海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ラスベガス特派員ブログ

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ベラージオのハローキティ

2020年6月4日、ベラージオホテルが2ヵ月半ぶりに営業を再開しました。ラスベガスのあるネバダ州では、経済活動再開へのプランが5月29日から第二段階に進んでいます。これにより、飲食業をはじめとした一部のビジネスが制限つきで再開となり、ストリップエリアのカジノホテルも少しずつオープンし始めているところです。

その皮切りとなったホテルのひとつ、ベラージオホテルでは、オープンと同時におなじみのボタニカルガーデン(室内庭園)で夏の展示がスタートしています。「ぜひ見に来てください!」と言いたいところですが、日本からこちらへお越しいただくのはまだ難しいので、せめて写真で楽しんでいただければと思い、ご紹介します。
(記事の最後で、ラスベガスでのマスク着用についてもお知らせしています)


ベラージオのボタニカルガーデンはラスベガスでしかできない体験

ラスベガスに数ある無料アトラクションのなかでも、絶対に見逃してほしくないのが、ベラージオホテルにあるコンサバトリー&ボタニカルガーデン(室内庭園)。天井まで高さ15mほどの広々とした空間に、花や草木で作られた動物やオブジェ、トピアリーが展示されている温室のような場所です。

0013.jpg

このすてきなガーデンを作りだすのは、120名からなるベラージオホテルの園芸チーム。季節ごとに展示が変わるのが特徴で、年明けのチャイニーズニューイヤーに始まり、春、夏、秋、そして冬のホリデーシーズンと1年に5回、趣向をこらしたガーデンが楽しめます。




大阪城ふたたび~関西の魅力を伝える特別展

現在のガーデンのテーマは「Japan Journey: Magical Kansai」(日本の旅:マジカル関西)。有名な建物や自然景観を再現したディスプレイで、関西地方の魅力を伝えようというものです。大阪城を中心に、難波八阪神社の獅子殿、那智山青岸渡寺(せいがんとじ)の三重塔、熊野那智大社の那智の滝などが揃いました。

ベラージオ 室内庭園の大阪城

ガーデンの中心に威風堂々とそびえたつ大阪城。このレプリカは高さ約9mで、夜間はライトアップされてまた違った美しさを見せてくれますよ。

ラスベガス,ベラージオ, 大阪城,Bellagio, Las Vegas

色とりどりの花々に囲まれた大阪城はベラージオならでは

この大阪城、昨年春のディスプレイの目玉として初登場しており、今回は2回目のお目見えです。なぜ大阪城かというと、ベラージオホテルを運営するMGMリゾーツ社が、大阪府・大阪市のIR(カジノを含む統合型リゾート)事業への参入を目指している背景があります。ベラージオならではのボタニカルガーデンを通して、大阪をはじめとした関西エリアの魅力をたっぷりお見せしたいというところでしょうか。

015.jpg
お城のとなりには、桜の花の間を泳ぐ鯉のぼり。鯉のぼりをこんなふうに飾るのもいいなぁ



大阪城に向かって右側のガーデンには、那智の滝を背にした那智山青岸渡寺の三重塔の絶景が。
003.jpg

三重塔のてっぺんに結ばれている大きなリボン。これは西陣織の布を表しているのだそう。植物の種やスパイス、プリザーブドフラワーの花びらなどを使って、繊細で鮮やかな布地が表現されています。


016.jpg
鉄骨造りの三重塔は高さ約8m。那智の滝は手描きで、完成まで40時間かかったそうです。


004.jpg
三重塔を引き立てているカラフルな花は、バラの生花で造られたもの。


さて、三重塔の向かい側に目をやると、何やら獅子舞の獅子のような顔が。大阪・難波にある難波八阪神社のシンボル「獅子殿」です。
005.jpg


本家の獅子殿は、神殿と獅子舞などが奉納される舞台なのだそうですが、この獅子殿は大きく開けられた獅子の口の中を通って、大阪城へ向かう通路になっています。

014.jpg
インパクトたっぷりの獅子の顔




着物姿のキティちゃんは何で作られてる?

