海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


旧東ドイツ時代、市民を震撼させた秘密警察、シュタ-ジ(国家保安省)。

当時各地にその関連施設があったようですが、ここライプツィヒにも、この地域のシュタ-ジ支部がおかれていました。角が丸い建物なので、ルンデン・エッケ(丸い角)と当時から呼ばれていました。


Gaikan.jpg



1989年秋の平和革命の後、12月4日にこの建物は市民に占拠され、シュタ-ジの存在は名実ともに消え失せました。そして翌年から、当時の市民運動家達により博物館となって一般に公開されています。

入口の看板には、「1950年-1989年までここにライプツィヒ国家保安省ライプツィヒ支部がありました。月曜デモが行われていた中、1989年12月4日に市民が占拠しました。」と記載されています。

Kanban.jpg


シュタ-ジは徹底的に東ドイツ市民を監視し、また非民主的な扱いを受けて命を落とした市民が多く存在したことは、皆さんもご存知だと思います。この博物館では、当時使用していたさまざまな装置が展示されていますので、シュタ-ジがどのようなことをして監視活動をしていたのかが、手に取るようにわかります。

Zimmer mit verschiedene Geräte.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

たとえば、盗聴器、録音機、盗聴カメラなど、スパイ映画にでてくるような装置が続々と並びます。

こちらは、電話の会話を録音していた機械。

Rokuonki.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

録音てテープは西側から手に入れた当時のカセットテ-プだったそうです。

また、当時ライプツィヒを発着する手紙を、一日に1500から2000通検閲していました。手紙を開ける機械、封をする機械、偽造のスタンプなどが展示されています。

こちらは開けた手紙を再び閉じる機械。

Tegaminokikai.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

ちなみに、検閲された手紙のうち、3-5%は没収され、受取人に届くことはなかったそうです。



手紙類のみならず、あの手この手で人物をも監視していたシュタ-ジ。

時には変装して、疑惑の人物に近づいて調査をしていました。

こちらは、変装道具。

Hensougu.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

また、匂いの嗅ぎわけといったスパイ育成に関するものも目を見張ります。

こちらはその匂いのサンプル。

Nioi.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

また、さまざまな記録資料は写真におさめたり、防水性のある容器にいれて保管され、有事の際には地下壕に移動させる準備をもしていたという周到さ。

こちらは、その容器。

Behälter.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

ちなみに、1989年の10月の平和革命の後、11月にはシュタ-ジが保管していた書類を破棄しはじめたが、12月4日に市民が占拠。そして書類の破棄をある程度妨げることができました。今でも、それらの書類は、博物館内の文書館に保管されており、閲覧ができるようになっています。

また当時の執務室も保存されています。

Dienstzimmer.jpg

Gedenkstätte Museum in der „Runden Ecke” mit dem Museum im Stasi-Bunker 撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

壁には、ホ-ネッカ-の古びた絵が見えます。

一般に音楽の都として知られるライプツィヒですが、旧東ドイツ時代の歴史という別の一面がわかる、衝撃的な博物館です。とりわけ歴史好きの方は是非足をお運びください!




旧国家保安省記念館

Gedenkestätte Museum in der „Runden Ecke”

Dittrichring 24

04109 Leipzig

http://www.runde-ecke-leipzig.de

最寄りの停留所: Goerdelerring (市電4・9・12・13・14・15番)

会館時間: 月-日 10-18時

入場無料





2018年11月29日

ドイツの11月といえば、暗くてジメジメした天候なのが普通なのですが、今年は異常といってよいほど暖かい日が続いています。

夏も異常なほど暑い日が続き、10月も夏日があったほどでした。

11月は通常10度を大きく割る、日本の冬のような気温ですが、目下のところ15度前後のぽかぽか陽気です。

また秋は、キノコ狩りの季節。こちらも通常11月にはもうほとんど採れないところ、今年は沢山とれています。

私も森にキノコ狩りに行ってきました。

Steinpilz1.jpg

ありました!


Steinpilz2.jpg

10月までは、雨が少なく乾燥してたためか、11月になってようやく出てきたようなので、虫食いもなくとっても新鮮。

しかも、ポルチ-ニ(ドイツ語ではシュタインピルツ)ばかり籠いっぱい採れました。


Korp.jpg



自宅で早速お料理。

Zubereitung.jpg



リゾットにしたり


Risotto.jpg


パスタにしたり。


Pasta.jpg



秋の味覚ですね。

来週末までまだこの過し良い気候が続くようですよ。この時期ドイツに来られる方は、暖かい秋をエンジョイしてください!




2018年11月11日

皆さんがドイツ国内を移動される際には、ドイツ鉄道を利用されることが多いのではないでしょうか。

ICE.jpg

駅での買い方は、以前の記事「ドイツ鉄道の切符の買い方と、ICE/ICの乗車方法」をご覧くださいね。

実際に窓口で買う際に、いろいろな種類の切符があることに戸惑われるかもしれません。切符の種類の条件も時々変更になりますが、今回は今の現状を、ご案内したいと思います。




ICE Innen.jpg


通常、ドイツ鉄道の切符には次の3種類があります。

高い順に、

1 .Flexpreis (フレックスプライス)

2. Sparpreis (シュパ-ルプライス)

3. Super Sparpreis (スーパ-シュパ-ルプライス)




どんな切符かといいますと、

1. Flexpreis

いわゆる通常料金のチケットのこと。このチケットですと、予約した時刻の電車以外のどの電車でも、同日であれば自由に乗ることができます。

また、一日前までは無料でキャンセル・変更が可能。当日以降は19ユ-ロの手数料がかかりますがで可能となります。

乗車時間がはっきりしない場合には便利ですね。ただし、安くはないです。



2. Sparpries

格安チケット。予約した電車のみ有効です。しかも出発地と到着地の公共交通機関(地下鉄、バス、トラムなど)の一日券もついています。有効な範囲については、各町によって定められていますので、確認が必要です。例えばベルリンでしたら、ABCの範囲のうちAの範囲内は乗り放題になります。

各町で移動が多い場合は、得なチケットですね。

こちらも出発の一日前までのキャンセル・変更は可能です。ただしキャンセル料は10ユ-ロかかります。当日以降はキャンセル等不可となります。



3. Super Sparpris

超格安チケット。こちらは、キャンセルは全く不可です。



この2種類の格安チケットにつきましては、数量が限られているようで、出発日が近づくにつれて、無くなってしまう可能性が高くなります。

また格安チケットの値段は常に一定ではなく、その時の込み具合などで価格設定がちがうようです。

例えばライプツィヒ-ベルリン片道のチケットでは、各チケットの値段はこんな感じです。

Fahrkarte Price.jpg



運が良いと、通常チケットの半額近くで購入できることもありますよ!



ドイツ鉄道の切符を購入する際には、是非参考にしてみてくださいね。


ICE Gaikan.jpg





2018年11月 9日
2018年11月 2日
2018年10月22日
2018年10月13日
2018年10月 8日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集