海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 花の寺・十五番札所「紫陽花咲く岩船寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月21日

花の寺・十五番札所「紫陽花咲く岩船寺」


花の寺・十五番札所「紫陽花咲く岩船寺」

《三重塔が美しい岩船寺》
木津川市加茂町の岩船寺では、紫陽花が見頃を迎えています。
岩船寺のある当尾地区は、京都府の南端で奈良県と境を接する位置にあり、石仏を訪ねるハイキングコースとしても人気があります。

IMG_2959 (2).jpg


寺院へは京都市内から車で1時間半ほどの距離。
車以外でしたら、JR奈良駅や近鉄奈良駅やJR加茂駅からバスでのアクセスがあります。

IMG_2952.jpg


《ここは紫陽花の名所》
境内に入ると紫陽花が迎えてくれました。
境内では、30種類約5000株の紫陽花が咲いています。


IMG_2955.jpg

すいれん鉢にアジサイを浮かべた「花手水(ちょうず)」も美しいです。

IMG_2941.jpg


《岩船寺の歴史》
岩船寺の歴史は奈良時代にまでさかのぼり、最盛期には広大な境内に39の坊舎があったそうです。
朱色が鮮やかな三重塔は、室町時代に建てられたもので、東山に建つ八坂の塔(1440年)とほぼ同時期に建てられています。
2003年に大修復が完了し、創建当時の美しい色が映えています。

IMG_2916 (2).jpg

《関西花の寺・第十五番札所》

岩船寺は関西花の寺・第十五番札所です。
境内では四季折々さまざまな花が咲きます。
春は......椿・梅・さんしゅゆ(3月下旬)・みつまた・桜・つつじ(4月中旬)
    しゃくなげ・都わすれ(4月~7月)
夏は......黄しょうぶ・あじさい(6月上旬~7月中旬)
    睡蓮(6月中旬~8月上旬)、さるすべり(8月)
秋は......秋明菊・ほととぎす・紅葉(11月中旬~下旬)
冬は......さざんか・ろうばい(1月~2月)


IMG_2935 (2).jpg

境内の順路は、山の小路を登りながら散策して行きます。
京都や奈良には、いくつもの五重塔や三重塔がありますが、こうして塔と同じ高さから見られる場所は、なかなかありません。
山の中腹からは、三重塔の二層目や三層目が目線と同じ高さで見られますよ。

IMG_2921 (2).jpg

【岩船寺】
・住所: 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
・拝観時間: 8:30~17:00
・拝観料: 大人500円 中高生400円 小学生200円
・アクセス: JR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行バス終点下車。コミュニティバス乗り換え「岩船寺」下車すぐ。
・駐車場: 300円

IMG_2919 (2).jpg

《秘仏特別公開日》
1月1日~1月15日、4月1日~5月31日、10月1日~11月30日
秘仏・如意輪観音菩薩  秘仏・弁財天  秘仏・羅刹天
・秘宝特別公開日
 10月1日~11月30日 岩船寺縁起、両界曼荼羅などが公開されます。
・三重塔初層特別公開日
 10月・11月の毎週土日祝 ※雨天・荒天時は塔開扉中止の場合あり

IMG_2957.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年6月21日
« 前の記事「霧が舞い降りて来た水無月の「嵐山」」へ
»次の記事「青もみじと紫陽花咲く「真如堂」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花
1万株の紫陽花景色「善峯寺」
ただただ見つめてしまう「霧中嵐山」
6月、光に映える青もみじ「真如堂」
外国人観光客のいない「金閣寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集