海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レオン特派員ブログ > ガウディファン必見、友情が生んだレオンのガウディ建...

スペイン/レオン特派員ブログ 石田妙

スペイン・レオン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月20日

ガウディファン必見、友情が生んだレオンのガウディ建築


ガウディファン必見、友情が生んだレオンのガウディ建築


こんにちは。レオン特派員の石田妙です。


スペインで最も有名な建築家といえばアントニ・ガウディですが、バルセロナを始めとするカタルーニャ州の外にも作品を残したことはあまり知られていません。カタルーニャの外にあるのは3作品のみで、その内の2作品がカスティーリャ・イ・レオン州レオン県にあります。


今回紹介するのはレオン県アストルガにある、アストルガ司教館です。中世のゴシック様式の復興運動として栄えた、ネオ・ゴシック様式を用いガウディが設計したもので、外側はまるでお城のような、内側は教会を思わせるようなデザインが特徴です。


Palacio Gaudi.JPG


なぜカタルーニャ人のガウディが、遠く離れたレオンのアストルガに作品を設計することになったのか、不思議に思われる方もいるかもしれません。理由は意外とシンプルで、当時アストルガの司教を務めていた、カスティーリャ・イ・レオン出身、バルセロナの神学校で学んだりタラゴナの司教を務めたりした経歴を持つグラウ司教と、ガウディが仲のいい友達でした。グラウ司教は、アストルガの司教館が火事で燃えてしまった際、ガウディに再建を頼んだのです。


ガウディはこの時、バルセロナのグエル邸の設計に取り掛かっていたので、写真や絵などで可能な限りの情報をアストルガから送ってもらい、設計を始めたそうです。しかしそのデザインには全く妥協しませんでした。ステンドグラスの模様や、陶器の装飾、彫刻、それぞれの建築材など、細部も隅から隅まで、デザインしたのです。


Palacio Gaudi 2.JPG


実際に建設が始まると、ガウディは現場を監督するために、10回アストルガに訪れました。親友のグラウ司教と作品を作ることを、ガウディ自身も楽しんだと言われています。しかし、1893年にグラウ司教が亡くなると、新しい司教とは馬が合わず、ガウディは作品の途中で辞任してしまいます。その後、しばらくの間、ガウディのような建築家の作品を受け継ぐ勇気と技術のある者はなかなか現れず、司教館の建設は中断していました。20世紀の初めにリカルド・ガルシア・ゲレタという建築家が、ガウディのデザインで仕事を引き継ぐことを受け入れ、最上階と屋根の建設を終え、司教館を完成させました。


司教館の内部は、縦と横の長さが等しいギリシャ十字の配置になっています。地下室は最もネオ・ゴシック様式の特徴が顕在する場所で、建物の周りの堀のお陰で、自然光が入るようになっています。メインとなる2階部分はガウディが一番精を出した部分ともいえ、どの部分をとっても、そのデザインには細部にまで意味が込められています。見た目にももちろん美しいのですが、ガイドの説明があるとその魅力を何倍も楽しんでいただけます。この司教館で採用したデザインを、自分自身も気に入り、その後の作品にも用いたというものも多くあります。


Palacio Gaudi 3.JPG


このアストルガ司教館を見ずに、ガウディを語るにはもったいない、ガウディの最高傑作の一つです。アストルガはレオン中心部から車で30分、サンティアゴ巡礼の道が通る場所でもあります。マドリードなどその他の都市からもアクセス可能ですので、ぜひ足を運んでみてください。


さらに詳しい情報が必要な場合、ガイドや同行通訳、ルート作成等が必要な場合はウェブサイト  またはメール   からお気軽にお問合せください。


アストルガは今回紹介したガウディの司教館の他にも、興味深い歴史やおいしい郷土料理など、魅力が詰まった街ですので、引き続きこちらのブログで紹介していきます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年1月20日
« 前の記事「【はじめまして】ご挨拶/レオンのシンボル、レオン大聖堂」へ
»次の記事「こんなところにローマ遺跡が?ラス・メドゥラス金鉱山跡」 へ
おすすめ記事
レオン特派員 新着記事
ミシュラン星獲得も近い? ポンフェラーダの絶品創作料理
スペイン人も大好きな秋の味覚、きのこをレオンで楽しむ
マゴスト スペイン秋の風物詩、焼き栗まつり
スペインの新しい観光スタイル!エノツリスモとは
地元食材とおもてなしが光る、レオンのミシュラン星レストラン
レオン流、セマナ・サンタの楽しみ方
レオンで自然と一体になる!バルポルケロ洞窟
こんなところにローマ遺跡が?ラス・メドゥラス金鉱山跡

スペイン ツアー最安値


2019/11/19更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レオン特派員

    レオン特派員
    石田妙
    アメリカの大学で国際関係とスペイン語を学んだ学生時代に、スペイン北部のレオンに一年間留学。大学卒業後日本で一年ほど働いた後、マヨルカのバレアレス諸島州立大学で観光業専門のMBA を取得。現地のホテル業関連のコンサルでコンサルタントとして勤務。現在は第二の故郷であるレオンに戻り、スペイン北西部と日本の関係活性化に尽力する。観光ガイド、ツアー企画、現地コーディネート、通訳等も承ります。
    ご連絡はこちら。
    taeishidaspain@gmail.com
    Instagram
    Facebook DISQUS ID @disqus_Dw2DdFjFAE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集