海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ラ・スペツィア特派員ブログ > イタリアのポップス音楽 ♫ ♪ ♫(女性編)

イタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ マイエル ケイコ

イタリア・ラ・スペツィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月18日

イタリアのポップス音楽 ♫ ♪ ♫(女性編)


イタリアのポップス音楽 ♫ ♪ ♫(女性編)

皆さん、こんにちは!

今回は、イタリアのポップス音楽の女性編です。
男性よりもわたし好みの歌手が少ないのですが、それでも、何人かいてますので、ご紹介します。


まずは、ミーナ

イタリアを代表する、大御所アーテイスト女性歌手。

今年のお誕生日で75歳。

ヴァレーゼ郊外の出身ですが、すぐに家族と共に、クレモナへ引っ越しました。

当時は、ビッグ歌手どうし、アドリアーノ・チェレンターノとよく共演していました。

現在は全くテレビにはでませんが、時々CDのみ発売され、相変わらずの大人気です。

サンレモ音楽祭では、何回かチャレンジし、人気では圧倒的でしたが、大賞は残念ながら獲得していません。(4位が最高)

ミーナは最後に出場したあとで、大賞を取れなかったことに対し、"もうサンレモ音楽祭には出場しません!"と宣言し、本当にでなくなりました。

この貼り付けた曲は、もともとジーノ・パオリの曲なんですが、ミーナも歌いました。

日本にも、来日され、森山加代子、ザ・ピーナッツらによって「Tintarella di luna」が「月影のナポリ」として、また、弘田三枝子、伊東ゆかり、ザ・ピーナッツらにより「Un Buco Nella Sabbia」が「砂に消えた涙」としてカヴァーされました。

2001年にグランデウフィチァーレ(イタリア共和国功労勲章)を受賞しました。

イーヴァ・ザニッキ

今年のお誕生日で75歳。エミリアロマーニャ州郊外の出身。
サンレモ音楽祭で大賞をなんと3度獲得したすごい人です。
しかしながら、私の個人的な印象は人気クイズ番組(Ok, il prezzo è giusto!)の司会者なのです。(笑)
政治家にも一時期なりました。
マルチタレントです。


ラファエッラ・カッラ

ボローニャ出身、今年のお誕生日で72歳。
歌手のほかに、女優、司会者などで大活躍。
映画ではフランクシナトラとも共演していましたし、ミーナともよく共演していました。
ダンスも定評があります。
サンレモ音楽祭では司会をしました。
最近では、スター誕生的な若者の歌番組でよく審査員をしています。


リータ・パヴォーネ

トリノ出身、今年のお誕生日で70歳。
幼いころからテレビで大活躍。ジャンニ・モランディとはよく共演していました。
ボーイッシュで、パンチのある歌い方が特徴でした。
日本でも『恋の意気地なし』などがヒットしました。
サンレモ音楽祭にも出場し、入賞しました。
(ジャンブラスカの雑誌)というテレビ番組で主役を演じ一躍有名になりました。


ミア・マルティーニ

レッジョカラーブリア郊外の出身。
1947年生まれ、すでに1995年に他界しましたが、実に人の魂を突き刺すような情熱的に歌う人で、今でも、若い人から年配の方に歌われています。とにかくすごいです。今でも聞くと、鳥肌が立ちます。
生で聞いてみたかったなあ。。。
サンレモ音楽祭では、2位が最高でした。
(大賞は獲得していませんが、人気、実力はそれ以上です。)
この人の他界後、サンレモ音楽祭にミア・マルティーニ賞が生まれました。
妹は歌手のロレダーナ・ベルテです。



オルネッラ・ヴァノーニ

今年のお誕生日で81才。
ミラノ出身。ジーノ・パオリとは昔からよく共演していました。
この人のものマネをする人がいて、ご本人がテレビに出るとやっぱり笑ってしまいます。
サンレモ音楽祭は、常連ですが2位が最高です。
また(逢いびき)という曲が2004年の映画「オーシャンズ12」に使用され、また日本ではBS日本の番組「小さな村の物語イタリア」のオープン・エンドテーマとして親しまれています。
1993年、グランデウフィチァーレ(イタリア共和国功労勲章)を受賞しました。
貼り付けた曲はあえて、ジーノパオリとのデュエットの曲にしました。


フィオレッラ・マンノイア


ローマ出身。今年のお誕生日で61歳。
2005年、イタリア共和国功労ウフィチァーレの勲章を受け取りました。
サンレモ音楽祭は常連ですが大賞は取っていません。
プロデュースとしても大活躍。
この曲は好きですね。


ロレッタ・ゴッジ

ローマ出身、今年のお誕生日で65歳。
サンレモ音楽祭では2位。
歌手のほか、女優、司会者など特に1980年代に大活躍しました。
現在は、歌の番組などの審査委員で活躍しています。


リッキ・エ・ポーヴェリ

フランコ・ガッティ、ジェノヴァ出身、今年のお誕生日で73歳。
アンジェラ・ブランバーティ、ジェノヴァ出身、今年のお誕生日で68歳。
アンジェロ・ソットジュー、サルディーニャ島の郊外出身、今年のお誕生日で69歳。

