花が咲く下には、赤い椿の花が散って、神苑ならではの幻想的な世界が広がります。

《城南宮・神苑・しだれ梅と椿まつり》
〇開催期間: 2020年2月18日~3月22日
〇拝観時間: 午前9時~午後4時30分(受付 午後4時終了)
〇拝観料: 大人600円、小・中学生400円

c9c97f2d349da91e6ab19a9de72ee9e6.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年2月24日
« 前の記事「これぞ!冬の京都「嵐山」」へ
»次の記事「「東山花灯路2020」中止のお知らせ」 へ
京都特派員 新着記事
咲いた「桜にありがとう」
学び舎に咲いた「春めき桜」
京都の桜2020「開花予報」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け「京都府内」で中止や延期になったおもな催し
「東山花灯路2020」中止のお知らせ
梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」
これぞ!冬の京都「嵐山」
咲いた梅も雪化粧「清水寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
おサルを訪ねて「嵐山モンキーパーク」
2月27日は「新撰組の日」
2月なかばの「京都府立植物園」
嵐山で梅を見るなら「清凉寺」
東風吹かば匂いおこせよ梅の花「北野天満宮・節分祭」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集