海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ラ・スペツィア特派員ブログ > フィレンツェの新しいオペラ劇場"Oper...

イタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ マイエル ケイコ

イタリア・ラ・スペツィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月 1日

フィレンツェの新しいオペラ劇場"Opera di Firenze" でベッリーニの清教徒を鑑賞


メール プリント もっと見る

フィレンツェの新しいオペラ劇場"Opera di Firenze" でベッリーニの清教徒を鑑賞


皆さん、こんにちは!

今回は、先日フィレンツェの新しいオペラ劇場でベッリーニ作曲清教徒のオペラを見に行ってきましたのでご紹介します。


さて、私の一番大好きな作曲家でもある、ヴィンチェンツォ・ベッリーニ、シチリア、カターニアの出身で、18歳の時にナポリの王立音楽院(現在の国立音楽院ですが、場所は移っています。)へ入学、在学中に音楽院内で公演されたオペラの処女作、アデルソンとサルヴィーニが認められ、その後、オペラ、ビアンカとジェルナンド海賊と相次ぎ成功されました。


Vincenzo_bellini.jpg


30歳になるとオペラ、夢遊病の女をミラノで発表し大好評を博しますが、彼自身では管弦楽法の未熟さに納得ぜずにもう一度研究されその後オペラ、ノルマで大成功を得ました。


しかしながら、2年後にヴェネツィアで初演された、テンダのベアトリーチェが不評に終わり、失望したベッリーニは、念願のパリに移住し、パリの歌劇場、イタリア座からの依頼を受けて作曲されたグランドオペラがこの清教徒、約一年かかってベッリーニが作曲された最後のオペラでもあります。

なぜならば、病気?!(噂では、毒殺されたとも言われています。)のために34歳の若さで短い生涯を閉じました。

ベッリーニは、ロッシーニやドニゼッティと共に19世紀前半のイタリアオペラ界を代表するベルカントの天才作曲家で、中でも特にベッリーニについてはショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらの賞賛と愛情の言葉を得ている事で知られています。

父親も祖父も音楽家であり、音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童でありました。

最後のイタリア5000リラ紙幣の肖像がベッリーニだったことは皆さんもご存じのはず!


Lire_5000_(Vincenzo_Bellini).jpg

軽い声のテノール(コロラトゥーラテノール)や現在は軽いソプラノ(コロラトゥーラソプラノ)のアリアが有名なこのオペラ。
(ソプラノに関していえば、ベッリーニはソプラノの重い声の人のために作曲していました。)
バリトンの歌も聞きごたえがあります。
2重唱もコンサートでよく歌われるようになりましたが、オペラ自体はマイナーなオペラで世界的には開演数が少ないほうです。

このオペラをフィレンツェに新しくできたオペラ劇場で鑑賞ができてとても幸せでした。


DSCN2024.JPG


フィレンツェの中央駅から約1キロ程度にあるこの新しい現代オペラ歌劇場

DSCN2025.JPG


DSCN2026.JPG


入口に入ってみるとまだまだおニューの匂いがしてました。


DSCN2027.JPG


音響は場所にもよりますがなかなかのいい評判で、形は伝統的な円形型ではなくアリーナ型です。


DSCN2028.JPG

1800人収容するこのホール、2011年9月、ズビンメーター指揮、ベートーヴェンの第九で開催されましたが(一般公開せず関係者のみで行われました。)
その後、許可がでるまで約2年かかり、2014年5月に正式にオープニングセレモニーが行われました。

そして、9月から本格的にオペラやコンサートをする様になりました。

内装は日本人もホッとする木材でできています。

今回はゲネプロを聞きに行きましたので、関係者や知り合いの人たちがたくさんいて、緊迫していました。

終了後、楽屋へ入ることができました。

そして、独占で主役のイタリア人、日本へも度々来日された、若手大人気のコロラトゥーラテノール、アントニーノ・シラグーザ氏のインタビューが実現できました。

アントニーノさんは、普段はロッシーニオペラをよく歌っていますが、最近ではベッリーニオペラにも積極的に歌うようになり、そしてシチリア出身の彼は、ベッリーニオペラが歌えることはとても幸運ですと、それから、ベルカントのオペラなので長いフレーズで常に歌うことが今回の課題であり、テノールには有名な高音の出てくるアリアが一幕の初め、舞台に出てからすぐに歌うので、そのあとのテンションを終幕の最後まで保つことが大切だとおっしゃっていました。

とても気さくで、感じのよい方で奥様、2人の息子さん、義理の父さんが付き添いで、家族が一丸となって彼を支えていました。

今後のオペラ公演の予定は、ウイーンでセビリアの理髪師、トリノでイタリアのトルコ人、バルセロナでドンパスクアーレ、ウイーンでシンデレラ、ナポリでドンパスクアーレなどです。