イタリアを代表するポップミュージックグループ歌手。
デビュー当時は4人(男2人、女2人)のグループでしたが、1981年にマリーナ・オッキエーナが脱退しました。

サンレモ音楽祭では、大賞を獲得しています。2位が2度あります。合計12回出場。
その中でも、この曲が可愛くて素敵です。

ロレッラ・クッカリーニ

ローマ出身。今年のお誕生日で50歳。
有名司会者ピッポ・バウドが気に入り、芸能界へデビューしました。
歌手、ダンス、司会者となんでもこなすマルチタレント。
貼り付けの曲は当時彼女が主役の人気番組のテーマ曲。
可愛い曲なので選びました。
サンレモ音楽祭には出場もしましたし、また、司会者(ピッポ・バウドのアシスタント)としても出場しました。
2011年、イタリア共和国功労勲章(コンメンダトーレ)を受賞しました。


ジャンナ・ナンニー二

シエナ出身、今年のお誕生日で59歳。
シエナの国立音楽院ピアノ科卒業。作曲も学ぶ。
ロック歌手。若いころから活躍されています。ドイツでも有名。
実家は老舗のお菓子屋さん。現在、弟(アレッサンドロ、元F1レーシングドライバー)が継いでいます。
2010年、56歳で初めて子供を授かったことは非常に有名。
サンレモ音楽祭にはゲスト出演したり、出演者の曲を手掛けたりしました。
この歌が好みですね。

ラウラ・パウジーニ

今年のお誕生日で41歳。ラヴェンナ郊外の出身。
サンレモ音楽祭は最優秀新人賞を獲得しました。
スペイン語アルバム(Escucha)でイタリア人女性アーティストとしては初めて、グラミー賞(ベスト・ラテン・ポップ・アルバム部門)を受賞しました。
その後、2006年、イタリア共和国功労勲章(コンメンダトーレ)を受賞しました。

この張り付けた曲が大好きでCDを買いました。

ジョルジャ
今年のお誕生日で44歳。ローマ出身。
イタリアのホイットニー・ヒューストンと言われている人です。
(実際に同じ先生に習っていたといわれています。)
サンレモ音楽祭では大賞を取っています。
この人の好きな歌はいっぱいあるのですが、あえて、この歌を貼り付けします。
ジーラソーレとは、ひまわりという意味です。
私はひまわりの花が昔から大好きでしたので、この曲はとっても気に入っています。


イレーネ・グランディ

フィレンツエの出身。今年のお誕生日で46歳。
ポップ、ロック歌手。
サンレモ音楽祭ではヴァスコ・ロッシが彼女のために書いた曲で2位を獲得。
かわいいらしくて、感じのよい人柄がポイント。
貼り付けた曲はかわいいのでこれにしました。


エリーザ
今年のお誕生日で38歳。トリエステの出身。
サンレモ音楽祭で大賞を取っています。
繊細な歌い方をします。
貼り付けの曲はあえて、大好きなこのリガブーエとのデュエットの曲にしました。



いかがでしたでしょうか?
イタリアへ旅行に来た時にはぜひ、どなたかのCDを記念に購入してもいいと思います!
私も今回、ブログで3回にわたってイタリアのポップス音楽をまとめ、久しぶりにすきだった思い出の曲をじっくり聞き、いい曲はいつ聞いても心に沁みるものなんだと深く感じました。
また、同時にその当時の自分のことをちょっぴり思い出しました。
懐かしいですね。


ケイコ♫ ♪ ♫

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2015年1月18日
« 前の記事「イタリアのポップス音楽 ♫ ♪ ♫(男性編2)」へ
»次の記事「フィレンツェの新しいオペラ劇場"Opera di Firenze" でベッリーニの清教徒を鑑賞」 へ
おすすめ記事
    ラ・スペツィア特派員 新着記事
    <お知らせ・急募>ラ・スぺツィア特派員を募集しております!
    夏イタリア人が海岸でよく食べるものってな~んだ?!
    イタリアのスーパーに売っている安くて美味しいビールをご紹介!
    サンジョルジョ城までピッパとお散歩!
    サンカルロ歌劇場へマノン・レスコーを鑑賞
    久しぶりにナポリ国立音楽院へ恩師のピアノリサイタルを鑑賞
    初めてイタリアン紳士ワイシャツのオーダーメイドへ
    10年ぶりに在イタリア日本国大使館でパスポートを更新!

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/14更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラ・スペツィア特派員

      ラ・スペツィア特派員
      マイエル ケイコ
      大学卒業後、中学教員を経てイタリアミラノへ渡伊。フィレンツェ、ローマ、ナポリにも在住。昨年7月よりラスペツィアに移住。ローマ国立アカデミアサンタチェチーリア、イタリア国立音楽院修了。愛の妙薬でイタリアオペラデビュー。イタリアと日本で音楽活動を行う。趣味はF1観戦、ハーブティーを毎日飲む、メルカート(青空市場)で掘り出し物探し。ヨガ、ドッグシッター。兵庫県出身

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集