海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 梅の香り流れる「清凉寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月 7日

梅の香り流れる「清凉寺」


梅の香り流れる「清凉寺」

2021年2月7日(日)。嵐山からまっすぐに進んだところにある寺院、清凉寺に行ってきました。
清凉寺が建てられたのは寛和3(987)年です。
大きな仁王門は1776(安永6)年の再建。
門の左右には仁王像(金剛力士像)が置かれています。

IMG_1328.jpg

仁王門の左手には5つの道標が建っています。
右側から、小楠公御首塚の寺、三宅安兵衛遺志の源融公栖霞観地、小倉山・二尊院西二町、嵯峨帝陵東北十六町、御室・北野方面が並んでいます。

IMG_1332.jpg

これらの石碑を見ながら仁王門を通り境内へと進みます。
清凉寺は、知る人ぞ知る梅の名所。
境内は、とても広くて多宝塔前や湯豆腐処「竹仙」。そして阿弥陀堂付近などの3ヵ所に梅が咲いています。


IMG_1360.jpg

《境内の3ヵ所に咲く梅》

まずは、多宝塔前の梅。
そこそこ咲いてきています。

IMG_1335.jpg

花からは梅のいい香り......。

IMG_1341.jpg

こちらは、本堂手前にある湯豆腐処「竹仙」の梅。

IMG_1347.jpg

そして、境内を進んだ阿弥陀堂前に咲く、紅梅と白梅。

IMG_1352.jpg

季節はコロナ禍のなか、節分から立春が過ぎて、ゆっくりと春に向かっています。

ぺージラストは境内にある掲示板に、ありがたい言葉をいただきました。

IMG_1362 (2).jpg

【清凉寺】
・住所: 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
・拝観時間: 9:00~16:00
・拝観料・境内自由: 本堂の拝観料 400円 釈迦如来立像の拝観料 1000円、霊宝館の入館料 400円。
・アクセス: (電車) JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩約15分。京福電鉄嵐山駅より約15分/(徒歩)渡月橋から徒歩約15分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年2月 7日
« 前の記事「謹賀新年「雪の銀閣寺」」へ
»次の記事「「北風」が「東風」に変わる時はもうすぐ「北野天満宮」」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
梅を見るなら「梅花祭」と「しだれ梅と椿まつり」
これぞ!冬の京都「嵐山」
咲いた梅も雪化粧「清水寺」
うっすら雪景色の「東山」を歩く
1500本もの梅が咲きはじめた「北野天満宮」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集