海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > すごい‼これが「鳴門のうず潮」だ‼

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月25日

すごい‼これが「鳴門のうず潮」だ‼


すごい‼これが「鳴門のうず潮」だ‼

京都から車を走らせ淡路島へ......
淡路島の福良港から、うずしおクルーズに行ってきました。
福良港から、うずしおクルーズ出ている船は「威臨丸」と「日本丸」があり交互に出ています。
※うずしおクルーズ
  福良港(道の駅福良)から出航。船は、咸臨丸と日本丸の2種類。
  どちらも大人2000円で、定員500名。乗船時間は1時間。
IMG_3364 (2).jpg

この日、乗ったのは日本丸。

IMG_3367 (2).jpg


いよいよ出航です。
約1時間の船旅の始りです。
青空に白いマストが映えます。


IMG_3370.jpg

有名な鳴門のうず潮ですが、いつも大きな渦潮が見られるわけではなくて、おすすめの季節は、春と秋が見頃だそうです。

IMG_3373.jpg

特に満潮時と干潮時、なかでも大潮のときがおすすめとのこと。

IMG_3377.jpg


港を出て、釣島鼻灯台を過ぎると大鳴門橋が見えてきました。
船から見上げる大鳴門橋は大きいです。
橋の右は淡路島。橋の左は四国です。

IMG_3384 (2).jpg

近づくにつれ大鳴門橋の下には、たくさんの白波が見えてきました。


IMG_3386.jpg


それは、まるで川の合流のようにも見えます。
この海域を見渡すと、手前と奥で海の段差ができているのがわかるでしょうか。

IMG_3418 (2).jpg

この日、訪れたときは北側の潮位が高く、南側の潮位が低いときで、北から南へと潮が流れる「南流」のときでした。
潮の流れは、約6時間後には、逆に鳴門海峡北側が干潮になって南側が満潮となり、南から北へと流れる「北流」へと変わるそうです。
このような干満差を1日に4回、繰り返しているようです。

IMG_3403.jpg



《鳴門のうず潮は世界三大潮流のひとつで、世界一の渦潮》

世界三大潮流とは......
イタリア半島とシシリー島間の「メッシーナ海峡」。
北アメリカ西岸とバンクーバー島東岸との間「セイモア海峡」。
そして、ここ鳴門海峡が「世界三大潮流」と呼ばれています。


IMG_3436.jpg


渦潮は、同じところでグルグル回っているわけではなくて、この海域のいたるところで、数秒から数十秒くらいで消えたかと思うと、また別のところで発生しグルグルと回ります。
鳴門海峡は幅がせまく、潮の流れがとても速い海域です。
そこに太平洋側の引き潮と、瀬戸内海からとどいた満ち潮が合わさり、急流となり海底の地形も関係して、大きな渦ができるそうです。

IMG_3444 (2).jpg

《鳴門のうず潮を見るには、橋の上からと船があります》

「鳴門のうず潮」を見るには、ふたつの方法があります。
大鳴門橋の橋桁下部に設置された「渦の道」を歩き、上から見下ろす方法と、船に乗りうず渦の近くまで行って見る方法があります。
↓橋の上から渦潮を見る人の姿が見えます。

IMG_3420.jpg

橋の上から渦潮を見る方法ですが、大鳴門橋の橋桁下部に設置された「渦の道」に行き、そこから徒歩になります。
「渦の道」は、総延長約450mの遊歩道と展望台があわさった施設です。
「渦の道」通行代金は、大人510円、中高生410円、小学生250円。

IMG_3452 (2).jpg


この日は秋晴れの1日で、すばらしい「うずしおクルーズ」の日でした。
勇壮な渦潮を見た後、船はゆっくりと福良港に帰って行きました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年10月25日
« 前の記事「梅田~河原町間を走る観光特急「京とれいん雅洛」」へ
»次の記事「ゆっくりと色づき始めた「嵯峨鳥居本」のもみじ」 へ
京都特派員 新着記事
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
これぞ「真如堂」の紅葉‼
二年坂から三年坂、そして全山紅葉の「清水寺」へ
嵯峨野・祇王寺「 祇王が見た秋景色」
色鮮やかな鷹ヶ峯の紅葉「光悦寺」
京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」
京都に来たら「紅葉の金閣寺へ‼」
ゆっくりと色づき始めた「嵯峨鳥居本」のもみじ
1年前の同じ月に投稿された記事
京都で一番早く紅葉する「高雄・神護寺」
静かに禅の世界広がる「龍安寺・石庭」
紅白の萩の花が見頃「常林寺」
中秋の名月と「東寺・五重塔」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集