海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月 8日

2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」


2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」

《常寂光寺》

2020年11月8日の嵯峨・常寂光寺(じょうじゃっこうじ)です。
入口にはコロナ対策の感染防止の張り紙があります。
紅葉シーズンを迎えた京都は観光客が戻ってきました。

IMG_0461.jpg

参道に入りました。
嵐山・嵯峨野エリアは「京都の紅葉の名所」ですが、その中でも、ここ常寂光寺のモミジの美しさは、格別です。
嵯峨野エリアの見頃予想は、毎年11月中旬~下旬ですが、2020年も日一日と順調に色づいてきています。
常寂光寺が建つところは、『百人一首』で知られる小倉山の中腹にあります。
もとは藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝えられ、16世紀末に日禛(にっしん)がこの地に隠棲したことにはじまります。

IMG_0463.jpg

本圀寺から移築された山門の仁王門は南北朝時代のもので、風情あるたたずまいは定家の和歌の世界を思わせます。
参拝順路は、ここから仁王門から本堂そして多宝塔へと、上へ上へ登っていきます。

IMG_0471.jpg


仁王門をくぐると、急な石段が迎えてくれます。
石段の両側は緑美しい苔の世界が広がっています。
IMG_0472.jpg


楓に覆われた石段を上がると、伏見城の客殿を移築した本堂です。

IMG_0486 (2).jpg

常寂光寺は小倉山の中腹に建つ寺院ですので、陽の当らないところは青もみじが多いですが、陽が多く当たるところの木々は紅葉が進んでいます。

IMG_0521.jpg

「結びおきし秋の嵯峨野の庵より床は草葉の露になれつつ」 定家

「吹きはらふもみぢの上の霧はれて嶺たしかなる嵐山かな」  定家

IMG_0500.jpg

境内を巡って多宝塔のところまできました。
常寂光寺の多宝塔は、(重要文化財、江戸時代初期 元和6年 1620年建立、桧皮葺、高さ12.27m)です。
ここからは見晴らしがよくて、京都市内が見えます。

IMG_0515.jpg

多宝塔と萩。
銀杏も色づいてきました。

IMG_0527.jpg

《写真スポットがいっぱい!》

紅葉の常寂光寺では、多くの撮影スポットに出合えます。
それは、参道から山門、仁王門、本堂、竹林、多宝塔の景色。

IMG_0534 (2).jpg

そして、青もみじから色づいたもみじ、竹林に萩や銀杏。
苔に舞い落ちたもみじなどなど......。

また、高低差のある境内では、景色を見上げたり見下ろしたりしながら、深まり行く秋を感じられます。

IMG_0524 (3).jpg


【常寂光寺】

・住所: 京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3 
・電話: 075-861-0435
・拝観時間: 9:00~16:30
・拝観料: 500円

・アクセス: 
〇JR
 京都駅(JR嵯峨野山陰線)→(約15分) JR嵯峨嵐山駅下車、徒歩15分

〇阪急
 桂(阪急嵐山線)→(約7分)→ 阪急嵐山駅下車、徒歩30分

〇京福電鉄
 四条大宮(京福電気鉄道嵐山本線)→嵐山駅下車、徒歩20分

※常寂光寺近くになると案内板がたくさん出ていますので、 それに従って歩くと便利です。

〇車
無料駐車場が数台分ありますが、ここに着くまでの道幅がとても狭く立ち往生している車をよく見かけます。
これからの紅葉の時期には、車でのアクセスはおすすめできません。


IMG_0528.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年11月 8日
« 前の記事「京都で一番早く紅葉する「高雄・神護寺」」へ
»次の記事「無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り「嵐山・嵯峨」エリア」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り
圧倒される紅葉夜景! 「東寺ライトアップ」
もみじ色に染まり始めた「今熊野観音寺」
秋を訪ねて「洛北・一条寺」辺りへ
夜空に浮かぶ平安京の遺構「東寺・五重塔」
「モシュ印 」と「コケ寺リウム」祇王寺にて
「京都アニメーション」と「京阪電鉄」のコラボの地を巡る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集