海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 五月の風の中、カキツバタが見頃「太田神社」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年5月 2日

五月の風の中、カキツバタが見頃「太田神社」


五月の風の中、カキツバタが見頃「太田神社」

上賀茂神社の境外摂社にあたる太田神社では、杜若(カキツバタ)が見頃を迎えています。
境内では青もみじとツツジもきれいです。

IMG_2431 (2).jpg

上賀茂神社と言えば例年5月15日に行われる「葵祭」ですが、昨年に続いて今年2021年もコロナで中止となっています。

来年の葵祭を楽しみに待ちたいと思います。


IMG_2432 (2).jpg


「大田ノ沢」に咲くカキツバタは、例年4月末から5月初めが見頃です。
小雨の中、美しい花を咲かせています(5月2日撮影)。

IMG_2415 (2).jpg


大田ノ沢では、約2万5000株が自生しています。

ここのカキツバタは、古代から咲き続けた花であり、古代京都の湖であった頃の面影を残すところのひとつとして、昭和14年に国の天然記念物に指定されています。

昨年は新型コロナウイルスの影響で池のほとりへの入口を閉鎖したため、開園は2年ぶりです。

IMG_2420 (3).jpg



《平安時代から愛でられてきたカキツバタ》

見頃を迎えたカキツバタ。
平安時代の歌人・藤原俊成は、和歌に詠まれています。
「神山や大田の沢のかきつばた  深き頼みぞ色にみゆらむ」

カキツバタは、ひと株で3回花を咲かせ、花の形はあやめに似て色は薄紫色。
五月の風に花が揺れています。

IMG_2393.jpg

【太田神社】
・住所: 〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山340
・拝観料: カキツバタの時期 育成協力金300円
・拝観時間: 日の出~日没
・アクセス: 京都駅から京都市営バス4号系統「上賀茂神社前」下車/四条河原町から京都市営バス46号系統「上賀茂神社前」下車

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年5月 2日
« 前の記事「「緊急事態措置」にともない京都市所管の各施設は5月11日まで、休館および利用停止です。」へ
»次の記事「969年の時を越え、今に伝える「平等院鳳凰堂」」 へ
京都特派員 新着記事
969年の時を越え、今に伝える「平等院鳳凰堂」
五月の風の中、カキツバタが見頃「太田神社」
「緊急事態措置」にともない京都市所管の各施設は5月11日まで、休館および利用停止です。
真紅の回廊・キリシマツツジが満開!「長岡天満宮」
晩春を彩る3000株の山吹が見頃「松尾大社」
京北に咲く「黒田の百年桜」を訪ねて
京都でトップクラスのSNS映えポイント「桜の仁和寺」
桜の日の「嵐山」
1年前の同じ月に投稿された記事
これぞ「京都!」八坂の塔から清水寺へ
圧倒される千本鳥居の世界「伏見稲荷大社」
新緑が美しい「祇園白川」
筍も伸びていた「竹林の小路」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集