海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ラスベガス特派員ブログ

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

TOPcenter_01.jpg
ベラージオのボタニカルガーデンは人気の観光スポット


今週は早くもサンクスギビングデー(感謝祭:11月の第4木曜日)、そしてこの祝日を過ぎると季節はいよいよ冬へ。
とは言ってもこちらは朝・晩こそ冷え込むものの、昼間の気温は16℃から20℃前後と過ごしやすい毎日。
今日は、ベラージオホテルにあるポカポカと温かいボタニカルガーデンの風景をお届けします。


秋の色で埋め尽くされたボタニカルガーデン


花や木をふんだんに使って、春夏秋冬それぞれの景色を作り出してくれるベラージオホテルのボタニカルガーデン。
今は茶色、黄色、赤、黄土色、赤茶色、琥珀色など、季節感たっぷりの色合いに包まれています。


zentai_01.jpg
天井から差し込む光がまぶしい、ここはまるで温室にいるみたいに心地良い


ガーデンに入るとすぐに迎えてくれるのが、大きなカボチャで遊ぶカカシたち。

scarecrow_03.jpg

このカボチャ、1200本のバラとオトギリソウで作られています。

scarecrow_02.jpg

草花のベッドの上で楽しそう


そしておなじみの「おしゃべりする木」も秋のたたずまいで登場。

tree_01.jpg

tree_02.jpg

木の高さは8.5m。だからやっぱり顔も大きい。目玉をぎょろぎょろさせながら、時折もっそりと「Welcome to the Bellago・・・(ベラージオへようこそ・・・)」とつぶやきます。


こちらは菊の花で作られた大きなドングリのトピアリー。
ちなみに、ガーデン全体のディスプレイには12種類ほどの菊が使われているのだとか。

acorn_01.jpg



あでやかな飾り羽のクジャクにうっとり


さて今シーズンのガーデンの目玉は、なんといっても初登場のこちら。
TOP_01.jpg

飾り羽をふわりと広げて優雅にたたずむクジャクです。


peacock_01.jpg


背丈6mほどで、羽の長さは7mちょっと。色鮮やかなな羽は何で作られているんだろう?

peacock_04.jpg


羽に近づいてみましょう。

peacock_02.jpg

peacock_03.jpg

羽は14,000本のバラのプリザーブドフラワーで作られています。プリザーブドフラワーだからこういった色の表現ができるんですね。

ところで、今回のガーデンのデザイナーである Ed Libby氏は、最近インドを訪れた際の印象をこのあでやかな飾り羽のクジャクで表現したのだとか。クジャクは「強さ」や「美しさ」、そしてオスのクジャクの飾り羽が夏の終わりに生え変わることで、「再生」のシンボルでもあるのだそうです。


peacock_05.jpg

クジャクの顔やボディの色付けには、スターアニスやチリペッパー、タピオカやレンズ豆、青く染められたライスフレーク、マスターシードなど、さまざまな天然の素材が細かく砕かれて使われているそうです。


この秋のガーデンは11月25日まで見ることができます。その後は衣替えをして来月12月2日からホリデーシーズンのテーマでオープン予定。
今週ラスベガスにお越しの方は、ぜひベラージオに足を運んでみてくださいね。

zentai_02.jpg
カジノの喧騒に疲れたら、ここでリフレッシュ!

【BELLAGIO CONSERVATORY & BOTANICAL GARDEN】

・べラージオホテル内(宿泊していなくてもガーデンに入れます)
べラージオ正面入り口から入ってチェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進むと、つきあたりがボタニカルガーデン。
・24時間オープン・入場無料
・秋のガーデンは11月25日まで。その後メンテナンス期間を経て、12月2日からホリデーシーズンのディスプレイに変わる予定


■これまでのボタニカルガーデンはこちらからどうぞ!

アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ[Jun 2016]
べラージオのボタニカルガーデンに日本の春がやってきた!そして和泉正敏氏による石の彫刻も必見![Apr. 2015]
夏っ!ひまわりと紫陽花があふれるベラージオのボタニカルガーデン[ Jun. 2013]
チョコレート・ビレッジが登場したベラージオのボタニカルガーデン[ Dec. 2012]
夏だ!ベラージオ・この夏のガーデンのテーマは・・・?[ May. 2012]
今年もシロクマとペンギンが季節のゴアイサツ - ベラージオのボタニカル・ガーデン[ Sep. 2011]
ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場[ Dec. 2011]
ベラージオ・この夏のガーデンはリバティ・ベル、白頭ワシ、そしてカーニバル[ Jul. 2011 ]
いよいよ春!ベラージオのボタニカルガーデン[ Mar. 2011 ]
ベラージオ・今年のウィンターガーデン[ Dec. 2010 ]
ベラージオ・今年の秋の顔は・・・[ Sep. 2010 ]
べラージオは夏のガーデンに衣替え[ Jun. 2010 ]
べラージオはただ今春真っ盛り![ Mar. 2010 ]
べラージオホテル・ボタニカルガーデンのクリスマス[ Dec. 2009 ]




2017年11月20日

HG_note_02_TopPic.jpg


10月1日夜に起きたアメリカ史上最悪の銃乱射事件から1カ月あまり。

58人の方が亡くなり、500人以上の方が負傷したアメリカ史上最悪となったこの惨劇は、簡単に言葉で表せないほど衝撃的な出来事でした。10月1日の前と後では、ラスベガスで何かが大きく変わってしまったと感じている人も少なくありません。

しかしここはホスピタリティあふれる街。深い悲しみの中にありながらも、この大きな悲しみを癒すために「何かをしなければ!」という気持ちに突き動かされた人たちが素早く行動を起こして、ラスベガスというコミュニティに癒しの輪を広げています。


〇ラスベガスコミュニティ ヒーリングガーデン

事件からわずか5日後の10月6日、ダウンタウンのアートディストリクトの一画に「ラスベガスコミュニティ・ヒーリングガーデン」がオープンしました。
造園ビジネスを営むJay Pleggenkuhle氏の手によって空き地を利用して作られたこのガーデンは、亡くなった方々の形見や思い出の品が集められたあたたかい場所。
1本の木を中心にしてその周りに作られた木の壁、それを囲む遊歩道と58本の木々で守られたこの場所は決して広くはないけれど、58人の方々の思い出がぎっしりと詰まっています。

HG_Wall_03.jpg
“REMEMBRANCE WALL”(思い出を集めた壁)には、亡くなった方々の写真、思い出の品や、メッセージ、手紙、花などたくさん。


HG_zentai_01.jpg
ガーデンの中心にある”Tree of Life”(生命の木)と名付けられたオークの木は、2003年までミラージュホテルで行なわれていた人気のショー”Siegfried & Roy”のシークフリード氏とロイ氏が寄贈したものだそう。

HG_display_04.jpg
“Tree of Life”(生命の木)の根元には、亡くなった方の名前が書かれた58個の石が寄り添うように並べられています

HG_Wall_01.jpg


HG_Wall_02.jpg
飾り付けをしている人も

HG_Wall_04.jpg
千羽鶴も飾られていました

HG_display_01.jpg
カントリーブーツに飾られた花。事件はカントリーミュージックの野外コンサートで起こりました

HG_display_02.jpg


HG_tree_01.jpg
歩道の両側に植えられているのは地元の園芸ショップから寄付された木々。亡くなった方と同じ数の58本の木がボランティア達の手によって植えられました。


HG_note_01.jpg
木の1本1本に吊り下げられたメッセージや写真が風にゆらいでいます。「事件の犠牲になったすべての人に祈りと哀悼の意を。あなたは一人きりじゃないよ。」




〇ラスベガス・ウェルカムサインに並ぶ58の十字架

いつも観光客でにぎわう人気スポットの「Welcome to Fabulous Las Vegasサイン」、今は追悼に訪れる人であふれています。

WS_sign_01.jpg


10月5日、ここに58本の十字架がずらりと並べられました。
これはシカゴに住む元大工さんのGreg Zanis氏による手作りの十字架。2日間で58本を完成させて自ら車でラスベガスまで運んできたのだそうです。

