海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 色鮮やかな鷹ヶ峯の紅葉「光悦寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月17日

色鮮やかな鷹ヶ峯の紅葉「光悦寺」


色鮮やかな鷹ヶ峯の紅葉「光悦寺」

北区の鷹ヶ峰は、市内でも高いところにあり朝晩は冷え込むエリアです。
光悦寺へと入りました。(写真は2021年11月16日撮影)
もみじのトンネルも、きれいに色づいてきています。

IMG_3770 (4).jpg


参道から見上げると、色づいたもみじに見入ってしまいます。


IMG_3755 (2).jpg

《光悦寺の歴史》

光悦寺の歴史は、江戸時代に本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)が、徳川家康より鷹峯の地を寄進され、光悦が亡くなったあとに日蓮宗の寺院となっています。
本阿弥光悦は、書家、陶芸家、漆芸、茶の湯などに名を残す江戸時代のすばらしい芸術家でした。
今の時代でいうとデザイナー。総合プロデューサーに例えられるでしょうか。

IMG_3710 (2).jpg

《琳派》
光悦は、鷹峯のこの地に芸術村(光悦村)を築いたことでも知られています。
俵屋宗達、尾形光琳とともに、日本が世界に誇るデザイン様式「琳派」の
創始者として、芸術文化に大きな功績を残されています。

IMG_3765.jpg


光悦寺には大正時代に建てられた茶室が(大虚庵や三巴亭など)7つあります。

IMG_3746 (2).jpg

順路に従い、茶室や景色を眺めながら進んで行きます。

IMG_3752 (2).jpg

《光悦垣》

光悦寺の垣根は、特徴的な光悦垣です。
光悦垣は、牛の背のようなラインが特徴的。

IMG_3749 (2).jpg
垣根の組み方は 菱型組み。

IMG_3747 (2).jpg

茶室前の真っ赤なドウダンツツジがきれいです。
この色は、五月に咲くキリシマツツジのような鮮やかな赤色です。

IMG_3723 (3).jpg

近くに見える山は、鷹峰三山(鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰)。
この鷹峰三山は、花札の絵柄のぼうず山のモデルとも言われます。

IMG_3730 (2).jpg

紅葉が進む光悦寺でした。

IMG_3763 (2).jpg

【光悦寺】

・住所: 〒603-8466 京都市北区鷹峯光悦町29
・参拝料: 500円
・拝観時間: 8:00~17:00
・アクセス: 二条駅から京都市営バス6号系統「鷹峯源光庵前」下車
・駐車場: 紅葉期間のみ500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年11月17日
« 前の記事「京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」」へ
»次の記事「嵯峨野・祇王寺「 祇王が見た秋景色」」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
すばらしい文化財に出会える「金戒光明寺・ライトアップ」
マスク姿で見る紅葉真っただ中の「嵐山」
無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り「嵐山・嵯峨」エリア
2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集