日本にも清教徒のオペラで来日されましたし、東京と大阪でソプラノのエヴァ・メイと共演でリサイタルをされました。

キングレコードからカルーソ、トスティ、ドニゼッティなどの集曲されたCDが発売されています。


ベッリーニオペラ、清教徒


簡単なあらすじ


全3幕ありますこのオペラは、17世紀の清教徒革命時代のイギリスを舞台としています。王党派の騎士アルトゥーロに恋するエルヴィーラは、父親の意向で清教徒のリッカルドと結婚することになっていましたが、伯父ジョルジョの説得によって、アルトゥーロとの結婚が許されます。しかしながら、彼は使命感から先の王妃を救出し、結婚式の場から逃走してしまうのです。彼が王妃と逃げて裏切られたとエルヴィーラは狂乱します。しかし最後には二人はめでたくハッピーエンドで終わります。


演出家 ファビオチェレーザ


グァルティエーロ・ヴァルトン
ジャンルーカ・ブッラット、リッカルド・ザネッラート(1月30日、2月1日、4日)のダブルキャスト。

エルヴィラ
ジェッシカ・プラット、マリア・アレイダ(2月1日、4日、10日)のダブルキャスト。
リッカルド
マッシモ・カヴァレッティ、ジュリアン・キム(2月1日、4日、10日)のダブルキャスト。
アルトゥーロ
アントニーノ・シラグーザ、ジェース・レオン(2月1日、4日、10日)のダブルキャスト。
エンリケッタ
ロッサーナ・リナルディ、マルティーナ・ベッリ(2月1日、4日、10日)のダブルキャスト。
ブルーノ・ロベルソン
サヴェーリ・オフィオーレ
ロード・グアルティエーロ
ジャンルーカ・マルゲーリ他


日程

  
1月28日(水)20時半
  
1月30日(金)20時半
  
2月1日(日)15時半
   
2月4日(水)20時半
   
2月5日(木)20時半
   
2月10日(火)20時半

I Puritani

DI VINCENZO BELLINI


Artisti

Direttore
Matteo Beltrami

Regia
Fabio Ceresa

Scene
Tiziano Santi

Costumi
Giuseppe Palella

Luci
Marco Filibeck

Movimenti coreografici
Nikos Lagousakos

Assistente movimenti scenici
Riccardo Olivier

Orchestra e Coro del Maggio Musicale Fiorentino


Giorgio Valton
Gianluca Buratto/ Riccardo Zanellato (30/01, 01-04/02)

Elvira, figlia di Gualtiero
Jessica Pratt / Maria Aleida (01-04-10/02)

Riccardo
Massimo Cavalletti / Julian Kim (01-04-10/02)

Lord Arturo Talbo
Antonino Siragusa / Jésus Léon (01-04-10/02)

Enrichetta
Rossana Rinaldi / Martina Belli (01-04-10/02)

Bruno Robertson
Saverio Fiore

Lord Gualtiero
Gianluca Margheri

Performer - Fattoria Vittadini
Mattia Agatiello
Pablo Andres Tapia Leyton
Alexander McCabe
Riccardo Olivier
Daniele Pennato
Claudio Pisa

チケット売り場、お問い合わせ、インフォメーション

Opera di Firenze

住所、Piazza Vittorio Gui
(Viale Fratelli Rosselli, 7)
50123 Firenze
電話番号、+39 055 2779.350
biglietteriaonline@maggiofiorentino.com

チケット売り場は、月曜日14時から18時、火曜日から土曜日は10時から18時に開きます。そして、当日オペラが始まる1時間前にも開きます。


DSCN2029.JPG


私も今回のゲネプロを鑑賞し、シラグーザさんともお話ができてパワーをいっぱいいただきました!

ありがとうございました!

ケイコ


地図

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年2月 1日
« 前の記事「イタリアのポップス音楽 ♫ ♪ ♫(女性編)」へ
»次の記事「ピノッキオが誕生した場所にある"ホテル コッローディ フィレンツェ"に宿泊!」 へ
おすすめ記事
    ラ・スペツィア特派員 新着記事
    <お知らせ・急募>ラ・スぺツィア特派員を募集しております!
    夏イタリア人が海岸でよく食べるものってな~んだ?!
    イタリアのスーパーに売っている安くて美味しいビールをご紹介!
    サンジョルジョ城までピッパとお散歩!
    サンカルロ歌劇場へマノン・レスコーを鑑賞
    久しぶりにナポリ国立音楽院へ恩師のピアノリサイタルを鑑賞
    初めてイタリアン紳士ワイシャツのオーダーメイドへ
    10年ぶりに在イタリア日本国大使館でパスポートを更新!

    イタリア ツアー最安値


    2018/2/20更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラ・スペツィア特派員

      ラ・スペツィア特派員
      マイエル ケイコ
      大学卒業後、中学教員を経てイタリアミラノへ渡伊。フィレンツェ、ローマ、ナポリにも在住。昨年7月よりラスペツィアに移住。ローマ国立アカデミアサンタチェチーリア、イタリア国立音楽院修了。愛の妙薬でイタリアオペラデビュー。イタリアと日本で音楽活動を行う。趣味はF1観戦、ハーブティーを毎日飲む、メルカート(青空市場)で掘り出し物探し。ヨガ、ドッグシッター。兵庫県出身

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集