海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵐山花灯路2020「この冬はいつもと違う路をあるく...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年12月15日

嵐山花灯路2020「この冬はいつもと違う路をあるく」


嵐山花灯路2020「この冬はいつもと違う路をあるく」

初冬の風物詩「嵐山花灯路」が2020年12月11日(金)~20日(日) まで開催されています。
写真は嵐電嵐山駅。
駅前にはきれいな生け花が飾られています。
嵐山花灯路は、2005年から始まり今年で15年目になります。
師走の嵐山を彩る「灯り」と「花」の雅なイベントでもあります。
主要な散策路には、和の情緒あふれる露地行灯と「いけばな」作品が設置されていて、無数のLED灯篭が優しく足元を照らしています。

IMG_1183.jpg


続いて渡月橋風景。(写真は12月14日撮影)
幻想的な薄紫の光に、山々と渡月橋(155m)が浮かび上がっています。


IMG_1166 (2).jpg


《嵐山花灯路ウェブサイトの言葉「この冬はいつもと違う路をあるく」》
初冬の風物詩でもある「嵐山花灯路」ですが、今年は例年とは少し違う「嵐山花灯路」となっています。


《注意喚起を呼びかける嵐山花灯路ウェブサイトの言葉は》
「嵐山花灯路では、マスク着用、アルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保などの新型コロナウイルス感染症対策を実施しますので、ご来場の皆様におかれましても、感染症対策へのご協力をお願いします。
なお、体調不良の方はご来場をお控えいただきますようお願いします。
また、外出自粛や飲食店等の営業時間短縮等の要請が発令されているなど、感染拡大が懸念される地域(※)にお住まいの方は、各都道府県のホームページ等で事前に最新情報をご確認のうえ、ご来場をご検討ください。」
 (嵐山花灯路ウェブサイトから)      

また例年人気のある竹林の小径のライトアップですが、今年は行われていません。
↓に「嵐山花灯路2020」ウェブサイトとマップがありますから参考にしてくださいね。
https://hanatouro.kyoto.travel/arashiyama/index.html

IMG_1174 (2).jpg


ライトアップでは、嵐山と大堰川が薄紫色に浮かび上がっています。
嵐山花灯路は12月20日(日)まで行われています。
灯りの点灯時間は(17:00~20:30)の3時間30分です。
お越しになる方は感染対策をとりながら、点灯時間を有効に使い散策してください。
(手袋・ホカホカカイロ、折り畳み傘・持参がおすすめです。)


IMG_1175 (2).jpg

ぺージラストは阪急嵐山駅です。

IMG_1162 (3).jpg

【嵐山花灯路2020】
・期間: 2020年12月11日(金)~20日(日)※雨天決行
・点灯時間: 17:00~20:30
・場所: 渡月橋ほか嵐山地域にて
※本年度は、竹林の小径のライトアップは実施されていません

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年12月15日
« 前の記事「すばらしい文化財に出会える「金戒光明寺・ライトアップ」」へ
»次の記事「ブルル!寒い!「朝の嵐山は少し雪化粧」」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都駅ビル光のファンタジー2019「クリスマスツリー」
京都、光り輝く街路樹「ロームイルミネーション2019 」
12月の京都を彩る「嵐山花灯路2019」
光の回廊「神戸ルミナリエ2019」
紅葉と竹と苔の世界「地蔵院」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集