海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ライプツィヒ特派員ブログ > コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェーファー玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月 9日

コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ


コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ

ロックダウン後8月に入ってから、新たなコロナ感染者数が増加傾向にあったドイツですが、このところまた少しおさまりつつあります。いずれにしろ、第一波のときのレベルではまったくありませんので、全体としてはそれほど深刻ではなく、人々はそれなりにコロナ禍の生活に慣れつつあるようです。



そんな現在のドイツでのコロナ禍の生活を、少し紹介したいと思います。

目下のところドイツは公共交通機関や屋内での買い物の際には、マスク着用が義務となっております。違反すると、最低€50の罰金が科されますが、罰金額は各州で多少違うようです。

たとえば、市電のなかではひとりとして違反することなく、マスクをして間隔をおいて座っています。


Tram.jpg



ただ、日本と同様、朝の通勤時間などは、さすがに間隔をおくのは難しいでしょうけどね。




また、ドイツ人が毎週日曜日の礼拝に訪れる教会では、2mの間隔を置くところが多く、一列おきに座るよう指示されています。

Kirche Oberelchingen.jpg



たとえば、この南ドイツの田舎町、オーバエルヒンゲンにあるカトリック教会では、オレンジ色のシールが貼られているところは座ってはいけないところで、白いシールのところは、「同一世帯の人、4人まで」と書かれています。


Sitzplatz.jpg




さて、いろいろなサークルもそろそろ活動再開となってきていますが、最も懸念されていた合唱活動も、室内での練習が徐々に可能となっています。

先日、私が所属する合唱団もある教会を借りて練習を行いました。

Chorprobe.jpg



やはり、2mの間隔を置くことが義務づけられていますので、一列おきに座り、また各列もふたりまたは3人で座って行いました。

頻繁に空気を入れ替えることが奨励されていますが、教会では難しいため代わりに頻繁に休憩をとっていました。

合唱活動は、本来隣の人の歌声を聞きながら自分の歌声を合わせていくことが大切ですから、離れて座って歌うのは理想的ではないのですが、この条件では仕方がないですね。

このように、ドイツの日常生活もコロナと共生を工夫しながら、さまざまな活動が再開されつつあります。






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2020年9月 9日
« 前の記事「ドイツはそろそろカボチャの季節!色鮮やかなカボチャが路上でも購入できます!」へ
»次の記事「毎年恒例のライプツィヒ・ワインフェスト。開催されるも、コロナによる制約が......」 へ
ライプツィヒ特派員 新着記事
ドイツの秋の味覚真っ盛り!
ライプツィヒにおける現在のコロナ関連規定
ドイツの秋に味わえるワインの新酒がおいしい!
日本はコロナのハイリスク地域の指定から解除へ! それによりドイツ入国時の隔離などが必要なくなります
ライプツィヒでは、再びコロナによる制限措置が適用へ
現在有効なザクセン州の制限措置
日本から観光でドイツ入国する場合は、再び入国が制限されることになりました!
南仏旅行で現地コロナ対策の現状
1年前の同じ月に投稿された記事
ライプツィヒ・バッハ博物館で、バッハにまつわる3人の女性音楽家の特別展開催中!
超豪華! マイセン陶器の招き猫が登場!
オ-ストリア・チロル地方、サンクト・ヨハンで宿泊するなら、ホテル・ポストが快適!
アウトドア派におすすめ!オ-ストリア・チロル地方の村、サンクト・ヨハン!

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェーファー玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリーランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集