海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ラスベガス特派員ブログ

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


bellagio.holiday_011.jpg

ベラージオホテルのボタニカルガーデンがホリデーディスプレイになりました! 大きなホリデーツリー(クリスマスツリー)を中心に、シロクマやエルフ(妖精)たちが遊ぶ楽しい冬景色が広がります。今日はそのボタニカルガーデンにご案内しましょう。


ホリデーシーズン真っ盛りのボタニカルガーデン

bellagio.holiday_004.jpg

先週12月7日からベラージオホテルのボタニカルガーデンには、毎年恒例のホリデーツリー(クリスマスツリー)がお目見えしています。前回アリアホテルのジンジャーブレッドハウス をご紹介したばかりですが、ベラージオホテルのボタニカルガーデンもこの時期、ぜひ訪れてほしい人気スポットのひとつ。クリスマスモードがピークにさしかかる今頃の季節、私はこのガーデンを見に行かないと落ち着きません!


bellagio.holiday_001.jpg

ボタニカルガーデンは、ベラージオホテルの中にあります。天井のガラスを通して柔らかな光が降り注ぐ、大きな温室のようなガーデン。ガーデンといっても、ここでは植物をふんだんに使って作られた動物たちが主役です。


bellagio.holiday_002.jpg
中を通り抜けられる巨大馬車

ベラージオホテルの園芸チームによって作られるこのガーデンは、季節ごとに装いを変えるのが見どころ。チャイニーズニューイヤー、春、夏、秋、そして冬のホリデーシーズンと、1年に5回、それぞれのテーマのガーデンを楽します。



草花や樹木で作られる季節のストーリー

bellagio.holiday_003.jpg

今シーズンのガーデンは、ホリデーシーズンの思い出を作るというテーマで、ホリデーツリーや氷の女王、巨大な馬車などが登場しました。

天井まで届きそうなツリーの高さは、約12m。7,000個のライトと2,500個のオーナメントをまとった、本物のモミの木です。そして、ツリーのまわりで遊ぶシロクマの親子も、ボタニカルガーデンの冬景色に欠かせません。近くによってみると、シロクマはカーネーションとアジサイの花で作られているのがわかります。シロクマ親子の後ろに見えるのは氷の女王です。


bellagio.holiday_012.jpg
子どものシロクマ君には、カーネーションとアジサイの花2,500個が、パパシロクマには、アジサイの花12,000個が使われているのだとか

そしてクリスマスといえば、ポインセチア。真っ赤な絨毯のように一面に敷きつめられたポインセチアは、全部で28,000本だそう。
bellagio.holiday_009.jpg


あちらこちらで遊んでいるエルフたち。

bellagio.holiday_005.jpg

bellagio.holiday_013.jpg

bellagio.holiday_010.jpg

おとぎの国のようなガーデンは写真映え抜群。自撮りに夢中のツーリストだけでなく、ウェディングフォトの撮影が多いのもうなずけます。

bellagio.holiday_007.jpg
この日もウェディングフォトを撮っているカップルをみかけました


だれでも入場無料でガーデンを満喫できる

bellagio.holiday_006.jpg

いかがでしたか。大人もこどもも自然に笑顔になってしまうこのボタニカルガーデンは、ベラージオならではの、おしゃれで贅沢なアトラクション。入場無料で24時間オープンしているのも人気の秘密です。ベラージオに宿泊していなくても見られますよ。

このホリデーディスプレイが見られるのは、年明け1月4日まで。その後1週間ほどクローズして、チャイニーズニューイヤーのテーマに変わる予定です。

次回のラスベガスでは、ベラージオホテルのボタニカルガーデンに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


bellagio.holiday_008.jpg
ベラージオホテルのチェックインカウンター

Bellagio
・住所:3600 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109
・URL: https://bellagio.mgmresorts.com/en.html
・入場無料、24時間オープン
・ボタニカルガーデンは、ホテル正面入り口から入って、チェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進めば、つきあたりにあります。


ボタニカルガーデンの記事は、こちらにもあります!
クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン(2017年11月)
アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ(2016年6月)
べラージオのボタニカルガーデンに日本の春がやってきた!そして和泉正敏氏による石の彫刻も必見!(2015年4月)




2019年12月14日

gingerbreadhouse_001.jpg

12月。ラスベガスの各ホテルでは、クリスマスツリーなどのディスプレイが、ホリデー気分を盛り上げています。アリアホテルの「ジンジャーブレッドハウス」もそのひとつ。今日はこのジンジャーブレッドハウスについて、詳しくご紹介します。


