海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 青空広がる「東本願寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月15日

青空広がる「東本願寺」


青空広がる「東本願寺」

〈大きな蓮華の噴水〉

京都駅から歩いて、すぐ近くにあるのが東本願寺。
IMG_3282.jpg

御影堂門が見える、烏丸通りには大きな蓮の噴水があります。
大きな御影堂門の高さは約28m。

IMG_3280 (2).jpg

噴水は、大正初めに疏水から本願寺水道が引かれたときに造られたのですが、第2次大戦で損壊したため、戦後に復元されています。
設計は武田五一、蓮華のデザインは、明治から昭和期の日本画家・竹内栖鳳。

IMG_3278.jpg

今の京都の気温は、日中は少し残暑が残っていますが、朝夕はずいぶんと過ごしやすくなってきました。


IMG_3281 (2).jpg


東本願寺の塀沿いの道には、ありがたい言葉が並んでいます。

IMG_3285 (2).jpg


こちらの言葉は......

IMG_3284 (2).jpg

ここにも......

IMG_3288.jpg
言葉を見ながら境内へと入って行きます。


IMG_3287.jpg

〈木造建築物では世界最大級〉

東本願寺は、真宗大谷派の本山で、本尊は阿弥陀如来。
慶長7(1602)年に本願寺の12代、教如上人が、徳川家康から寺地の寄進を受け創建したのが始まりです。
焼失と再建を繰り返し、現在の建物は明治28年に再建されたもの。
親鸞聖人の御真影を安置する御影堂は、間口76m・奥行き58m。
御影堂は、外観が二重屋根であるため二層建築に見えますが、下部は裳階であり単層建築です。
木造建築物では世界最大級の大きさです。
IMG_3270.jpg

10月半ばの、青空広がる東本願寺でした。

《東本願寺》
・住所: 京都市下京区烏丸通七条上ル
・拝観時間: 5:50~17:30(11~2月は6:20~16:30)
・境内: 無料
・アクセス: JR「京都駅」下車徒歩約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2021年10月15日
« 前の記事「秋が静かに進む、亀岡市曾我部町「ひがん花の里」」へ
»次の記事「梅田~河原町間を走る観光特急「京とれいん雅洛」」 へ
京都特派員 新着記事
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
これぞ「真如堂」の紅葉‼
二年坂から三年坂、そして全山紅葉の「清水寺」へ
嵯峨野・祇王寺「 祇王が見た秋景色」
色鮮やかな鷹ヶ峯の紅葉「光悦寺」
京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」
京都に来たら「紅葉の金閣寺へ‼」
ゆっくりと色づき始めた「嵯峨鳥居本」のもみじ
1年前の同じ月に投稿された記事
京都で一番早く紅葉する「高雄・神護寺」
静かに禅の世界広がる「龍安寺・石庭」
紅白の萩の花が見頃「常林寺」
中秋の名月と「東寺・五重塔」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集