海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 青もみじと紫陽花咲く「真如堂」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月22日

青もみじと紫陽花咲く「真如堂」


青もみじと紫陽花咲く「真如堂」

この時期の真如堂(左京区浄土寺真如町)では、青もみじと紫陽花がきれいです。

IMG_2990.jpg


真如堂は、左京区浄土寺真如町にある、比叡山延暦寺を本山とする天台宗の寺院で、寺名は真正極楽寺。
青もみじに包まれた赤門(総門)を抜けて参道を進みます。


IMG_2984.jpg

《なぜ緑色なのに青》

青もみじと言いますが、なぜに緑色なのに青と表現するのでしょうか。
かつて、古代の日本には、白、黒、赤、青の4色しか存在しておらず、現代のように中間色の表現はなかったそうです。
方位と4つの神を表す四神相応の色も、玄武が黒、朱雀が赤、青龍が青、白虎が白の4色で表わしています。
古代日本の色は、明暗から始まり夜明けが赤。日が暮れると黒。なにもない白。
そして、赤黒白以外の中間色が青と言われています。
青は広い範囲で使われ、これが現代にも残り緑も青という表現になっているそうです。
青には新しいとか若いという意味が含まれ緑なのに青と書く日本語がたくさんあります。
青果、青汁、青菜、青りんご、青物、青葉、青信号、など......。

IMG_2987.jpg

《真如堂の四季》


真如堂の四季は、冬は雪景色。
春は桜......そして、そのあとの新緑。
夏は深い緑。晩秋は紅葉......と四季ごとの美しい景色があります。
6月のいまは、紫陽花が見頃を迎えています。

IMG_2992 (2).jpg

紫陽花が咲いているのは、本堂裏。
本堂横を進んで裏へと回ります。
本堂裏は、瑞々しい緑の世界。

IMG_3025.jpg


紫陽花は萬霊堂と宝蔵の周りにたくさん咲いています。

IMG_3020 (2).jpg

宝蔵に枝垂れる青もみじもきれいです。
以上、青もみじと紫陽花咲く真如堂でした。

 
IMG_3006.jpg
【真如堂】
・住所: 京都市左京区浄土寺真如町82
・拝観時間: 9:00~16:00
・アクセス: 市バス「真如堂前」・「錦林車庫前」下車徒歩約8分

IMG_2994.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年6月22日
« 前の記事「花の寺・十五番札所「紫陽花咲く岩船寺」」へ
»次の記事「7月の緑に映える三重塔「浄瑠璃寺」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
「祇園白川」文学芸妓が愛した紫陽花
1万株の紫陽花景色「善峯寺」
ただただ見つめてしまう「霧中嵐山」
6月、光に映える青もみじ「真如堂」
外国人観光客のいない「金閣寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集