海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ライプツィヒ特派員ブログ > 南仏旅行で現地コロナ対策の現状

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェーファー玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月29日

南仏旅行で現地コロナ対策の現状


南仏旅行で現地コロナ対策の現状

今年2021年の夏休みは南仏に行くことにして、予約を入れた6月頃は何ともなかったものの、出発前の8月初めには、コロナの状況が急激に悪化。ドイツ政府からは危険地域に指定されてしまいました。

それでも、ワクチン接種者についてはドイツへ帰国後の隔離やコロナテストは免除され、滞在期間のみ登録するのが義務づけられています。

私は幸いすでにワクチン接種済みのため上記に属しますので、とりあえあえずは大丈夫だろうということで、旅行に出かけました。

IMG_9321.JPG

その時の体験を紹介したいと思います。




私たちは車で移動したのですが、スイスを経由してフランスに入国する際には、ワクチン接種証明の提示が求められるだろうと、緊張して入ったものの、パスコントロールさえなく、素通り状態でした。ワクチン接種済みの人しかフランスは入国を認めていないはずなのですが、いいかげんですよね。陸路で入国は誰でも入れることになります。



マスクについては、お店やレストランの席に着くまでは義務づけられています。

また、観光地によっては町なかはつねにマスク着用を要請しているところもありました。

博物館では、やはり入口でコロナワクチン接種済み証明を提示する必要がありました。

IMG_9250.JPG


同じように、レストランでも入店前にコロナワクチン接種済み証明の提示が求められます。

ちなみに、この証明書は、文書でももらえますが、EU諸国内で共通のアプリとしてスマートフォンに保存もされますので、たいていはそれを見せてスキャンされます。

こちらが、私のそのアプリによる証明書です。
IMG_9051.JPG



ただ、今回思ったのは、いくら証明書を見せたところで、身分証明書は提示されないため、本人確認をしないことになりますから、たとえばワクチン接種をしてない人が、他人の接種証明をもって提示することも可能なので、あまり徹底したシステムとは思えないです。

日本の旅行者の場合、日本政府発行のワクチン接種証明書があるようですね。

恐らく、それで通用するのではないかと思いますが、実際のところは定かではないです。
いずれにしろ、日本へ帰国の際の2週間の隔離措置が緩和されない限り、実際問題として海外へ旅行することはまだまだ難しい状況であることに変わりないですね。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2021年8月29日
« 前の記事「感染者数が再び増加傾向のドイツで、新たな措置へ!」へ
»次の記事「日本から観光でドイツ入国する場合は、再び入国が制限されることになりました!」 へ
ライプツィヒ特派員 新着記事
ドイツの秋の味覚真っ盛り!
ライプツィヒにおける現在のコロナ関連規定
ドイツの秋に味わえるワインの新酒がおいしい!
日本はコロナのハイリスク地域の指定から解除へ! それによりドイツ入国時の隔離などが必要なくなります
ライプツィヒでは、再びコロナによる制限措置が適用へ
現在有効なザクセン州の制限措置
日本から観光でドイツ入国する場合は、再び入国が制限されることになりました!
南仏旅行で現地コロナ対策の現状
1年前の同じ月に投稿された記事
ドイツはそろそろカボチャの季節!色鮮やかなカボチャが路上でも購入できます!
必見!南チロルの村Prad am Stilfserjochにたたずむ古い教会St.Johannとその壁画!週に1時間だけ公開!
ボーツェンの博物館でアイスマンを見に行こう!すぐに入れるおすすめ方法を伝授!
必見!南チロル・ナトルンスにある古い教会、聖プロクルスと壁画がすばらしい!

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェーファー玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリーランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集