海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン特派員ブログ

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

先日とても良い天気だった日に、サリー州キングストンへ行きました。そこで身内の者と会う約束してたんです。


1arubills1.jpg


お茶だけでなくランチも食べたかったので、カフェ・レストラン「ビルズ(Bill’s)」に入りました。


1arubills.jpg


カジュアルでありながらコジャレた雰囲気が人気のチェーン店で、今ではイギリスに100店舗ほどあります。でも、この「ビルズ」は日本でも展開しているオーストラリア生まれの「ビルズ」とは関係ないんですよ。

1arubills3.jpg


こちらは私が頼んだアボカドとポーチドエッグ、そしてカリッと焼いたベーコンをトーストに載せたもの。フレッシュ・ライムを絞りかけて、美味しく頂きました!


1arubills4.jpg


先ほど書いたように、こちらイギリスにある「ビルズ」はサセックス州ルイスで青果店を営んでいた、ビル・コリソン氏が2000年に創業したもの。かたやオーストラリア発祥のほうはビル・グレンジャー氏が創業しました。どちらもファーストネームがビルなんですね。

1arubills6a.jpg


そしてオーストラリアの「ビルズ(Bills)」がイギリスに上陸した2014年には、既にイギリス生まれの「ビルズ(Bill’s)」が存在していたため、アポストロフィーの有無があるとはいえ同じ店名を使わず「グレンジャー&カンパニー」と命名。こちらは現在ロンドンに4店舗あります。


1arubills5.jpg


どちらも朝食メニューやパンケーキが充実していたり、お店のイメージも似ていたりするので、イギリス人でも混乱しがち。ロンドンに来て「ビルズ」にお寄りの際には、こんなトリビアを思い出して下さいね♪


1arubills7.jpg


イギリスの「ビルズ」URL:https://bills-website.co.uk/
「グレンジャー&カンパニー」(オーストラリアの「ビルズ」のイギリスでの店名)URL:https://grangerandco.com/


2018年4月16日

古くは2世紀頃にローマ人が浴場施設を造って温泉の街としたバースは、その後エリザベス1世時代以降に再び注目されたサマセット州の街。


1arubath.jpg


とくに18世紀にはロンドンの貴族や富裕層の保養地として再開発され、その大部分が今も残り美しい街並みを誇ります。


1arubath1.jpg


最も有名なのは、この街の名前バース(Bath)ともなったローマ人の浴場跡。ジョージ王朝時代に大々的に増改築された施設は現在、博物館やレストランとして観光客の人気を集めています。


1arubath2.jpg


ローマ浴場跡と隣接するようにそびえ立つ、ゴシック様式が壮麗な英国国教会のバース寺院も。


1arubath3.jpg


街中を流れるエイヴォン川には、橋と建物がセットで建築されたユニークなパルトニー橋が架かって・・・そんな歴史的建造物が多く遺るバースは、街全体がユネスコ世界遺産に指定されているんですよ。


1arubath4.jpg


そして4月18日の世界遺産デー(正式名称は国際記念物・遺跡デー)にちなんで、その週末の日曜日4月22日には楽しい屋外イベントが開催されます!


1arubath5.jpg


イベント開催場は優美な家並みで知られるロイヤル・クレッセント前の芝地、時間は午前11時から午後3時。メインの見ものはローマ兵に扮した軍隊。古代ローマ人の兵法や、遠征時の食料事情なども見学・体験できるそうです。広々とした芝の上でピクニックも楽しそう。


1arubath6.jpg


もちろんローマ兵と一緒に記念撮影もOKだから、大いにインスタ映えする事でしょうね!

住所:Royal Crescent, Bath, Avon BA1
イベントURL:https://www.bathworldheritage.org.uk/events
イベント事務局Tel:01225 477584


2018年4月15日

イングランドはウィルトシャー州にある、カッスル・クーム。ここは14世紀の頃から週市が開かれていた、中世の面影を今も留める小さな村です。


1aruccombe.jpg

1aruccombe1.jpg


この村は近代になってから過疎化し寂びれたのですが、それが災い転じて福?今では、こうした昔のままの家並みが高く評価されています。何しろ、どの風景を切り取ってもサマになる!


1aruccombe2.jpg


だから観光はもちろんながら、映画やTVドラマの撮影にも珍重されているのです。最近の例ではスティーヴン・スピルバーグ監督「戦場の馬」や、BBCドラマ「ダウントン・アビー」等・・・。


1aruccombe3.jpg


私が身内数人と訪れた日は、こちらのパブ「ホワイト・ハート」で休憩を兼ねてランチにしました。「ワドワース」という看板も見えるのは、同名のビール会社系列のパブだからです。


1aruccombe4.jpg


このパブも築300年ほどという古い建物。天井が低く黒光りする梁や柱が年季を醸しています。


1aruccombe5.jpg


ちょうどお昼どきだったので、私たちはここでランチも。私はカマンベールチーズとハムのサンドウィッチを頼んだところ、ちゃんと美味しくて満足できました。他にもハンバーガーやフィッシュ&チップスなど定番パブメニューが揃ってます。


1aruccombe6.jpg


まろやかでコクがある「ワドワース」の地元エール(ビールの一種)を飲んで、時が止まったような村の雰囲気をゆっくり味わいました。

ウィルトシャー州カッスル・クーム観光情報URL: https://www.visitwiltshire.co.uk/towns-and-villages/castle-combe-p462723

パブ「ホワイトハート(White Hart)」
住所:The St, Castle Combe, Chippenham SN14 7HS
Tel:01249 782295


2018年4月 3日
2018年3月27日
2018年3月13日
2018年3月 7日
2018年3月 5日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集