海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

コロナ感染状況は徐々に改善されつつあるドイツ。ザクセン州全体ではまだまだですが、少なくともライプツィヒは人口10万人あたりの1週間の新規感染者数の合計が基準の100以下になりました。

この値が5日間続いたら、その翌々日から制限措置が緩和されます。

今日がその5日目になりますので、このまま順調にいくと13日から緩和になる予定です。



しかし緩和されるとはいえ、飲食店はまだまだ全面開店は許可されませんし、ホテルでの観光目的の宿泊も不可ですので、まだまだ厳しい状況が続きます。

そんな中、毎年6月に開催されるバッハフェスティバルが今年2021年も通常開催はされないことになりました。

2年連続とは本当に残念ですが、この状況では仕方がありませんね。




ただ、通常のフェスティバルの代わりに、今年は開催期間中6月11日から21日まで、毎日Streamによる配信が行われるようです。

また、5月末までにコロナ感染状況がさらに改善し、観客を少しでも入れらるような状況になれば演奏会も開催され、チケットの前売り販売が行われるようです。



オンラインStreamでは、世界的なバッハ演奏の第一人者による12の演奏が配信される予定です。
その中には、鈴木雅明さん率いるバッハ・コレギウム・ジャパンも2回配信されます。

チケットは1回€14で5月末から販売開始です。

詳細は5月20日よりこちらのサイトをご覧ください。



・URL: http://www.bachfromhome.live/



配信時間によっては日本の夜中の日もありますが、バッハファンの方で興味のあるかたは、ぜひご覧くださいませ。

ドイツは天候が不順でしたが、ようやく春が到来しました。

皆さま春とともに、明るい気持ちでご自愛くださいね。

096516DB-EE05-473A-BB45-8269D9501510.JPG





2021年5月11日

このところ天候不順なドイツです。5月だというのに気温が一ケタだったり、雪もちらつく日があります。かと思うと、この週末は気温28度との夏日の予報です。異常気象ですね。体調管理がなかなか難しい毎日です。




さて、コロナの感染状況は、少しずつですが改善の兆しがみられてきました。

また、ドイツのワクチン接種も少し加速されつつあり、目下のところ1回目接種率は20%を超えたようです。


そんななか、5月9日からワクチン接種者とコロナ感染からの回復者には制限措置が緩和されることが決まりました。

とりわけ直近1週間の新規感染者数の合計が100を超える地域でのさまざまな規制が緩和されます。

たとえば、夜間の外出制限(22時から5時)が免除されます。

また、私的な集まりの場合の人数制限規定も、免除されます。

さらに、感染状況によってはその日の陰性証明を必要とする、小売店への入店や理髪店の利用などの際には、陰性証明が必要でなくなります。

そして、これまでの隔離義務も免除されます。ただし、変異株が蔓延しているリスク地域からの入国の際は、隔離義務が生じます。



日本もようやく一般市民へのワクチン接種が高齢者から始まりましたね。

一刻も早く、多くの方が接種を終え、通常の生活が戻ってくることを願っています。


IMG_8596.jpg





2021年5月 8日

コロナの感染状況が改善しないドイツですが、2021年4月24日からドイツ全国で一律のロックダウンを行うことが可能となりました。

これまで国と州で合意した措置であっても、現行の感染症予防法では、実際は各州で最終的な決定を行うことができることから、ロックダウンの措置がまちまちになっていたのです。

感染状況が非常に悪い州であっても、合意事項に従わず独自の緩和措置を行っている州がけっこう多く見られました。ザクセン州もそのひとつです。

ドイツ政府は、4月23日にこの感染症予防法を改正し、翌日24日からドイツ全国一律に措置が行われるようになりました。

とりわけ、過去7日間の人口10万人あたりの新規感染者数が100を超える場合の措置が、これまで各州でまちまちになっていましたが統一されます。



まず、各地域で、上記の数値が3日連続で100を超える地域(市、郡などの自治体)では、その2日後から適用となります。



その制限措置のうち、特に日常生活に関連する内容は以下の通りです。



・ 外出制限

午後10時から午前5時までの間は、仕事や病院へ行くなどの正当な理由がない限り外出禁止。

ただし、午前0時までは、ひとりで散歩やジョギングは可能。



・ 私的な集まり

屋内、屋外を問わず、私的な集まりは、自らの世帯に加え、別世帯の者ひとりのみに制限される(14歳未満の子供はこれに含まれない)。



飲食店は引き続き閉鎖。持ち帰りのみ可能。



・ 文化施設(劇場、コンサ-トホ-ル、美術館、博物館、映画館など)は閉鎖。

ライプツィヒで毎年6月に行われるバッハフェストがどうなるのか、気になるところです。



・ 観光目的の宿泊は認められない。



・ スポ-ツはひとりかふたりで、もしくは家族のみでのみ可能。

例えば、サイクリング、テニス、ゴルフなどは、人数を厳守すれば可能になります。



・ 食料品店などの生活必需品を扱う店舗はマスク着用義務などの規制に則り開店可能。

そのほかの商店については、上記の数値が150未満の場合は、事前の予約と、当日の陰性検査結果があれば、買い物可能。



ちなみに、ライプツィヒは現在のところ上記の数字が120ちょっとですので、事前の予約と陰性検査結果があれば、買い物をすることは可能となっています。



そのほかには、上記数値による学校の授業形態なども規制されています。



この規制措置は、6月30日まで有効となりますが、上記数値が100以下になった場合は、各州で定めた規定に則ることが可能となります。

また、上記の一律規定よりも州独自でもともと定めていた規定のほうが厳しい場合には、厳しい規定を行うことができます。



あくまで、上記数値100を超えた場合の急ブレ-キ措置なのです。

といっても、ザクセン州ではすべての地域が該当しますし、ドイツ全国で見ても、ほとんどの地域が当てはまるのが現状です。



今回の措置が功を奏し、またワクチン接種も加速され、なんとかいまのコロナの状況が収束することを願っています。



IMG_8505.JPG


2021年4月28日
2021年4月21日
2021年4月 9日
2021年4月 4日
2021年3月24日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集