海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン特派員ブログ

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


ロンドン繁華街のクリスマス・イルミネーションは11月初旬~中旬から始まって、ニューイヤーを祝う1月初旬まで続きます。今年も主な大通りが、それぞれ華麗さを競っていますよ!


1arureg.jpg


中でも見逃せないのは、リージェント・ストリート。特にピカデリー・サーカスからオックスフォード・サーカスにかけて白亜の建物がカーブを描いて立ち並ぶ周辺は、ロンドン随一の美しさです。


1arureg1.jpg


イルミネーションのモチーフは、昨2016年に続き「クリスマスのスピリット」と題されたデザイン。近くで見るとなかなかマッチョな体格の天使たちなのも、現代的な趣きを感じますよね。


1arureg2.jpg


そしてリージェント・ストリートからリバティ百貨店に向かい、その横にあるカーナビー・ストリートへ行くと・・・。


1arureg3.jpg


あれ?クリスマスなのに、何故かヤシの木が見えてきます。


1arureg4.jpg


ここは毎年ちょっと個性的なクリスマス・デコレーションをしていて、今年のテーマは「クリスマス・カーニバル」。


1arureg5.jpg


1960年代にはモッズやヒッピーで賑わい「マリー・クワント」など当時の新進デザイナーたちが活躍した通りならではの、他とは違う趣向が楽しいカーナビー・ストリートです。


1arureg6.jpg


一方オックスフォード・ストリートは少々おとなしい印象を受けますが、児童虐待防止の慈善団体「NSPCC」による子供たちのためにクリスマスをライトアップしよう!というスローガンが共感を呼びます。


1arureg7.jpg


大通りだけでなく、小さな脇道でも素敵なイルミネーションが煌いて・・・ショッピングやパーティーで街に繰り出す人々の気持ちをいっそう囃し立てる、この時季ならではのロンドンです。


2017年11月25日

イタリア料理、しかもシーフードが美味しいサルディニア地方のメニューが揃っているとくれば、大抵の日本人には嬉しいですよね!本日ご紹介するのは、そんなお店「ヌラーゲ(Nuraghe)」です。


1anurag.jpg


地下鉄の最寄り駅は、ノーザン線のゾーン2にあるタフネル・パーク。


1anurag1.jpg


1つしかない改札口を出たら、右手に見えるパブ「ボストン・アームズ(Boston Arms)」の方に向かうと、そこがダートマスパーク・ヒル(Dartmouth Park Hill)」という道。


1anurag2.jpg


目指すレストランは、その12番地にあります。


1anurag3.jpg


小ぢんまりとした家庭的な雰囲気が、なかなか心地良いお店なんですよ。


1anurag4.jpg


私は久しぶりに来たけど、友人は初めて。前菜は迷いに迷った挙句タコのマリネ&じゃが芋のPolpoにしたところ、まぁ可もなく不可もなしという感想。他にもイワシを焼いたのやマグロのカルパッチョもあったから、次回はそちらにしようかな?


1anurag5.jpg


でもシーフードのパスタ類は、期待通りに美味しかった!まずは蟹のリングィーネ(Linguine al granchio)、赤いところのは蟹のタマゴです。ガーリックとチリが効いてて、ワインが進むお味~~。


1anurag6.jpg


そしてこのお店に来る日本人の多くが大絶賛する、カラスミのスパゲティ(Spaghetti Bottarga)も外せません!こちらはシジミも入っていて、実にシミジミと味わい深い・・・口福という言葉がピッタリです。


1anurag7.jpg


どれも2人でシェアーして食べて、お腹一杯!更にデザートにはタルテューフォ(Tartufo)という、チョコムース&アイスにココアパウダーとヘーゼルナッツがまぶされたものをトライしましたよ。


1anurag8.jpg


見た目よりもサッパリしてて、ちょうど良いサイズのデザート。これにグラスでワイン3杯、お会計したらサービス料込みじゃなかったのでチップを少し追加して、1人£30程度でした。


1anurag9.jpg


お肉メニューもありますが、シーフード系が特にお勧め。ご夫婦2人が主に切り盛りしているため、夏休みや年末年始などには数週間の休業期間があるのを留意くださいね。


ヌラーゲ(Nuraghe)
住所:12 Dartmouth Park Hill, London NW5 1HL
Tel:020 7263 4560
営業時間:18:00-22:30
月曜定休


2017年11月12日


いよいよ11月に入った晩秋のロンドンから、こんにちは!今回は11月の気温や天候についてお話しようと思います。


1arutenki6.jpg


まず旅行前の準備において、何より気になるのが平均気温でしょう。11月のロンドンは、最低5℃~最高11℃くらいが目安(イギリスでも他都市はまた少し違います)。朝晩は冷え込みむためジャケットやコートは必需品、インナーも重ね着やスカーフ等で調節して下さい。


1arutenki3.jpg


ところで↑この写真は、昨年11月9日のもの。この日は朝起きたら、私の住む西ロンドンで初霜が降りていました。今年ももうそろそろ?という時季です。


1arutenki5.jpg


なお毎年10月末にサマータイムが終了しグリニッチ標準時刻に戻るので、11月のロンドンは5時には真っ暗です。本日この記事を書いている11月5日でも日没は午後4時26分。これから冬至に向かいますます日が短くなるので、夜の気温になる時刻も早まりますよ。


1arutenki4.jpg


気温と同じく気になるのは、雨。ロンドンではシトシト雨やにわか雨が多いものの、梅雨や台風などがある日本よりもずっと年間降水量は少ないのです。意外でしょう?


1arutenki2.jpg


でも一日のうちに天気が変わりやすいのが特徴だから、フード付き防水ジャケットを愛用するロンドンっ子が多いのは納得。少なくとも軽い折りたたみ傘はお忘れなく!


1arutenki.jpg


最後に・・・秋冬は、朝晩に霧が出る事もしばしば。濃霧によってヒースロー空港のフライト遅延が発生する日もありますから、行程スケジュールは余裕をもって計画してくださいね。


2017年11月 5日
2017年11月 4日
2017年10月27日
2017年10月24日
2017年10月16日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集