もうひとつ見逃せないのが、アメリカでも人気のハローキティ。今年創業60周年を迎えたサンリオとのコラボで、巨大キティちゃん初登場となりました。

008.jpg

着物を着たキティちゃんの身長は約4.2m、3万本のバラの生花で造られています。バラのキティちゃんってめちゃくちゃかわいいんですけど。

017.jpg
大きな蝶々の凧をあげてるキティちゃん

012.jpg
着物の帯にはベラージオのロゴマークが。バラの花で作られてるのがわかりますか


キティちゃんが遊ぶガーデンでは、奈良公園の鹿の親子と大きな蝶々のトピアリーも目を引きます。
018.jpg

鹿の体の表面を覆っているのは、米・大麦・フラックスシードやキヌアなどの穀物なのだとか。そして色鮮やかな蝶々の羽には、2000本のカーネーションが使われているのだそうです。




ソーシャルディスタンスを守ってゆったり楽しむのが今のスタイル

ボタニカルガーデンは、これまで2ヵ所の出入口から自由に出入りできましたが、現在は2ヵ所をそれぞれ入口専用、出口専用として人の流れをコントロールしています。入場人数の制限もあるため、入口では列に並び係員の指示を待って入場するようになりました。

011.jpg
前の人との感覚を空けて並ぶ入場待ちの列

もちろんガーデン内でも、周囲の人とは6フィート(1.8m)の距離を取ることが必要です(そのため以前に比べると人混みがなくなり、ゆっくりと見学できるようになったのがうれしいです)。

006.jpg
足元のステッカー「6フィートの距離を維持しましょう」

花や緑に囲まれてほっとひと息つけるのが、ベラージオのボタニカルガーデン。この「Japan Journey: Magical Kansai」の展示は、9月12日(土)までとなっています。

さて、現実に目を向ければ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大については、地球規模で予断を許さない状況が続いています。安全に安心して海外旅行ができるようになるにはしばらく時間がかかりますが、マスク着用・ソーシャルディスタンスを守って生活しながら、心置きなく旅に出られる日を待ちたいですね。
では皆さん、Stay safe!


追伸です! ラスベガスでのマスク着用義務について

アメリカでは、7月に入ってから1日の新規感染者数の記録がすでに7回更新されました。先週7月10日の新感染者数は6万6000人を超えています。*CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のデータによる
特に感染拡大が進んでいるのは経済活動を再開している南部や西部の州で、ネバダ州も含まれています。

これを受けてネバダ州では、6月26日から公共の場所でのマスク着用が義務づけられています。旅行客も例外ではありません。ホテルやカジノ、レストラン、小売店などでも従業員はマスクやフェイスカバーを着けてサービスを行います。マスク着用のないお客さんに対してはサービスを提供することはできません。
マスクを着ける人が増えることで、感染拡大に少しでも歯止めがかかることを祈るばかりです。

009.jpg



ベラージオ コンサバトリー & ボタニカル・ガーデンズ
(Bellagio Conservatory & Botanical Gardens)
住所: 3600 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109
URL:  https://bellagio.mgmresorts.com/en/entertainment/conservatory-botanical-garden.html
営業時間: 毎日24時間オープン
入場料: 無料(ホテルに宿泊していなくても入場できます)
ボタニカルガーデンは、ホテル正面入口から入り、チェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進んだつきあたりです



季節ごとに変わるボタニカルガーデンの景色は、こちらでも見られます!
今年も必見! ベラージオホテル・ボタニカルガーデンのホリデーツリーと冬景色(2019年12月)
クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン(2017年11月) <
アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ(2016年6月)
地球の歩き方ニュース&レポート:ゴージャスな砂漠のオアシス!ラスベガス・べラージオボタニカルガーデン(2015年8月)
べラージオのボタニカルガーデンに日本の春がやってきた!そして和泉正敏氏による石の彫刻も必見!(2015年4月)



2020年7月13日

ArtDistrict_top_02.jpg


アメリカでは州により、今週末からロックダウンの解除が少しづつ始まるようですね。今日はラスベガスの状況と、新型コロナウイルスの影響にも元気に立ち向かう、ダウンタウン様子をご紹介をします。


ラスベガスの自宅待機令はまだ続く?

ここラスベガスのあるネバダ州は、ロックダウン解除が始まるまでにはもう少し時間がかかりそう。4月30日までとなっていたStay-At-Home order(自宅待機令)は5月15日まで延長されることが決まりました。

とはいえ、これからは段階的に再開へのプランが進められます。5月1日以降は自宅待機令が続くものの、屋外での活動についての制限が緩和されました。ゴルフやテニスなど、ソーシャルディスタンシングを守りウイルス拡散を防ぎながら安全に行うという条件で、行えるようになります。
カジノは引き続きクローズ。レストラン、バーなどもテイクアウト、デリバリー、ドライブスルーのみの営業です。


ダウンタウンのアートディストリクトで見られる壁画アート

ダウンタウンといえば、ビルやホテルの壁面いっぱいに描かれたアートが見どころのひとつですが、新型コロナウイルスの影響で思わぬアートも現れました。

ArtDistrict_01.jpg


場所はダウンタウンの一角にあるアートディストリクト地区。昔ながらのこじんまりとした建物が軒を連ね、アンティークショップやギャラリーをはじめとしたショップやバーなどが集まるユニークなエリアです。


