海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 青もみじ見るなら「東福寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月14日

青もみじ見るなら「東福寺」


青もみじ見るなら「東福寺」

IMG_9665.jpg
《東福寺の歴史》
京都を代表する紅葉の名所として有名な東福寺。
鎌倉初期に藤原道家によって創建され、東大寺と興福寺からそれぞれ一字ずつを取って称した東福寺。
わが国、最古最大の大伽藍が立ち並び、日本最古の大きな三門や
重森三玲が手がけた本坊庭園や通天橋の紅葉が名高いお寺です。


IMG_9666.jpg

《広い境内に広がる青もみじの世界》

東福寺と言えば紅葉シーズンは大型バスが列をなし、1日に数万人が訪れる紅葉の名所で、とても混雑するというイメージがありますが......
7月の今は、青もみじのなかに初夏の穏やかな時間が流れています。

IMG_9689.jpg

広い境内は6万坪。
この季節の東福寺は、どこを歩いても青もみじに包まれるように散策できます。

IMG_9701.jpg


《東福寺のもみじ》

東福寺はかつて桜の名所でしたが、東福寺の画僧・明兆(みんちょう)が桜見物で、遊興の地となることを危惧し、室町幕府第4代将軍・足利義持(あしかがよしもち)に伐採を願ったそうです。
なお現在も、東福寺に桜の木は1本もないそうです。


IMG_9694.jpg

当たり前の話ですが、紅葉の美しいところは、青もみじはさらに美しいといわれます。
通天橋からの景色を満喫したあとは境内を下に降り、小川が流れる洗玉澗から仰ぎ見る緑や、散策道に射す木漏れ陽に癒やされるのもおすすめです。
京都の紅葉処を代表する「東福寺」。
7月の今は、境内が緑一色となり圧巻の緑の世界です。

IMG_9708.jpg


《東福寺は建物にも注目》
通天橋エリアを出て、寺院の境内に進むと、わが国、最古最大の大伽藍が建ち並んでいます。
どの建物もとても大きいです。
東福寺は、もみじだけでなく、建物にも注目です。
なかでも本堂の奥にどっしりと構える三門は、
現存する禅宗寺院の三門としては日本最大にして最古といわれ、国宝です。
池では蓮の花が咲いています。

IMG_9653.jpg


【東福寺】

・住所: 〒605-0981  京都府京都市東山区本町十五丁目778
・拝観時間: 9:00~16:00(受付終了16:00)
・拝観料: 通天橋・開山堂 600円、東福寺本坊庭園 500円、東福寺本坊庭園・通天橋・開山堂(共通拝観券)1000円
・アクセス: 京阪本線「東福寺駅」から徒歩約10分/JR奈良線「東福寺駅」から徒歩約10分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2020年7月14日
« 前の記事「紫陽花が見頃です。関西花の寺・第十五番の札所「岩船寺」」へ
»次の記事「ウェブで参加!「京の七夕2020」」 へ
京都特派員 新着記事
秀吉も絶賛した「楓図」と利休好みの庭園「智積院」
ウェブで参加!「京の七夕2020」
青もみじ見るなら「東福寺」
紫陽花が見頃です。関西花の寺・第十五番の札所「岩船寺」
「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花
1万株の紫陽花景色「善峯寺」
ただただ見つめてしまう「霧中嵐山」
6月、光に映える青もみじ「真如堂」
1年前の同じ月に投稿された記事
暑い京都の夏には「中村軒」のかき氷
小路に響く祇園囃子「後祭・宵山」
「祈り」
熱気溢れる「祇園祭・神幸祭」
都大路に祇園囃子が響きます「前祭・山鉾巡行」
7月半ばの「永観堂」
何倍も「祇園祭」を楽しもう!
「2019・祇園祭」鉾立が始まりました
この夏も「京の夏の旅」が開催されます

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集