海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 二年坂から三年坂、そして全山紅葉の「清水寺」へ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月26日

二年坂から三年坂、そして全山紅葉の「清水寺」へ


二年坂から三年坂、そして全山紅葉の「清水寺」へ

2021年11月23日の東山風景。
写真は、高台寺から見える八坂の塔と後方の京都タワー。
この日、二年坂から三年坂を経て清水寺へと向かいました。

IMG_4074 (3).jpg

《二年坂(二寧坂)から三年坂(産寧坂)へ》

この日の東山界隈はすごい混雑でした。
インバウンドは(Inbound)外国人が訪れる旅行のことを指しますが、今の京都の観光地には、外国の方はほとんどおらず、国内旅行の方々がたくさん来られています。

石段の坂道も大混雑でした。
二年坂(二寧坂)三年坂(産寧坂)は、古くから清水寺の参道の一部として栄えてきました。
坂道の両側には、京都らしい和風の建物が並び、その多くがみやげ物屋さんです。

IMG_4006.jpg



《二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)の由来》

二年坂から三年坂へと進んできました。
戦国時代の武将・豊臣秀吉の妻、「ねね」の菩提寺(お墓があるお寺)は高台寺ですが、当時近くに住居を構えていた「ねね」は、無事に元気な子供が生まれることを願って、この坂を上がり清水寺にお参りしていました。そのことから、安産を願う文字を当てはめて「産寧坂(さんねんざか)」と呼ばれるようになり、その下の坂を「二年坂(二寧坂)」と呼ぶようになったと伝えられています。


IMG_4011.jpg


三年坂の中ほどには、明保野亭が見えます。
ここは、竜馬御膳が人気です。
明保野亭は、幕末の時代、志士達の会合の場でもあったそうです。
坂本竜馬ゆかりの所としても有名で、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』にも登場しています。

IMG_4012.jpg

《見頃を迎えた清水寺の紅葉》

混雑の流れのままに、三年坂から清水寺へと入りました。
清水寺は、東山・音羽山の中腹に広がる13万平方メートルの境内に、国宝、重要文化財を含む15の伽藍が建ち並んでいます。
大混雑していた人の流れでしたが、広い清水寺の境内に入るとそれほど気にならなくなりました。
清水寺の始まりは宝亀9(778)年。奈良時代の末で、山号は音羽山。
宗派は北法相宗です。
IMG_4049 (2).jpg

現在の建物のほとんどは江戸初期の再建であり、平成6(1994)年には
ユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録されています。
清水寺の朝は早くて、朝6時からお参りができますよ。

清水寺は、平安京が生まれる以前からの長い歴史をもつ寺院。
寺院北に広がるのは紅葉谷。清水の舞台からは全山紅葉景色が広がっています。

IMG_4043.jpg

清水寺の境内は広くて一周回るのに約1時間くらいかかります。
遠くに見える塔は子安の塔。

IMG_4039 (3).jpg


見頃を迎えた清水寺の紅葉。
11月の今は、11月30日までライトアップ&夜間特別拝観も行われています。

IMG_4057.jpg

【清水寺】
・住所: 〒605-0862 京都府京都市東山区清水1丁目294
・参拝料: 大人・大学生・高校生 400円、小学生・中学生 200円
・参拝時間: 6:00~18:00


●ライトアップ&夜間特別拝観
・期間: 11月18日(木)~11月30日(火)  
・参拝時間: 17:30~21:00(受付終了)
・参拝料: 大人・大学生・高校生 400円、小学生・中学生 200円         
・アクセス: 京阪電車祇園四条駅・徒歩約20分/阪急電車河原町駅下車・徒歩約20分/市バス清水道・五条坂から徒歩約10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年11月26日
« 前の記事「嵯峨野・祇王寺「 祇王が見た秋景色」」へ
»次の記事「これぞ「真如堂」の紅葉‼」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
すばらしい文化財に出会える「金戒光明寺・ライトアップ」
マスク姿で見る紅葉真っただ中の「嵐山」
無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り「嵐山・嵯峨」エリア
2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集