ホテルのロビーにあらわれた、お菓子の家

gingerbreadhouse_002.jpg

大きなジンジャーブレッドハウスが現れたのは、アリアホテル。AAA(トリプルA:全米自動車協会)の格付けで最高の5ダイアモンド、モダンでラグジュアリーなホテルです。

gingerbreadhouse_004.jpg

クールな印象のアリアホテルのロビーで、ほっこりと暖かい空気をかもしだしているのが、ジンジャーブレッドハウスです。このお菓子の家は、アリアホテルのパティシエ12人が、3週間以上かけて作り上げたもの。ジンジャーブレッドの壁や、ペパーミントキャンディの屋根などすべて、パティシエたちの手作りです。

gingerbreadhouse_008.jpg

壁のショーウインドウには、ケーキやチョコレートが並んで、街角のベーカリーみたいです。


ジンジャーブレッドハウスとは

ジンジャーブレッドハウスってなに?と思われたかもしれませんね。ジンジャーブレッドハウスは、ホリデーシーズンの風物詩。
ジンジャーやシナモンなどのスパイスを効かせて、固めに焼いたジンジャーブレッド(クッキー)で作ります。壁や屋根を組み合わせて家ができたら、アイシングやキャンディなどで飾りつければできあがり。簡単に作りたいという人のために、ジンジャーブレッドの家がすでにできていてあとは飾り付けをするだけ、というキットもスーパーなどで売られています。

gingerbreadhouse_014.jpg
街のスーパーで売られている、ジンジャーブレッドハウスの手作りキット


900枚のジンジャーブレッド

このジンジャーブレッドハウスは高さ4.5m、幅2m、奥行き3.6mという大きさ。(残念ながら、中には入れません)これを作るのにどれくらいの材料を使ったのか想像できますか。壁を作っているジンジャーブレッドは900枚以上だそうです。屋根はペパーミントキャンディのタイルが960枚使われています。

gingerbreadhouse_005.jpg

屋根のタイルは、64,000個ほどのペパーミントキャンディを溶かして作られたのだとか。

gingerbreadhouse_006.jpg

飾りつけに使われているのは、90kg以上のロイヤルアイシングです。そして、入り口でにこやかに迎えてくれるジンジャーブレッドマンも、もちろん本物の手作りジンジャーブレッド。身長150cm、体重54kgだそうです。

gingerbreadhouse_009.jpg
グミのような巨大シュガーベアや、色とりどりのゼリーで縁どられた入り口


ホットドリンクの飲めるカフェスペースも

gingerbreadhouse_010.jpg

ジンジャーブレッドハウスのとなりには、ARIA Patisserie(アリアホテルにあるフレンチベーカリー)による小さなカフェスペースもあります。コーヒー($4=約434円)やホットチョコレート($5=約542円)、アップルサイダー($5=約542円)などのドリンクのほか、ペパーミントバークやクッキーなど買えますよ。


gingerbreadhouse_003.jpg

gingerbreadhouse_007.jpg

gingerbreadhouse_011.jpg
入り口を飾るキャンディケインはそれぞれ約36kgのチョコレートが使われています

このジンジャーブレッドハウスのディスプレイは、年明け1月6日までです。アリアホテルは、ベラージオホテルやパークMGMホテルと無料トラムでつながっているので、とても便利なロケーション。年末年始にラスベガスにお立ち寄りの際は、ぜひ、お菓子の家も見に来てくださいね。


gingerbreadhouse_013.jpg
パークMGMホテル~アリアホテル/クリスタルズ(高級ショッピングモール)~ベラージオホテルを結ぶ無料トラム、Aria Express。10分前後の間隔で、毎日8AM~4AMの運行。


ARIA Resort & Casino

・住所:3730 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89158
・URL: https://aria.mgmresorts.com/en.html
・ジンジャーブレッドハウスは、メインエントランスから入るとチェックインカウンター前のロビーにあります。
 24時間見られますが、カフェスペースのオープンは、毎日11AMから11PMです。




2019年12月 9日

001.hellokittycafe_lasvegas_0001.jpg
ハローキティ誕生45周年の今年、ハローキティカフェがラスベガスにオープンしています。日本でも45周年のお祝いでコラボグッズが発売され、期間限定のカフェなどが登場したそうですが、ラスベガスのハローキティカフェはどんなお店なのでしょうか。


