海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

日本で年末恒例のクラシック音楽といえば、ベ-トベンの第九交響曲。

とりわけ最後の合唱部分は、誰もが口ずさむことができるほど有名な曲ですよね。

その合唱部分の歌詞は劇作家で詩人のシラ-が作詞したもので、実はシラ-がライプツィヒ滞在時に書いたものなのです。
(画像はすべて、ライプツィヒ・シラ-ハウス所属の歴史博物館から掲載許可を得ております。)

Shiller.jpg


ライプツィヒの中心部からトラムで10分ほどのところにある、ゴ-リス地域。

その一角にシラ-が当時滞在した小さな農家の家が残っており、シラ-ハウスとして見学できるようになっています。

Schillerhaus soto.jpg


この建物はもともとは1717年に建てられた古い農家の建物でした。

当時軍医の仕事を辞めて、マンハイムの劇場で劇作家として従事していたシラ-は、

劇場との契約を延長できず、また借金の返済にも行き詰まり、失意の日々を送っていたところ、ライプツィヒの4人の人物から招待されたのをきっかけに、シラ-はライプツィヒに滞在。25歳だったシラ-は、この農家の家に1785年5月から9月までの5カ月間を過ごしました。

Shiller jihitsu.jpg
*シラ-の自筆


実際に過ごしていた部屋は、2階の角の部屋。

Zimmer soto.jpg


中に入って2階に上がって左の部屋です。

Zimmer naka.jpg


この部屋の床は当時のまま。300年以上の年月が経っていますから歩くとミシミシと軋みます。

この部屋で、1785年に第九の合唱部分の歌詞、An die Freudeを作詞しました。

マンハイムでの失意の毎日と打って変わって、ライプツィヒでは自分を受けれてくれる人々に囲まれ、自分の考えを自由に表すことができる喜びの毎日だったそうです。それは彼の詩の中にも表れており、第九の歌詞の有名な部分、「すべての人々が兄弟になる」といったところなど、当時としては革命的な考えだったそうです。

この歌詞をベ-ト-ベンが合唱部分に取り入れ、第九交響曲が1824年5月7日にウイーンで初演されたのです。

こちらはベ-ト-ベンが書いた楽譜のコピ-。

Gakufu.jpg

有名な下りの、「Freude, schöner Götterfunken,..」という箇所が下の方に見えますね。



シラ-が住んでいた部屋には、実際に使われていたものも展示されていますよ。

テ-ブル

Tisch.jpg


洋服

Fuku.jpg



ちなみに、日本でベト-ベンの第九が初めて演奏されてから今年でちょうど100年になります。毎年年末に演奏されるのが、今では恒例となっていますが、ドイツでは日本のように年末に演奏されることはあまりありません。しかしライプツィヒでは毎年大晦日にゲヴァンドハウスオ-ケストラを中心として演奏するのが恒例となっています。そして、ライプツィヒで大晦日に第九が演奏されるようになって、今年はこちらも、ちょうど100年になります。

クラシック音楽ファンの方必見の、ライプツィヒ観光名所のひとつです!

シラ-ハウス情報

Schillerhaus

Menckestraße 42

04155 Leipzig

Schillehaus-leipzig@leipzig.de

開館時間

4-10月 10-17時 (月曜日休館)

11-3月 11-16時 (月、火曜日休館)

最寄りの駅

トラム4番 Menckestraße下車すぐ


2018年6月18日

ミュンヘンの南90キロ、イン川のほとりに佇むバイエルン州の古都アルトエッティング。週末を利用して行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

この町は、カトリック教徒巡礼の地として知られています。

地元ドイツだけでなく世界中から、毎年100万人のカトリック教徒がこの地を巡礼に訪れます。

また、これまで3人のロ-マ法王がこの地を訪れています。

1782年にピウス6世、1980年11月18日にはヨハネ・パウロ二世、そしてアルトエッティング近郊の町Marktlで生まれた前ロ-マ法王、ベネディクト16世は、2006年9月11日に訪れました。

カトリック教徒にとっては、最も重要な町の一つなのですね。

こちらがアルトエッティングの中心、カペル広場(Kapellplatz)。

Kapellenpatz.jpg



その中心に建つ小さな教会、慈悲教会(Gnadenkapelle)。

この教会をめざして、世界中から巡礼者が押し寄せます。
Gnadenkapelle.jpg


このチャペルの8角形をした基礎部分は、なんと西暦700年頃にできたとのこと。

そして、このチャペルの奥に立つ70センチほどの大きさの木製の聖母マリア像。
(チャペル内部は撮影禁止のため、教会の承諾を得てここではパンフレットの画像を掲載しています。)

Maria Hinten2.jpg

画像提供:Bischöfliche Administration der Kapellstiftung, Altötting(承諾済)

この像は1330年頃に作られました。そして1489年に事故で重体になった男の子が聖母マリアに助けを求めた後に生還するという奇跡が起きたのを機に、それ以降まさにこの像をお参りすることが、巡礼の目的となったのでした。

Maria2.jpg

画像提供:Bischöfliche Administration der Kapellstiftung, Altötting(承諾済)


