海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ドイツの秋は、森でキノコ狩りに行くのが楽しみの一つです。

昨年は雨が少なく暑い日が続いたので、11月になってはじめて、森でキノコに巡り合いましたが、今年は9月末から雨が続いたこともあり、その頃からキノコがニョキニョキ出てきたようです。

今年も、私達は森にでかけました。

Wald.jpg



インスタ映えしそうな、きれいな色をした茸があります。

Fliegenpilz.jpg



が、これはフリーゲンピルツという名の毒キノコ!絶対に食べないでくださいね。

さて、お目当てはポルチーニ茸。ドイツではシュタインピルツ(Steinpilz)といいます。

ちょうど出てきたばかりのようなポルチーニをいくも見つけましたよ。

Steinöilz.jpg



1時間ちょっと森の中を歩き回って、けっこう見つかりました。

Korp.jpg



ちなみに、ポルチーニ茸はスーパーなどでは手に入らない貴重な茸。

ライプツィヒではマルクトに行くと、購入できますが、ポーランド産で一キロ20ユーロちょっとします。ドイツ国産はなかなかなお目にかかりませんし、国産はやはり少し高めです。

この日の夜は、早速ポルチ-ニを炒めていただきました。

Pilzpfanne.jpg



この時期、レストランでもポルチーニなどの茸を使ったお料理を提供するお店が多いですので、秋にドイツにお出かけの方は是非、季節の食材を召し上がってみてくださいね。





2019年10月20日

世界中が注目したベルリンの壁崩壊。今年の11月9日は30周年の日を迎えます。

そのベルリンの壁が崩壊するきっかけとなった、ライプツィヒの平和革命をご存知でしょうか?
当時、ライプツィヒで毎週月曜日にニコライ教会でおこなわれていた平和の祈り。それがどんどん膨れ上がり民主化運動へと発展しました。自由とより良い生活を求めて10月9日には約7万人がライプツィヒに集結。

武器を持った警察にデモ隊は囲まれ、一発触発の事態だったそうですが、人々は暴力に訴えることなく平和的なデモを継続し、ついには東ドイツ政府が屈するに至った無血革命なのです。

この日のデモをきっかけに、旧東ドイツ各地で自由を求めるデモが行われることとなり、一か月後のベルリンの壁崩壊の大きなきっかけになったのです。

同じ年の夏には、北京での民主化運動では天安門事件が起こり、警察が市民に発砲し多くの市民が犠牲になったのは、皆さんご存知かと思います。

ライプツィヒでも同じような事態になるのではないかと、人々は大きな不安をかかえていたことでしょう。ライプツィヒ市民の勇気が称えられています。


この平和革命も、30周年を迎え、10月9日には恒例の光のフェスト「Lichtfest」がアウグストゥス広場で開催されました。

Lichtfest von Oben.jpg

撮影:©Foto:LTM/ Tom Schulze

はじめに、シュタインマイヤ-大統領、ユング市長など要人のご挨拶がありました。

残念なことに、この喜ばしい日の御昼間に、水を差すような事件がお隣の町ハレで発生。武器を持った男がユダヤ教会を襲撃しようとしたところ、幸い教会のドアが開かず中にいた80人の人々は無事だったものの、その後歩行中の女性が撃たれ、また近くのケバブ屋さんでも発砲し、合計2名の尊い命が奪われたのです。

反ユダヤ主義者、もしくは極右主義者の単独犯行とみられ、ドイツ中が大きなショックを受けました。

ユング市長は挨拶の中で、この事件の犠牲者に哀悼の意を表し、全員で黙祷を行いました。

Aufustusplatz.jpg


今年は、例年のようなパ-フォ-マンスは全くなく、当時市民がデモ行進した町の周りを、人々が自ら歩いて思いを寄せるといった、参加型の催しでした。
途中から雨が降ってきたものの、多くの市民がアウグストゥス広場に集結。当時のデモのように町の周りを各々の思いで歩きました。

途中の建物には、光による芸術的なライトアップがいくつも見られるという演出も楽しめました。

オペラの建物。
Oper.jpg





当時シュタ-ジの建物だった Runde Ecke(ルンデ エッケ)。30年前のこの日、人々はこの建物を占拠したのです。

Rundecke.jpg





ト-マス教会も芸術的なライトアップです。
Thomaskirche.jpg


ドイツ近代の歴史では負の歴史が多い中で、このライプツィヒ平和革命とそれに続くベルリンの壁崩壊は、ドイツが誇れる歴史だと思います。負の歴史のみならず、このライプツィヒ平和革命の歴史で、非暴力、平和の尊さというものを、後世にずっと伝えていって、欲しいものです。

来年も、10月9日はアウグストゥス広場にて、この光の祭典(リヒトフェスト)が行われますので、その頃ライプツィヒにいらっしゃる方は、是非ご参加くださいね。


Kerzen.jpg







2019年10月14日

ドイツで9月初め頃から約2か月間だけ楽しめる飲み物があります。

その名はフェーダーヴァイサー(Federwei-er)。いわゆるワインの新酒で、途中でブドウの発酵を止めた飲み物です。

Federweisser allein.jpg



瓶の底には白い酵母が残っていて、発酵中ですので、少し炭酸のシュワッとした感じがあります。

また、普通のワインに比べて少し濁っています。

Glass.jpg



お味は、ジュースのように甘いので、アルコールが苦手な方でおグイグイ飲めてしまいます。でも、アルコール度はけっこうあるのでご注意!

発酵があまり進んでいないものは、比較的アルコール度は低いですが、かなり進んだものは、10%ぐらいになっています。

このフェーダーヴァイサーを飲む際に食べるのが、ツヴィーベルクーヘン。

Zwiebelkuchen.jpg



日本語では玉ねぎケーキという意味ですが、ケーキといっても甘くなく、玉ねぎのキッシュのようなかんじです。


Stück .jpg

そのほか、フラムクーヘンと一緒に食してもよく合いますね。

このフェーダーヴァイサーは、スーパーなどでも手に入り、またお値段もとってもリーズナブル。1リットル3ユーロ前後ですからお得です。

ただ、発酵中ということで、きちんと蓋がされていない状態で販売されますので、購入されたら瓶を横に倒さないで持ち帰ってくださいね。

また、そういうわけで日本に持ち帰ることができないのが残念ですが、この時期ドイツにいらした方が、ドイツでめいいっぱい味わっていってくださいね。

Federweisser und Zwiebelkkuchen.jpg


2019年10月 8日
2019年10月 3日
2019年9月25日
2019年9月17日
2019年9月11日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集