ラスベガスの人気観光スポットにできた、ハローキティカフェ


2019年7月、ハローキティカフェがストリップ(ラスベガス大通り)の人気観光スポット、The PARK(ザ・パーク)にオープンしました。

hellokittycafe_lasvegas_0002.jpg

ハローキティのカフェは、現在カリフォルニア州のサンノゼに「ハローキティ・ミニカフェ」、ロサンゼルス郊外のアーバインに「ハローキティ・グランドカフェ」があります。ラスベガス初のこちらのカフェは、ポップアップショップということで、今のところ6ヵ月間の期間限定オープンだそうです。


hellokittycafe_lasvegas_0003.jpg

“カフェ”という名前ですが、実際にはオープンエアの広場に現れたコーヒースタンド。お店の前にはテーブルとイスが置かれているので、座ってゆっくりとドリンクやスイーツをいただけます。キティちゃんの描かれた店の前は、人気のインスタ映えスポットです。


ハローキティカフェのかわいいキャラクタースイーツ


hellokittycafe_lasvegas_0004.jpg

ドリンクは、コーヒーやエスプレッソのほか、ミルクティーやミルクシェイク、レモネード、アイスティなど温かいのと冷たいものが揃っています。ドリンクカップは、ラスベガスのトレードマークともいえるウェルカムサインのキティちゃん仕様。


hellokittycafe_lasvegas_0088.jpg


スイーツのラインナップは、マカロンやペストリー、カップケーキにドーナッツ、さらにクッキーやアイスクリームなど。キティちゃんだけでなく、Keroppi(けろけろけろっぴ)やGudetama(ぐでたま)などのキャラクターもいました。

001.hellokittycafe_lasvegas_0001.jpg
日本のスイーツのような控えめな甘さとは少し違い、アメリカならではの強烈な甘さのものが多いのも特徴です。


hellokittycafe_lasvegas_0090.jpg
値段はドリンクもスイーツも$4.50(約490円)から、一番高いものでも$10(約1,085円)程度まで(2019年11月現在)。


hellokittycafe_lasvegas_0087.jpg
木陰にあるテーブルで、まったりとお茶しましょう。


hellokittycafe_lasvegas_0089.jpg
ハローキティ・ドーナッツ。


hellokittycafe_lasvegas_0091.jpg
そのほかオリジナルグッズも豊富。ラスベガス限定デザインのマグカップやウォーターボトル、Tシャツやトートバッグなどもあるので、お土産にも重宝しそうです。


アメリカ中を走り回るハローキティのカフェトラックも

ところで、ハローキティカフェはお店だけでなく、フードトラックもあるのをご存知ですか。2014年にロサンゼルスで行われたHello Kitty Con (ハローキティ・コンベンション)でデビューしたこのトラックは、カフェメニューやオリジナルグッズを揃えて、今もアメリカ各都市を回っています。

hellokittycafetruck_01.jpg
こちらは、昨年ラスベガスのタウンスクエアに来た、ハローキティカフェトラック。午前中から長蛇の列でした。


hellokittycafetruck_02.jpg
去年のハローキティカフェトラックで買った、マカロン。激甘! でもカワイイ。


ハローキティカフェがあるのはThe PARK

ハローキティカフェがあるThe PARK(ザ・パーク)は、ストリップ沿いのNY-NYホテルとPark MGMホテル(元モンテカルロホテル)の間に作られた遊歩道のエリア。カジュアルレストランが軒を連ね、緑が多く、パーク(公園)という名前の通り、のんびりと散策できるスポットです。ハローキティカフェは、Beerhaus(ビアハウス)の向かい側にあります。The Parkについては、地球の歩き方ニュース&レポートの記事もどうぞ

今では日本語の「カワイイ」は英語でもそのまま”kawaii”として使われるようになりましたが、その”kawaii”を代表するようなハローキティがテーマになったカフェ。ラスベガスではここでしかできないユニークな体験です。ぜひ立ち寄ってみてください。

Hello Kitty Cafe

・住所:3778 S. Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109(The PARK内)
・営業時間:(日)~(木)11:00 AM - 11:00 PM
      (金)(土)11:00 AM - 12:00 AM
・URL:https://www.theparkvegas.com/en/restaurants/hello-kitty-cafe.html



ラスベガスのカフェについてはこちらの記事もどうぞ
アメリカのスタバはもう秋!新メニューの冷たいパンプキンコーヒーがおいしい (2019年9月)
コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら(2016年7月)



2019年11月15日
2019年9月 2日
2019年6月12日
2018年9月23日
2018年2月 5日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ラスベガス特派員

    ラスベガス特派員
    石川 葉子
    南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
    最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集