ArtDistrict_top.jpg


週末ともなれば、道路沿いの駐車スペースはどこも埋まってしまうのですが、お店がすべて閉まっている今は空っぽ。場所によっては人っ子ひとり見かけません。

アートディストリクト地区の中でも、特にお店が集まっているのがメインストリートという通り。ここではどのお店も、道路に面した部分にベニヤ板を打ちつけてがっちり覆っています。これは防犯対策。無人店舗が侵入や窃盗などによる被害を防ぐためです。3月下旬にはほとんどのお店がベニヤ板で覆われました。

ベニヤ板が並ぶ姿はゴーストタウンのようでもあり、なんともいえない寂しいもの。そこでこの寂しい風景をなんとかしたいとひとりのオーナーが考えたのが、ベニヤ板をキャンバス代わりに、ローカルアーティストに自由に絵を描いてもらうことでした。なんとも楽しいアイディアでしょう? ずらりと並んだ個性豊かな「壁画」は、さながらアートショーのようです。


ArtDistrict_07.jpg
日本語のメッセージを発見!


ArtDistrict_03.jpg

もちろんアーティストたちはソーシャルディスタンスを守りながら絵を描き上げました。
いずれ自宅待機令が解かれてお店が再開した暁には、これらの絵はオークションで売られる予定だとか。オークションでの収益は、アーティストたちに寄付される予定だそうです。


開いているのはドライブスルーバーやテイクアウトできるカフェ

ArtDistrict_09.jpg

こちらはReBarという名前のバー。4月に入ってからドライブスルーバーと銘打って、ビールやワインをピックアップできるサービスを始めています(バーとはいっても店内で飲めるわけではないのです)。スタッフ曰く「お客さんが飲み来ることができないから、ぼくたちが外へでてお客さんにビールを売るんです」とのこと。

ArtDistrict_10.jpg

ベニヤ板アートだけでなく、ReBarの前には即席のバーカウンターができています。もちろんここで飲むことはできないのですが、雰囲気だけでも盛り上げようという心意気でしょうか。実際には、お客さんはあらかじめオンラインで注文ビールやワインを注文して、このバーの前に車を停めて待ちます。そこへスタッフが注文の品を運んできてくれるシステムだそう。

こちらはメインストリート沿いの人気カフェ、”Makers&Finders”。今も開いている貴重なお店です。テイクアウトができるので、ここでひと休み中のサイクリングのグループも。

ArtDistrict_08.jpg

お店の前にエスプレッソスタンドが作られ、お客さんはそこでオーダーして受け取れます。


いよいよ5月、自宅待機命令は続くけど

ラスベガスのダウンタウンからの元気、皆さんにも少し届きましたか?
私はといえば、自宅待機令の延長が2週間と決まったことで、やっとのことで少し先が見えてきたような気がしています(もちろん状況によってはさらに延長される可能性も残っていますが)。

ArtDistrict_04.jpg

季節は移って明日から5月。毎日の生活はしばらく変わらないものの、今までよりもさらに前向きに過ごしていこうと気持ちを新たにしたところです。


【関連記事】
テイクアウトやデリバリーだけじゃない、レストランが始めた新しいサービス【新型コロナウイルスの影響】(2020年4月14日)
ラスベガス・新型コロナウイルスによる生活への影響 (2020年3月28日)
ラスベガス・新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防に伴う、バフェやショーの休止状況 (2020年3月14日)


2020年5月 1日

flower.jpg
スーパーマーケットの店頭に明るい色の花が並ぶようになりました。季節は静かに進んでいるのだとう思うと、ちょっとほっとします。

前回の記事から2週間ちょっと経ちました。

現在のラスベガス(ネバダ州)は、カジノやレストランなどの閉鎖と市民の自宅待機令の期限が延長されて、4月30日までとなっています。

先週8日からは、ソーシャル・ディスタンシング(周りの人から少なくとも6フィート/約1.8mの距離をおくこと)をさらに徹底させるために、ゴルフコース、バスケットボールコートやテニスコートをはじめとした、スポーツ施設なども閉鎖されました。

ほとんどのお店が閉まっている今、外出できる数少ない機会のひとつがス―パーマーケット。
少し前から店内のセルフサービスのフードステーション、サラダ・スープバー、また自分で袋詰めする量り売りのナッツなどの販売がストップしていますが、最近は空っぽになっていたサラダバーやスープバーのカウンターに、パック詰めされたサラダや、スープが並ぶようになりました。

Sprouts Farmers Market
日替わりのスープバーでおなじみだったクラムチャウダー、トマトスープやポテトスープなどが4パウンド(約1.8kg)の大袋入り。お店のストックかな。

レストランはダイニングルームでの食事は一切できなくなっているものの、デリバリーやテイクアウトで引き続き営業を続ける店も少なくありません。
私もお気に入りのレストランを少しでも応援できればと思い、デリバリーやテイクアウトをオーダーすることがあります。