また、このチャペルでは、バイエルンの初代公爵が洗礼を受けた場所という伝説があるそうです。そして、ヴィッテルスバッハ家の著名人、たとえば選帝侯や王様の心臓が保管されています。

なかでも、有名なのがルードヴィッヒ2世の心臓。
Herzulme2.jpg

画像提供:Bischöfliche Administration der Kapellstiftung, Altötting(承諾済)


有名なお城、ノイシュヴァインシュタイン城を建てたバイエルンの王様ですね。



そして8角形の教会の周りには、数世紀に渡って巡礼者が書いたいった2000枚ほどの

奉納額が所狭しと飾られています。
Votiftafel1.jpg



天井にもぎっしり。
Votivtafel dach.jpg



事故や病気で瀕死の状態から聖母マリアの慈悲のお陰で助けられた、といったいろいろな具体的な話が書かれています。

こちらは1800年代に書かれたものですね。
Honougaku alt.jpg



たとえばこの奉納額では、子供が事故で頭から瞼までの皮膚がはがれる大けがをし、3年たっても傷が癒えず悲惨な状態であったところ、アルトエッテイングのマリア様をお参りして御頼りしたところ、3か月で傷が完治したことに感謝いたしますと書かれています。
Honogaku kind.jpg



宗教色の濃いアルトエッティング。他にもいろいろな教会がありますが、

慈悲教会は、是非とも訪れていただきたいチャペルです。

毎日5時30分から20時30分まで開いていますが、午前6時から11時までは一時間おきに礼拝が行われていて、小さなチャペルは多くの信者でいっぱいになります。午後も礼拝が行われる日もありますが、午前中よりは見学しやすいかもしれません。

また、18時以降は信者個人のお祈りのため静寂の時間とされていますので、とりわけ静かに見学しましょう。


yoru.jpg


独特な宗教的な雰囲気に包まれた町、アルトエッテイング。バイエルン州へ行かれたら是非立ち寄ってみてください。




2018年6月 9日

旧東ドイツの町、マグデブルグをご紹介いたします。



ザクセン・アンハルト州の州都でもあるマグデブルグは、ドイツで最も古い歴史のある町の一つです。世界史の教科書にも登場した、オット-大帝がこの町ゆかりの歴史上の人物。962年に神聖ロ-マ帝国の皇帝となったことで知られるオット-大帝は、937年にマグデブルグにベネディクト修道院St.Mauritiusを設立し、そこが今のマグデブルグ大聖堂の起源となっています。

さらには、968年オット-大帝はマグデブルグに大司教座を置き、ハルバ-シュタットから独立して大司教区となりました。そして、ハ-フェンブルグ、ブランデンブルグ、マイセン、メルゼブルグ、ツァイスが、その属司教区となったのでした。

そのマグデブルグ大聖堂には、オット-大帝と妻のエディタが共に埋葬されています。

ドイツで最初のゴシック建築といわれるマグデブルグ大聖堂。(正式には聖マウリティウス大聖堂と聖カタリ-ナ教会といいます。)

Dom Gaikan.jpg



中に入ると、冷んやり。冬場は教会内は氷点下になることもあるそうですよ。

(以下教会内部の画像につきましては、教会事務所から本ブログでの使用許可をいただいております。)

Dom naka.jpg

手前の洗礼盤は、なんと2世紀につくられたものだとか。


オット-大帝のお妃エディタの棺。
Editha.jpg


教会の一番奥の聖なる空間に、973年に亡くなったオット-大帝の棺が置かれています。

Otto.jpg



その横の古い聖歌隊の樫の木の椅子も古く、1363年のもの。

キリストの生涯を描いた木の彫刻がまた見事です。

Chor.jpg

さらに

聖カタリ-ナの石像

St.Katharina.jpg


聖マウリティウスの石像

St.Maulitius.jpg

いずれも1250年に造られたものです。

ちなみに聖マウリティウスは、エジプト出身のロ-マ人でカトリックの殉教者。

聖マウリティウスの黒人像としては、この像がヨ-ロッパで最も古いものです。



また、元は修道院でしたから、古めかしい回廊も残っています。

Kloster.jpg



マグデブルグ大聖堂 ( Dom zu Magdeburg)

Remtergang 2

39104 Magdeburg

見学時間

5-9月 10-18時

10月 10-17時

11-3月 10-16時

4月 10-17時

*日曜及び教会祝祭日は11時30分から


見学料 無料

写真撮影代 2ユ-ロ



またマグデブルグには、この歴史的な大聖堂と対照的な建物も存在します。

それは、オーストリア人建築家フンデルトヴァッサ-の斬新な建築。

Hundertwasser1.jpg


このフンデルトヴァッサ-最後の建築作品は、2005年10月3日からこの町にそびええいます。

Hundertwasser2.jpg



大聖堂とのコントラストが面白い建物ですね。

古い歴史と現代芸術が混在するマグデブルグ。一見の価値ありです!



2018年6月 2日
2018年5月21日
2018年5月14日
2018年5月 8日
2018年5月 2日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで支局スタッフとして21年間従事していたが、支局閉鎖に伴い現在は公私ともにライプツィヒに腰を落ち着かせている。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集