WS_cross_03.jpg


白い十字架の1本1本には大きな赤いハートとともに亡くなった方の名前がしるされています。
それぞれの十字架には、様々な想いの込められた写真や国旗、花や飾りがいっぱい

WS_cross_02.jpg



WS_cross_01.jpg


WS_58picks_01.jpg
ひとりひとりの名前が書かれた58個のギターのピック

WS_banner_01.jpg
寄せ書きのバナーも

WS_cross_044.jpg
こちらは亡くなった方の家族や友人たちのようでした。故人の名前の入ったお揃いのTシャツを着て十字架の前で

WS_cross_05.jpg
バラの花束をかかえた人も。1本づつ十字架に手向けていました

WS_sign_02.jpg
キャンドルや花で埋め尽くされたウェルカムサイン

これらの十字架は今週11月12日に、この場所から終の棲家となるクラーク郡博物館に移されることになっています。


〇壁いっぱいに並ぶ58個のハート

こちらは10月23日に民家の壁にお目見えしたグラフィティ。
mural_02.jpg
・・・といっても、単なる落書きではありません。
壁にずらりと描かれているのは亡くなった方ひとりひとりの名前が入った光り輝く58個のハート。
よく見ると、ハートは全部つながっています。ここにも「ひとりきりじゃないよ、みんなここにいるよ。」というメッセージが。

mural_01.jpg


mural_04.jpg
60mほどの長さになるこのハートのアートは、5人のグラフィティアーティストが100本のスプレー缶を使って17時間かけて完成させました。発案者はKito Lucero氏。ラスベガスでこれまで、ガンでなくなった子供たちのためにグラフィティを描いていたそうですが、銃乱射事件のあと、亡くなった方々とその家族を癒すことのできる絵を描かなければいけないと思い立ち、すぐに実行に移したのだとか。


mural_03.jpg
ハッシュタグであり今のラスベガスからのメッセージでもある “#VEGASSTRONG”のグラフィティも


〇癒されるラスベガスの今とこれから

現在も募金・寄付・献血などは引き続き行われていますが、それだけでなく、このように犠牲となった方々の魂を癒し、さらには残された私たちも癒されることで、ラスベガスが悲しみから回復できるのだなと強く感じています。

そして、事件の3日後、10月4日からスタートしたラスベガスの新しいテレビスポット広告では、テニス界のレジェンド、アンドレ・アガシ氏(ラスベガス出身)によるメッセージが淡々と、しかし力強く、真っ暗な画面に響きます。
「What is strengh? (強さとは?)」という問いかけから始まり、
最後に、「強さ」とは「(ラスベガスのコミュニティが)ひとつにまとまって立ち上がること」であり、その「強さ」によって、この街が立ち直れるのだと締めくくられていて、心にがつんと響いてきました。



WS_mandalay_01.jpg
マンダレイベイホテル付近の道路沿いに並ぶレストランやクラブの広告看板は、#VEASSTRONGのメッセージに変わっています

#VegasStrong
#1Ocotber

■これまでの関連エントリー
ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong [Oct. 2017]




2017年11月 9日

LAS_01.jpg


いよいよ11月。今週末、日本は文化の日(11月3日金曜日)を含めた三連休ですね。この連休にアメリカ本土に滞在される予定の皆さん、夏時間から冬時間へ変わりますので、ご注意を!


ラスベガスと日本の時差は何時間?

