海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/レオン特派員ブログ

スペイン/レオン特派員ブログ 石田妙

スペイン・レオン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


¡Hola! レオン特派員の石田妙です。


レオン近郊で、ミシュランの星の獲得も近いのでは、と話題になっているレストランが、MUNA(ムナ)です。最高品質の食材を使って丁寧に作られた、驚きの絶えない創作料理を手軽な値段で楽しめる夢のような場所です。


MUNAは、ポンフェラーダ市の旧市街、テンプル騎士団ゆかりの地、ポンフェラーダ城の正面というとてもロマンチックな場所に位置します。開業したのはほんの一年前ですが、ミシュランの星つきレストランでキャリアを積んだオーナーシェフ、サムエルの腕とアイディアはすでに多くの心を掴んでいます。


20191012_162524.jpg


わたしもこれまでに2回、食事に行きましたが、レオンやビエルソ地域の季節の食材を使い、クリエイティブに表現されたお料理を楽しませてもらっています。さまざまなことを教えてくれるサムエルとの会話も、MUNAで食事をする人の楽しみのひとつです。


サムエルはレオン県ビエルソ地域の出身で、まだまだ創作料理や高級料理の文化が根づいていないこの地域で、人々にひと味違った美食体験を提供するのと同時に、多くの人に昔から親しまれてきた地元食材のポテンシャルに気づいて欲しいという願いから独立し、奥さんとこの地に開業したのだそうです。


team.jpg

(写真提供: Restaurante MUNA)


レストランのメニューは、プレートごとに注文できる前菜や一品料理と、2種類のコースが中心となっています。おすすめは、すべてのプレートがひとつの経験としてデザインされているコースです。前菜からデザートまで10種類のお料理が楽しめる Menu Experiencia は42ユーロ、15種類の Gran Menu は56ユーロです。ランチ、ディナーとも同じお値段です。これだけのボリュームや味、驚き、学びをこの値段で楽しめるのは、スペイン中探してもなかなか無いのではないでしょうか。


20191012_160830.jpg


定休日の月曜日を除くランチタイムには、前菜、2種類のメインプレート、デザート、コーヒー、ワインまたはビール1杯付きで21,90ユーロという大変おトクなコースもあります。2019年11月現在の値段です。ちょっとサービスしすぎかな、とサムエルは言っていたので、値段は変更になることもあるかもしれません。


20191012_151636.jpg


もちろんワインもビエルソやリベイラ、リスバイシャスといったスペイン北西部の産地の物を中心にこだわって選んだボトルが揃っています。お料理に合わせてマリアージュしてもらえば、間違いありません。


もし実際にミシュラン星がついて人気店になれば、予約が取りにくくなったり、値上げされたりということもあるでしょう。その前に、レオンから少し足を運んでみてはいかがでしょうか。カミーノ巡礼をちょっと休憩しての贅沢にもおすすめです。レストランはきれいめでカジュアルな雰囲気、ジーンズなどでも気兼ねなく入れます。


予約はウェブサイト またはメール(reservas@restaurantemuna.com)から。


Restaurante MUNA
住所 Calle Gil y Carrasco, 25
24401 PONFERRADA (León)


入店時間
ランチ 14:00-15:30
ディナー 21:00-23:00




2019年11月11日


¡Hola! レオン特派員の石田妙です。


秋の味覚として、日本でも伝統的に親しまれているきのこですが、スペイン人も、この季節ならではの、きのこ狩りやきのこ料理を、楽しみにしています。


レオンは、スペインで最も多くの種類の野生のきのこが採れる産地の一つです。秋になると多くの人が、近隣の森へきのこ狩りに出かけたり、レストランできのこ料理を楽しんだりするのです。


risoto de boletus con foie de trufa.jpg


私も数種類のきのこを見分けられるようになり、採れたてのきのこを自宅で料理するのが秋の楽しみになりました。先日はカラカサタケを採ってきました。きのこを探して採る作業は、ついつい夢中になってしまい、リフレッシュ効果もあるような気がします。そして採りたてのきのこは、風味や食感も、スーパーで売っているきのことは、全く異なりますね。


きのこ狩りツアーもレオンの各地で行われています。初心者でも楽しめるよう、専門家が案内してくれるので安心です。また、くれぐれもハイキング中に見つけたきのこをもぎ取ったり、ビニール袋に入れて持ち帰ったりはせず、きのこはナイフで切り取る、カゴなど通気性の良い入れ物を利用するなど、自生のきのこの繁殖を妨げない採り方に協力しましょう。


