海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ラ・スペツィア特派員ブログ > イタリアの新大統領にセルジョ・マッタレッラ氏

イタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ マイエル ケイコ

イタリア・ラ・スペツィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月 3日

イタリアの新大統領にセルジョ・マッタレッラ氏


メール プリント もっと見る

イタリアの新大統領にセルジョ・マッタレッラ氏


皆さん、こんにちは!

日本では今日節分の日ですね!いいなあ。
私もこっちで鬼は外福は内をしよっと!!!
(お豆さんはイタリアの乾燥豆になりますが。。。笑)
太巻きガッツリ食べたいなあ。。。ああ、日本食が恋しい。。。もう、限界かもです。
今年はどちらの方向で食べるのでしょうか?

さて、今回は、高齢を理由に今年1月14日に辞任したジョルジョ・ナポリターノ前大統領(89歳)の後任に、イタリアの新大統領が今日正式に決まりましたのでお伝えします。


国王や日本のように天皇がいる国では大統領は存在しませんので、馴染みが薄く、日本人にはあまりピーンとこないと思いますが、外国では、アメリカを初め、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、中国(国家主席と呼びますが内容は大統領みたいなもの)韓国などが大統領制度です。


基本は、国ごとに首相と、大統領の違いを見るしかないのですが、
一般的には、国民は直接選ばずに、国民が選んだ国会議員がその後決めるのが首相で、国民が選挙で直接選ぶのが大統領です。


しかしながら、イタリアの大統領の場合、議会議員と州代表による選挙によって決まります。(首相に関しては大統領が最終的には指名しますが、議会が決める場合や選挙で代表者を決めてその中から選ばれる場合もありますし、その時々で変更があります。)

任期は7年です。

今回は、1回目から3回目までは3分の2を超える得票は獲られず、巷では、イタリアに初の女性大統領が生まれるかも?!とか、久しぶりに右派から?!と噂され、テレビでも色々な番組で誰が大統領に?!と興味津々でしたが、1月31日、4回目の投票で、セルジョ・マッタレッラ氏(73歳)が過半数の505票を大幅に上回る665票を得ました。


マッタレッラ氏はシチリア、パレルモの出身で、初めてシチリアから大統領が誕生しました。現在、憲法裁判所裁判官、以前には副首相や文部相、国防相などを歴任し、元左派(現在は中立だそうですが。)で政界の信頼が厚く民主党のレンツィ政権にとって今後メリットだと言われています。

そして本日、2月3日午前10時、首都ローマにある下院で宣誓し、12代目のイタリア大統領に正式就任されました。


マッタレッラ氏には、実は悲しい過去があり、その昔、実弟がシチリアの知事だったのですが、1980年1月6日にマフィアに殺される事件がありました。


1970年後半から1980年代はマフィアの力が強かった時代で、政治家を初め、裁判官、弁護士などがよく殺されました。

そして残念ながら奥様はすでに他界されていて、国によれば伴侶がいない場合は、大統領になることができない可能性もあると言われていますが、イタリアの国に関してはそんなことはありませんでした。

彼の父親や兄弟も政治家でいわゆる政治家一家です。3人の子供がいます。
実父が政治家だったために高校生からローマに住み、大学は1964年、ローマのラ・サピエンツァ大学法学部を最高点110e lode (ローデ)で卒業。

個人的には、イタリアの現在の首相は、元フィレンツェの市長で最年少で首相になられたマッテ―オ・レンツィ氏、新大統領セルジョ・マッタレッラ氏がシチリアの出身なので、これからはさらにイタリアの国が北、南でうまく調和できるようになり、少しでも市民の心の痛みがわかる、そしてイタリアの国がポジティブに発展してくれたらなと期待しています。

といってもイタリアは大統領は国家元首として儀礼的な役目を果たすのみで象徴に近いので権限はさほどありませんが。。。しかしながら、国会議員でもなんでもなかったマリオモンティ氏を当時大統領だったナポリターノが推薦し、その後モンティは首相になれましたし、時々急に政治の力も発揮できる人物で、政府や軍に対する指示や、全ての公務員の任命権や指名権を持っています。12月31日には、毎年恒例大統領年末のご挨拶が生中継されますし、やはり国の代表的な役割をしますので、誰でもいいというわけにはいきません。
もちろん、誠実で、地味で、真面目で、清く正しく美しく活動をされた方が大統領には選ばれるようです。


イタリア語のサイトを見つけました。良かったらご覧くださいね!



ケイコ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2015年2月 3日
« 前の記事「ピノッキオが誕生した場所にある"ホテル コッローディ フィレンツェ"に宿泊!」へ
»次の記事「ラ・スぺツィア近郊にある有名なカーニバルの街といえば?"ヴィアレッジョ・カルネヴァーレ"」 へ
おすすめ記事
    ラ・スペツィア特派員 新着記事
    <お知らせ・急募>ラ・スぺツィア特派員を募集しております!
    夏イタリア人が海岸でよく食べるものってな~んだ?!
    イタリアのスーパーに売っている安くて美味しいビールをご紹介!
    サンジョルジョ城までピッパとお散歩!
    サンカルロ歌劇場へマノン・レスコーを鑑賞
    久しぶりにナポリ国立音楽院へ恩師のピアノリサイタルを鑑賞
    初めてイタリアン紳士ワイシャツのオーダーメイドへ
    10年ぶりに在イタリア日本国大使館でパスポートを更新!

    イタリア ツアー最安値


    2018/2/17更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラ・スペツィア特派員

      ラ・スペツィア特派員
      マイエル ケイコ
      大学卒業後、中学教員を経てイタリアミラノへ渡伊。フィレンツェ、ローマ、ナポリにも在住。昨年7月よりラスペツィアに移住。ローマ国立アカデミアサンタチェチーリア、イタリア国立音楽院修了。愛の妙薬でイタリアオペラデビュー。イタリアと日本で音楽活動を行う。趣味はF1観戦、ハーブティーを毎日飲む、メルカート(青空市場)で掘り出し物探し。ヨガ、ドッグシッター。兵庫県出身

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集