海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 初秋を感じる萩の花「常林寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月 6日

初秋を感じる萩の花「常林寺」


初秋を感じる萩の花「常林寺」

萩の花を訪ねて常林寺に行きました。     
常林寺は、叡電「出町柳駅」と京阪電車「出町柳駅」からも近く、寺院の前には鴨川が流れ、京都らしい風景が広がっています。
門前には「萩の寺・常林寺」の看板がかかっています。

IMG_3168.jpg

常林寺が建つこのエリアは、もともと京都を南北に流れる鴨川の河原だったため、水はけがよく萩の成育に適していたそうです。
また、幕末の頃の常林寺は、勝海舟が京都の宿舎として利用したことでも知られています。

境内に入ると、一面の萩。

可憐で趣のある萩の花は、万葉集や古今和歌集にも数多く登場する花です。

IMG_3151 (2).jpg


常林寺の萩の花は、高さが背丈程あり、枝垂れ柳のように流れる萩に見入ってしまいます。

コロナ禍のなか、この夏は豪雨や猛暑がありましたが萩は初秋の訪れを教えてくれています。

IMG_3157.jpg

萩の見頃は、9月中旬から9月下旬まで(写真は9月5日撮影)。
萩の花はこれからもっと咲いて来るという感じです。


IMG_3161.jpg

【萩の寺・常林寺】

・住所: 京都市左京区田中下柳町33
・アクセス:(電車)京阪電車・叡山電鉄「出町柳」で下車、川端通沿いに南へ徒歩約2分/(市バス)市バス「出町柳駅前」バス停から徒歩約1分
・拝観時間: 9:00~16:00、境内無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年9月 6日
« 前の記事「4回目の緊急事態宣言下の「東山風景」」へ
»次の記事「お彼岸を教えてくれる「彼岸花」」 へ
京都特派員 新着記事
梅田~河原町間を走る観光特急「京とれいん雅洛」
青空広がる「東本願寺」
秋が静かに進む、亀岡市曾我部町「ひがん花の里」
お彼岸を教えてくれる「彼岸花」
初秋を感じる萩の花「常林寺」
4回目の緊急事態宣言下の「東山風景」
抹茶かき氷ならここ‼「丸久小山園・西洞院店」
暑い日には「虎屋菓寮」一番人気のかき氷
1年前の同じ月に投稿された記事
北嵯峨では「彼岸花」が見頃です

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集