レオンで採ることのできるきのこの種類をいくつかご紹介します。


ポルチーニ
レオンの樫の木などの森で比較的よくみられるポルチーニ。日本でもイタリア料理などに、乾燥や冷凍のものが使われていることがありますが、天然ものは松茸のような香りと食感があり、とっても美味しいきのこです。


ニスカロ
レオンの松林でたっぷり採れるのが、オレンジ色が珍しいニスカロ。簡単に見つかることや、他の非食用の種類との見分けが付けやすいことから、初心者向けのきのこ。ニスカロ探しで、きのこ狩りにハマる人も少なくありません。


niscalos.jpg


エリンギ
日本でも栽培物がポピュラーになったエリンギですが、スペインでは自生のものがあり、昔から馴染み深いきのこです。冬まで採ることができ、さまざまな料理で楽しまれています。


レオン滞在中にきのこ狩りまでは…という方は、水曜日と土曜日の午前8時から午後2時に、マヨール広場で行われている、市場にお出かけになると、きのこが売られているのを見られます。


また、いろいろなレストランやバルで、きのこを使った料理があります。Setasの文字を見つけたら、ぜひお試しください。




2019年11月 4日


¡Hola! レオン特派員の石田妙です。


今回は、スペイン各地でみられる秋の伝統行事、マゴストについてご紹介します。


古代からスペインの食生活に密接に関わってきた食材の一つに栗があります。スペインで栗というイメージはあまりないかもしれませんが、レオンを始めとするイベリア半島の様々な地域に、ローマ人によってもたらされ、冬を越すための重要な食料として消費されていたことが分かっています。


magosto (1).jpg


レオンのマゴスト、焼き栗まつりは、この地域に居住していたケルト人の伝統に由来すると言われています。栗を炒る炎は豊穣神の信仰の象徴で、収穫に感謝する目的で祝われていた行事のようです。


その後イベリア半島でのキリスト教の浸透により、11月11日の聖マルティヌス(サン・マルティン)のお祝いとして、収穫されたばかりの栗を炒って味わうお祭りが、現代まで祝い続けられるようになりました。


レオン県の中でも、ビエルソ地方では特に盛んで、10月後半から11月にかけて各村でマゴストが行われます。ビエルソのマゴストには、栗以外に、チョリソーや土着品種メンシアの赤ワインも欠かせません。伝統的にワイン造りが盛んなビエルソでは、収穫祭にはその年のブドウを使った若いワインも必ず振る舞われていたのです。


el pájaro rojo losada.png(写真提供:Losada Vinos de Finca)


現在のマゴストでは、様々な種類のワインを楽しむことができますが、栗によく合うのはやはり、フレッシュでフルーティーな樽香が強くない若めのメンシアです。私のオススメは、ビエルソの蔵元ロサーダ・ビノス・デ・フィンカ (Losada Vinos de Finca) の エル・パハロ・ロホ (El pájaro rojo) です。栗の甘さと香ばしさを邪魔しない、デリケートな酸味やタンニンの味わいと、時間が立つと少しづつ現れてくる、程よいスパイスやミネラル感も、焼き栗とうまくマッチして、よりマゴストを楽しませてくれます。


この時期にレオンを訪れる機会がある方は、マゴストが開催されているかぜひチェックしてみてください。ご自宅でも、焼き栗とおいしい赤ワインで、マゴスト気分を味わってみてはいかがでしょうか。



2019年10月29日
2019年2月20日
2019年2月12日
2019年2月 8日
2019年1月28日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レオン特派員

    レオン特派員
    石田妙
    アメリカの大学で国際関係とスペイン語を学んだ学生時代に、スペイン北部のレオンに一年間留学。大学卒業後日本で一年ほど働いた後、マヨルカのバレアレス諸島州立大学で観光業専門のMBA を取得。現地のホテル業関連のコンサルでコンサルタントとして勤務。現在は第二の故郷であるレオンに戻り、スペイン北西部と日本の関係活性化に尽力する。観光ガイド、ツアー企画、現地コーディネート、通訳等も承ります。
    ご連絡はこちら。
    taeishidaspain@gmail.com
    Instagram
    Facebook DISQUS ID @disqus_Dw2DdFjFAE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集