海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > プー・カントリーの散歩道

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 田村 晴彦

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年9月10日

プー・カントリーの散歩道


メール プリント もっと見る

プー・カントリーの散歩道

プー棒投げ橋.jpgさて、前回に続いてロンドンを飛び出してみましょう。

 イギリスにはパブリック・フットパス(Public Footpath)という公共遊歩道が国中整備されています。イギリス人の週末のすごし方のひとつに「散歩」というのがあるのですがその時に大活躍するのがこのパブリック・フットパス。郊外の村や町から気持ちの良い田園地帯の散歩を気軽に楽しめます。道に迷わないようにパブリック・フットパスの標識がたくさん出ています。

そして今回ご紹介するのはハートフィールド村(Hartfield)。

 この名前でピンと来る方はかなりのマニア。そうハートフィールドはクマのプーさんゆかりの小さな村です。村の郊外にはお話の舞台となった森や丘が広がっています。現在は村や森を合わせてプー・カントリーと呼ばれています。1926年に初版が発行され、今年は生誕80周年。村中大騒ぎでお祝いかというとそうでもなく、ひっそりと80年前とほとんど変らない姿で僕たちを迎えてくれるのがうれしいですね。村にはパブが二軒にスーパーが一軒。典型的な南イングランドの小さな村。だからプーさんに興味がなくてもイギリス流のお散歩を楽しむにはもってこいの村なのです。

ではハートフィールド村とプー・カントリーへの行き方を教えましょう!
1.ロンドンから電車で1時間のイースト・グリンステッド(East Grinstead・ビクトリア駅発)
  またはタンブリッジ・ウェル(Tunbridge Well・チャリングクロス駅発)まで行く
2.291番のバスに乗る(時刻表はこちらから )。どちらの町からも20分程度。
  バスは1時間に1本なので帰りのバスの時間をしっかりと調べておくこと
3.バスの車窓からのんびりとイギリスの田園風景を楽しむ
4.村に着いたら「プー・コーナー」 (プーさんゆかりのお土産屋さん)へ
5.プー・コーナーで無料の地図をもらう
6.村を出ていざプー・カントリーへ

 さて、最初の目的地はプー棒投げ橋です。プーさんたちが橋の上から小枝を投げて遊んだあの橋です。現在は3代目の橋が架かっていますが原作の雰囲気を壊さないように当時の橋を再現させてあるそうです。ここまではゆっくりと写真を撮りながら歩いて40分ほどでしょうか(行きは緩やかな下り)。プー・コーナーから村を離れると道がふたつに分かれています。右側の道をしばらく進むと左手にパブリック・フットパスとプー棒投げ橋(POOH STICK BRIDE)の標識が出ています。標識を頼りに牧草地(僕たちは文字通り羊の横を通り抜けました)を横切り、森の中を歩くと小さな橋が見えてきます。これがプー棒投げ橋。途中小枝を拾うのを忘れずに!大人も子供も楽しそうにプー棒投げを楽しんでいます。

 まだまだ歩けるという人はさらに原作者A.A.ミルンと挿絵作者E.Hシェパードの記念碑がある丘を目指しましょう。そう物語の最後でプーさんとクリストファー・ロビンがお話をするあの丘です。プー棒投げ橋から20分ほどで駐車場。駐車場を抜け道路を越え少し右に進むと再びフットパスが見えてきます。ここからが正念場。がんばって丘を登ると素晴らしい田園風景とプーさんの世界が広がっています。駐車場からは40分ほどでしょうか。記念碑は標識もなく見つけにくいですが頂上付近をがんばって捜すと見つかると思います。ヒントは丘の上のベンチから村のほうへ少しさがったところです。

 気軽に散歩を楽しみたいのならプー棒投げ橋までがお勧め。朝出れば散歩を終えて昼には村に戻れます。お昼はパブで食べられますね。もう少しがんばるという方はぜひ丘の上まで。眼下に広がる美しい風景は疲れを吹き飛ばせてくれますよ。僕たちは村に10時に着いて丘の上で簡単なお弁当を食べて村に戻ったのが午後3時でした。

 ガイドブックにはイースト・グリンステッドからバスと書かれている本が多いように思いますが僕はゲートウェイとしてはタンブリッジ・ウェルをお勧めします。タンブリッジ・ウェルは美しい町で、バスの接続まで時間がある場合に散歩をするにはもってこいですから。この町はまた次の機会に紹介したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2006年9月10日
« 前の記事「マーロウ〜テムズのほとりの小さな町」へ
»次の記事「王室ゆかりのスパタウン、ロイヤル・タンブリッジ・ウェルズ」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      田村 晴彦
      ロンドン暮らしももうすぐ4年。地球の歩き方トラベルライター講座が縁で、特派員を務めています。子供の頃からの旅行好き、海外好き。アメリカ留学、添乗員、旅行会社を経て気がつけばロンドンへ。緑豊かなロンドンやイギリスの魅力、ミュージカルやレストランなどのお得情報をお届けできればと思います。コメント・トラックバック大歓迎。ヨーロッパなどの旅を綴ったブログもどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集