Paina Cafe Las Vegas


テイクアウトやデリバリーだけでなく、グローサリーをそろえるレストランも

4月に入るとデリバリーやテイクアウトだけでなく、さらなるサービスとして、グローサリー(食料雑貨)を販売するレストランが現れました。

これはお店を閉めている間、行き場のない在庫となる食材などをお客さんに放出しちゃうよ、というもの。レストランで使っている肉や牛乳・卵・野菜などの食品のほか、トイレットペーパーやペーパータオルなどの日用品が買えるお店もあります。

こういったお店では、かかえている在庫だけでなく、日ごろ仕入れているサプライチェーンを通して品物を揃えているところもあるので、スーパーマーケットになかった食料品がみつかることも。

実際には、デリバリーやテイクアウトだけで1ヵ月以上お店を持ちこたえさせるのは現実的に難しく、グローサリーの販売で少しでも売り上げをふやそうとトライしている状況なのだと思いますが。

私たち消費者からすれば、おなじみの料理をテイクアウトするついでに、必要な食料品や日用品を買えるという便利なシステムなので、結果として地元コミュニティをサポートしてくれている形にもなっています。

トイレットペーパーも入った、「Lazy Dog」のミールセット
たとえば、カリフォルニア州を中心に人気のブリューパブ「Lazy Dog」。テイクアウトの料理メニューやビールのほかに、必要な食料品などをまとめたパッケージを用意しています(ラスベガスにもお店が2ヵ所あります)。

「ホームエッセンシャルズ」というパッケージ($40、約4300円)には、チキン3パウンド(約1.3kg)、卵15個、牛乳1ガロンボトル(約3.8L)、玉ねぎ・ポテト・ニンジン各2パウンド(約900g)に加えて、トイレットペーパーが3ロール含まれています!
こちらではまだまだトイレットペーパーの購入が難しいので、これはうれしいかも。

そのほか、ピザ生地とソースやトッピングがセットになった「ピザキット」($35、約3800円)、パンケーキミックス(粉)、トッピング用のフルーツ、ベーコンや卵をそろえた「ブランチキット」($45、約4800円)なんていうセットも。
調理に必要なアイテムが揃っているので、あとは自分の好きなように作るだけっていうのは、時間がたっぷりあるこんなときならではのセットじゃないかと思います。

オーガニックのグラノーラが話題の「Rooster Boy Cafe」
ラスベガスから20分ほど北西に位置する高級住宅地にある、「Rooster Boy Cafe」。地元の人たちに愛される朝食とランチのお店ですが、こちらでも料理のほかに、牛乳やグラノーラ(独自にミックスされたオーガニックのグラノーラは、このお店の看板アイテム)、ペストリー、野菜、そしてトイレットペーパーなどをテイクアウトすることができます。

ベーカリーカフェ「Panera Bread」ではパンやベーグルも
全米で展開している「Panera Bread」は、サンドイッチやスープが中心のベーカリーカフェ。普段からイートインだけでなく、テイクアウトやデリバリーに力を入れていますが、今はサンドイッチに使われているパンやベーグルのほか、トマトやアボガド、リンゴ、牛乳などの食材をオーダーできるようになっています。


お気に入りの料理と一緒にほしいものもさくっと買える

3月中旬以降に比べると、スーパーマーケットの品薄状態は少し解消されつつあるように感じますが、食料品や日用品などではまだ空っぽの棚もあるのが現状。
なにより、今スーパーマーケットに買い物に行くというのは、ちょっとストレスフルな作業じゃないでしょうか。

まずお店に入るまでに長い列に並び、入店したらすぐにショッピングカートの持ち手周辺を除菌シートでしっかり拭く。人とすれ違うのも気になるし、レジのベルトコンベアがスタッフによって1回ごとに消毒されるので、会計も予想以上に時間がかかるし。


TJ_01.jpg
お店では1回に入店できる人数を制限しているため、順番が来るまで列に並んでじっと待ちます。

たかが買い物とはいえ、普段の何倍ものパワーを使っている気がします。

一方レストランのグローサリー販売は、体力と気力が必要なスーパーに行かずとも、お気に入りの料理のテイクアウトと一緒に必要なものがさくっと買えるという便利さ。もちろんお店をサポートすることにもなるし、密かに人気があるのもうなずけますね。


【関連記事】
ラスベガス・新型コロナウイルスによる生活への影響(2020年3月28日)

ラスベガス・新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防に伴う、バフェやショーの休止状況(2020年3月14日)


2020年4月14日
2020年3月28日
2020年3月14日
2019年12月14日
2019年12月 9日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ラスベガス特派員

    ラスベガス特派員
    石川 葉子
    南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
    最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集