海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リスボン特派員ブログ > 自然の恵みたっぷりなポルトガル料理

ポルトガル/リスボン特派員ブログ たま

ポルトガル・リスボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月25日

自然の恵みたっぷりなポルトガル料理


メール プリント もっと見る

自然の恵みたっぷりなポルトガル料理

今回はおまちかね(?)、ポルトガル料理の紹介です。


ポルトガル料理は基本オリーブオイル、塩コショウのシンプルな味付けになっています。(なので香辛料等かおりの強いものが苦手な方も心配は御無用です♪)

中でもよく名前が出るのがバカリャウ(タラ)とサルディーニャ(鰯)。前者は塩漬けにして干した状態で販売されており、調理する際には1~2晩かけて塩抜きを十分にしてから使われます。なんでも365通りのレシピがあるとか!スーパーではこのようにつるされて売られています。
401860.jpg

[写真:ポルトガルの新聞社Públicoのホームページより]


また、米の消費量も多いことで知られているポルトガル。付けあわせとしてはもちろん、リゾット(と言うよりも"おじや"のよう)にしてメインプレートとしても登場します。

では以下、代表的なポルトガル料理を写真と共にいくつかご紹介していきます。


・サルディーニャ・アッサーダ(鰯のグリル)
小いわしをグリルしただけのシンプルな料理。レモンや塩はお好みで。(時折日本の焼き魚が恋しくなる筆者は、しばしばこのプレートを作ることも...。)
042.JPGのサムネール画像


・カルド・ヴェルデ(緑のケールのスープ)
キャベツの一種であるケールが使用されています。とろみのあるジャガイモのスープの中に歯ごたえの残るケールとアクセントにチョリソーが入り素朴な味です。
IMG_3712.JPGのサムネール画像


・アホーシュ・デ・ポルヴォ(タコのリゾットトマト風味)
このお店では小ナベで調理してそのまま提供してもらいました。トマトとコリアンダーの葉が香って食欲をそそります。おじやだけれど結構ボリュームのある一品。
022.JPGのサムネール画像


・バカリャウ・ア・ブラーシュ(ほぐしダラ&ポテト&卵の炒め物)
たくさんあるタラ料理の中でもさらに代表の一品。ホクホク、シャキシャキ...色々な食感が楽しめます。
IMG_3007.JPGのサムネール画像


・シャンファーナ(子ヤギの赤ワイン煮こみ)
コインブラの名物料理。じっくりことこと煮込まれた肉は口に入れるとほろほろと崩れます。ヤギの肉特有の風味はありますが、ワインで打ち消されているのか臭みはなく、食べやすいです。
240.JPGのサムネール画像


・フランセズィーニャ(ポルトガル風クロックムッシュ)
トーストのクロックムッシュを想像していると、そのボリュームにびっくり!な一品です。ソーセージをはさんだパンの層の一番上にはとろりとしたチーズが乗り、さらに甘味と酸味のあるソースがかけられています。ポルトのものが有名ですが、ポルトガルのカフェでも食べられます。
117.JPGのサムネール画像


・カタプラーナ(魚介類の煮込みトマト風味)
えび、ムール貝、アサリ、白身魚などをトマト味で煮込んだ鍋料理。銅色に輝く鍋"カタプラーナ"からそのまま名前をとった一品。ワインと合わせてどうぞ。
IMG_1983.JPGのサムネール画像


筆者が初めてポルトガルに旅行に来たときには、おかずだけで食べると少々味付けが濃いかなとも思ったのですが、付け合せのご飯や茹でたジャガイモには味がついていないので良い度合いになると思います。

レストランでは席に着くと、パンやオリーブの実、バターなどが始めに出されますが、これはサービスではなく食べると料金が加算されるので要らない場合は下げてもらってください。

また、一つひとつのプレートの量が多いので、注文するときには大体どれ位の量かを聞いたほうがいいです。最近は「メイア・ドーセ(1/2の量)」でも提供しているレストランが前に比べて増えているので、その注文の仕方もオススメです。

メインを食べ終わると「カフェ、オウ、ソブリメーザ(食後のカフェやデザートはいかがですか?」などと聞かれるので、おなかに余裕があれば食べていただき、そうでなければ「ナォン、オブリガード(男性)/オブリガーダ(女性)」と言って断っていただいてかまいません。

余談ですが、筆者は初めてポルトガルに来たとき、つい欲がでたのと張り切りすぎたのとで、遠慮とで言われるままに前菜、メイン、デザート、カフェと食べて食べすぎで胃を悪くしてしまったことがあるので要注意です!笑


ヨーロッパ各地を旅してきた筆者の知人、友人らは口をそろえて「ポルトガル料理はヨーロッパの中でも美味しい!」と言い、結構好評です。皆様もぜひ☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2012年5月25日
« 前の記事「続・市電28番に揺られて」へ
»次の記事「こんぺいとう?それともコンフェイト?」 へ
おすすめ記事
    リスボン特派員 新着記事
    【急募!】リスボン特派員を募集しております!
    Muito obrigada ;) ご愛読ありがとうございました!
    ちょっと足を延ばして世界遺産見物②
    ちょっと足を延ばして世界遺産見物
    Do not translate "Saudade"
    歩きどおしで疲れたら...
    市民の味方Centro Comercial
    風邪ひきさんには"Santinha(サンティーニャ)!"

    ポルトガル ツアー最安値


    2017/9/25更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ポルトガル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ポルトガルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リスボン特派員

      リスボン特派員
      たま
      Bem-vindos、リスボン特派員のブログへ!大学在学中の目標であった「ポルトガル語圏への留学」を実現させ、現在は地元の私大で英葡翻訳とジャーナリズムを勉強中。週末の近郊への小旅行、美術館めぐりや公園でのまったりが趣味。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集