海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン特派員ブログ

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

新型コロナウイルスCOVID-19の感染状況はピークを過ぎたといわれるイギリス。とはいえ2020年5月23日現在の感染者数は25万人以上、死亡者も3万6000人を超えており、今も予断を許しません。


ロックダウン以降は他者との間に最低2m間隔をおくというソーシャルディスタンスも、今やすっかり定着。また以前は町なかでマスクを装着しているとジロジロ凝視されるほどでしたが、最近ようやくイギリスでもマスクを着けることが浸透してきました。


そんな現在イギリス政府は新たに、6月8日以降にヨーロッパからイギリスへ渡航した旅行者に2週間の自主隔離を課す、という方針を発表しました。

1airport.jpg


これから7月・8月の旅行シーズンを迎えるにあたり感染の第2波に備えての策ですが、対象となったヨーロッパ諸国、とくに観光が主産業となっている国々からの反発も大きく、今後の方針決定が注目されています。


このように旅行・渡航がまだ簡単にはできない状況を鑑み、イギリス政府は滞在許可期限の延長という特別措置を発表しました。以下、在英国日本国大使館から在留邦人へのお知らせより、一部引用させていただきます。


***************


5月22日,英国内務省(Home Office)は,本年1月24日から7月31日までの間に英国の滞在許可期限が満了する場合,その滞在許可期限を7月31日まで延長を可能とする特別措置を発表しましたので,以下のとおりお知らせいたします。


1.新型コロナウイルスに関連して,自己隔離のためや自国までの帰国便がないなどの理由により英国からの出国ができず,本年1月24日から7月31日までの間に英国の滞在許可期限が満了する場合,Home OfficeのCoronavirus Immigration Teamに対してオンラインにて登録することにより,滞在許可期限を7月31日まで延長することが可能となりました。


なお,既に3月24日に英国内務省が発表した特別措置により,5月31日までの滞在許可期限の延長手続きを済ませている方は,自動的に7月31日までの滞在が可能となりますので,再登録することは不要です。


2.本件に関する延長手続きの詳細については,次の英国政府ホームページに記載されていますので,7月31日までの滞在期限の延長を希望される場合は,この中で言及されているCoronavirus Immigration Team宛てに直接オンラインにて 登録するようにしてください。


3.この期間中は,通常であれば英国内では申請が認められていない短期滞在から長期滞在への変更申請も可能となりますが,その許可要件や必要な申請書類に変更はありません。


4.英国への入国や滞在に関する審査,要件,制限等については,英国政府が判断,決定する事項ですので,本件に関する質問や照会については,ご本人から直接英国内務省へお問い合わせください。当館へお問い合わせをいただいても,具体的な手続きについて助言等を行うことはできませんので,ご了承ください。


*****************


自主隔離などの措置が必要であっても、急用・急務でイギリスと日本や他国間の移動が必要な場合もあると思います。引き続き十分な警戒と予防を心がけて、どうぞ安全にお過ごしください。


2020年5月23日

イギリスでの新型コロナウイルス COVID-19に関する状況は、まだ一進一退。本日2020年5月12日現在で公表されているだけでも、感染者数22万3060名(そのうち死亡者3万2065名)となっています。


そんな状況を鑑みて、5000年の歴史あるセレモニーも2020年は中止が決定したことが、本日報じられました。


1arustonehenge.jpg


それは古代遺跡ストーンヘンジでの、夏至祭。今年も6月21日に夏至となり通常ならば大勢の人々が集い、古代ここで行われていたとされる太陽礼賛の儀式が予定されていました。しかし現在の感染状況を鑑みて中止。


また6月というとイギリスでは、ウィンブルドン・テニス杯も恒例行事。2020年は6月29日~7月13日に開催される予定でしたが、こちらもすでに中止が決定しています。


そんな昨今、去る5月10日にはボリス・ジョンソン首相が今後の規制措置について新たな指針を発表しました。これに関して在英国日本国大使館から在留邦人メーリングリストへ送られた連絡が分かりやすかったので、以下のとおり一部引用させていただきます。


*************


5月10日,ジョンソン英国首相は国民向けスピーチを行い,新型コロナウイルス・アラート・システム(Covid Alert System)の導入,現在導入されている規制措置に関する今後の緩和見通し等を発表しましたので,その概要についてお知らせいたします。
在宅勤務不可能な者の出勤奨励,屋外での運動の制限解除等,これまでに導入されている規制措置が緩和される点もありますが,現時点ではいずれの場合にも社会的距離を保つ必要があるとされています。ご不便な日々が続きますが,今後,規制措置が更なる緩和となるまでは,不急不要の外出は控え,社会的距離の確保に努めるようにしてください。


本スピーチ全文については,英国政府HPをご参照ください。
5月10日,ジョンソン英国首相が国民向けに行ったスピーチの概要は以下のとおりです。


1 規制措置緩和のための5つの条件
現在導入されている規制措置を緩和するには5つの条件を満たす必要がある。
○ NHSが守られていること
○ 死者数が持続的に減少していること
○ 感染者数が持続的に相当数減少していること
○ PPE(個人用防護具)を必要とする人々への十分な供給という課題が解決されていること
○ R値(感染症の再生産率)を1以上にならないようにし,数週間前に直面したような指数関数的な増加に確実に戻らないようにすること。


