海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月22日

「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花


「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花

2020年6月21日の日曜日、紫陽花を訪ねて祇園白川を歩きました。
コロナ規制の、県をまたぐ移動は19日に解除されましたが、祇園白川の辺りを歩く人は、まだ少なめです。

IMG_9380.jpg


祇園白川にある辰巳大明神は、辰巳の方角を守る神社であったと考えられますが、今では祇園の芸舞妓さんからの信仰を集める、芸事上達にご利益のある小社となっています。

白川沿い朱塗りの玉垣。
白川沿いは桜の木が多く、春の日には桜のトンネルとなります。

IMG_9378.jpg

朱塗りの玉垣から少し進むと「かにかくに」の石碑があります。
歌碑には 祇園をこよなく愛した歌人・吉井勇の詩が刻まれています。
「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる」
歌碑は、昭和30年に吉井勇の古希を記念して建てられました。


img_1.jpgCCC.jpg


かつて......この石碑のある辺りには、「大友」というお茶屋がありました。


IMG_9370.jpg


お茶屋「大友」の女将「磯田多佳」は祇園甲部の芸妓さんでしたが、一方で夏目漱石や谷崎潤一郎、吉井勇、志賀直哉、高浜虚子、浅井忠、横山大観など多くの文学者や芸術家と交流した歌人であり、「文学芸妓」と呼ばれていました。


IMG_9384 (2).jpg


時代が戦争後期に入り、戦局が悪化して、お茶屋「大友」も撤去され、多佳さんは、終戦の年に亡くなられています。
多佳さんが好きだった花は紫陽花。
彼女は終生、雨の日と紫陽花を好まれていたそうです。
6月の今、白川沿いには、あちこちに紫陽花が咲いています。

IMG_9373.jpg

【祇園白川】
・住所: 京都市東山区新橋通周辺 。
・アクセス: 京阪「祇園四条駅」より徒歩3分/京阪「三条駅」より徒歩5分/阪急「河原町駅」より徒歩5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2020年6月22日
« 前の記事「1万株の紫陽花景色「善峯寺」」へ
»次の記事「紫陽花が見頃です。関西花の寺・第十五番の札所「岩船寺」」 へ
京都特派員 新着記事
紫陽花が見頃です。関西花の寺・第十五番の札所「岩船寺」
「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花
1万株の紫陽花景色「善峯寺」
ただただ見つめてしまう「霧中嵐山」
6月、光に映える青もみじ「真如堂」
外国人観光客のいない「金閣寺」
これぞ「京都!」八坂の塔から清水寺へ
圧倒される千本鳥居の世界「伏見稲荷大社」
1年前の同じ月に投稿された記事
インスタ映えポイント「太鼓橋と京都タワー」
伏見・紫陽花と「大人味かき氷」
水無月の花咲く神苑「梅宮大社」
毬の様に美しい「あじさいの花手水」
6月の御池通りは「紫陽花通り」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集