「時間が変わる」話をする前に、まず、ラスベガスと日本の時差は何時間あるのでしょうか?
ラスベガスはロサンゼルス(カリフォルニア州)、サンフランシスコ(カリフォルニア州)、シアトル(ワシントン州)などと同じようにPST(パシフィック・スタンダードタイム:アメリカ太平洋標準時)となりますので、夏は日本より16時間遅れ、冬は17時間遅れとなります。
「16時間遅れ」と言われても、ちょっとわかりにくい? 私は仕事で日本とやり取りをすることが多く、先方から時差のことを訊かれた時には、夏だったら「日本の午前9時がラスベガスでは一日前の午後5時(冬の場合は、ラスベガスの午後4時)」と説明すると、とりあえずわかってもらえます。


LAS_02.jpg
ちょうど1カ月前の午後6時ごろ。今は6時になるとすでに真っ暗です。


夏時間と冬時間、デイライト・セービングタイム

ラスベガスと日本の時差が夏と冬で変わるのは、デイライト・セービングタイムのため。
アメリカのほとんどの州が採用しているこのデイライト・セービングタイムは毎年3月の第2日曜日の午前2時に始まり、11月の第1日曜日の午前2時に終わります。

デイライトセービングタイムが始まる時には時間が1時間進んで「夏時間」となり、終わる時には1時間戻り「冬時間」となるので、その都度時計を1時間進めたり、戻したりすることになるわけです。
アメリカに来てすぐの頃は、夏時間が始まった日に会社に遅刻したこともありましたが、さすがに今はなんとなく慣れてきました。

それでも、毎年時間が変わる日の前日はいつも「1時間」を進めるのか戻すのか考えてしまいます。そういう私みたいな人のためにとても覚えやすいフレーズがあるんですよ。
Spring Forward, Fall Back」(スプリング・フォワード、フォール・バック)
“Spring”は春という意味以外に跳ねるとか跳ぶという意味もあるので、”Forward”(前方に)と一緒にして、前方に跳び跳ねるイメージ。だから、Spring(春)は(時時計の針が)Forward(進む)。
“Fall Back” は後退するという意味があるので、”Fall”(秋)は(時計の針が)”Back”(戻る)ということ。感覚的にとても覚えやすくわかりやすいので、最近はいつもこのフレーズを口に出して腕時計の針を動かしています。


今年の冬時間スタートは11月5日

ここで、やっと冒頭の話になります。
今年の夏時間の終了(冬時間の開始)は11月5日(日曜日)の午前2時。この時間に1時間戻ることになるので、4日(土曜日)の夜にラスベガスにいらっしゃる方は寝る前に時計の針を1時間戻すことを忘れずに。(スマホやPC内臓の時計は基本的に自動で冬時間に変わりますが)
日曜日の夜中にカジノで遊んでいる人は、実際に1時間得した感覚がわかるのではないかな。あ、でも時間を気にしながらギャンブルしている人はいないですね!(だからカジノには時計もないですし)
私の場合は、冬時間に変わった朝もいつもとだいたい同じ時間に目が覚めるので、「もう1時間寝られる!」という小さなシアワセを楽しみます。


ということで、時間が進んだり戻ったりするのはただでさえわかりづらいのですが、ひとつだけさらにややこしい話を。
ラスベガスからグランドキャニオン国立公園に行かれる方は多いと思いますが、グランドキャニオンのあるアリゾナ州はデイライト・セービングタイムを採用していません。つまり、1年を通して時間が変わることがないんですね。(ナバホインディアン居留地を除く)
アリゾナ州はMST(マウンテン・スタンダードタイム:アメリカ山岳部標準時)なので、PST(パシフィック・スタンダードタイム:アメリカ太平洋標準時)のラスベガスより1時間進んでいます。ですので、ラスベガスの時間が1時間進む夏はラスベガスとグランドキャニオンの間に時差はないのですが、ラスベガスの時間が1時間戻る冬は時差があるわけです。


とは言っても、ラスベガスからのツアーに参加している場合はもちろん時差を考えてツアーが運行されますから、心配無用。ツアーではなくて、レンタカーなどで自分たちででかける時には、この時差のことを頭の中に入れておいてくださいね。

GCN_02.jpg
グランドキャニオン国立公園


2017年10月31日
2017年10月 3日
2016年10月15日
2016年7月25日
2016年7月 4日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ラスベガス特派員

    ラスベガス特派員
    石川 葉子
    南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
    最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集