2 新型コロナウイルス・アラート・システムの導入
新たな合同バイオセキュリティ・センター(Joint Biosecurity Centre)によって運営される新型コロナウイルス・アラート・システムは,5段階とされ,R値及び感染件数によってレベルが決定される。各レベルは社会的距離の制限措置の程度を強弱で表し,レベルが低いほど措置も緩く,レベルが高いほど措置は厳しくなる。ロックダウン期間中はレベル4とされ,現在,レベル3に向かう段階に入りつつある。


3 段階的な規制緩和
○第一段階: 5月11日(月)からは在宅勤務が不可能な職業(建設業や製造業等)の者の出勤が奨励されるべきである。出勤の際は,社会的距離を維持するために,可能な限り公共交通機関を避け,出来れば車,徒歩,自転車を利用して欲しい。
5月13日(水)からは,屋外での運動を制限しない。屋外での運動(公園での日光浴やドライブ,家族でのスポーツ)が可能となる。ただし,社会的距離の規則には従わなければならず,規則を破る者については罰金を増額する。

日々のR値及び新規感染者数,成果をモニターし,条件を満たし始めた場合には,数週間・数ヶ月の後に更なる緩和ができるかもしれない。


○第二段階: 最速で6月1日(ハーフターム終了後)から,店舗の段階的な再開や小学校に生徒を段階的に戻せる状況にあるであろうと信じている。

○第三段階: 条件及び更なる科学的アドバイス次第ではあるが,各種データの裏付けが得られれば,最速で7月から一部のホスピタリティ産業及びその他の公共の場を,安全性と社会的距離が守られることを前提に再開したい。


4 英国入国時の隔離措置の導入
海外からの再感染を防ぐため,感染の程度が相当低くなった段階で,英国へ空路で入国する者に対し,隔離措置を導入する。


*************


ウイルス感染拡大の抑え込みが最優先ながらも、深刻な経済恐慌は回避したいというのは各国共通の課題。今後の規制緩和について、イギリス政府による慎重な方策が望まれています。


2020年5月12日

新型コロナウイルスCOVID-19の感染状況はピークを越えつつあるとジョンソン首相が談話したものの、本日現在、同ウイルスによる死亡者は老人ホームなど病院以外でのケースも含めると3万2000人を超えたイギリス。今もなお外出自粛は続いています。


とはいえ緊急の用事で外出・移動しないといけない場合もあります。そこで本日は在英国日本国大使館がまとめた、ロンドンでの公共交通機関の運行状況などをお知らせします。


5mayaruki.jpg


以下、在英国日本国大使館領事班からのお知らせより一部引用させていただきます。


***********


ロンドン市内の公共交通機関については,現在も引き続き一部の路線が休止または間引き運転となっているほか,運行中の路線であっても閉鎖となっている一部の駅があります。5月5日現在の各公共交通機関の運行状況について,以下のとおりお知らせいたします。なお,今後の急な変更もあり得ますので,ご利用に際しては事前に各公共交通機関のウェブサイト等で最新の情報をご確認されるようお願いいたします。


1.ロンドンの地下鉄等
・減便で運行中。
・Circle Line及びWaterloo and City Lineの運転は休止中。その他路線も一部駅が閉鎖。
・OvergroundはSurrey QuaysからNew Cross間で運転を休止中。
・夜間運行(Night tube, Night Overground)は休止中。
https://tfl.gov.uk/status-updates/planned-track-closures


2.ロンドンのバス等
・減便で運行中。
・週末スケジュールの夜間バスは運行休止中。
・ナショナル・エクスプレス・バスはすべての路線での運転を休止中。6月15日以降は減便での運行を再開予定。
https://tfl.gov.uk/modes/buses/bus-changes
https://www.nationalexpress.com/en


3.ロンドンの主要空港
(1)ヒースロー空港
・空港そのものは運営中ですが,空港内のレストランは閉鎖しており,テイクアウェイの一部店舗のみが営業しています。
・空港ターミナルは,現在ターミナル2及び5のみの運用。
・ヒースローエクスプレスは,減便にて運行中。


(2)ガトウィック空港
・空港そのものは運営中ですが,空港内のレストランは閉鎖しており,テイクアウェイの一部店舗のみが営業しています。
・空港ターミナルは,現在南ターミナルのみの運用。
・ガトウィックエクスプレスは運休中。


(3)シティ空港
・3月25日より閉鎖中。


(4)スタンステッド空港
・空港そのものは運営中ですが,空港内のレストランは閉鎖しており,テイクアウェイの一部店舗のみが営業しています。
・スタンステッドエクスプレスは,減便にて運行中。
https://www.stanstedairport.com/coronavirus/


4.ユーロスター
・減便で運行中。ロンドンからパリ及びブリュッセル行きが,それぞれ1日1便へと減便中。
・4月9日以降,仏政府の入国制限強化に伴い,次の者以外は欧州大陸に入国できません。
-主たる居住地に戻るEU国籍者
-EUに居住許可を持つ英国民あるいは非EU国籍者
-Essential Workers(市民生活の維持継続に不可欠な業種)
・5月4日より,駅構内及び車内でのマスク又はフェイスカバーの着用義務化。
https://www.eurostar.com/rw-en/travel-info/service-information/coronavirus-and-eurostar-service


*********


現在は日本も緊急事態宣言中。イギリスでも日本でも海外渡航をする人は少ないとはいえ、やむを得ない事情で移動する場合もあることと思います。どうぞお気をつけて、ご無事をお祈りしております!



2020年5月 6日
2020年5月 5日
2020年4月29日
2020年4月17日
2020年4月 8日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集