海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 紳士のスポーツ、ラグビーを観戦

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長野 雅俊

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年2月10日

紳士のスポーツ、ラグビーを観戦


メール プリント もっと見る

紳士のスポーツ、ラグビーを観戦

get%20scrum.JPG

ラグビーの北半球最強チームを決める大会「シックス・ネイションズ」の観戦に行ってきました。大会が始まる前に、現在編集者として関わっている週刊新聞の取材のためラグビー関係者に色々と話を聞いているうちに、どうしても観に行きたくなってしまったのです。

僕が行ったのは、大会初日に行われたイングランド対スコットランド戦。試合当日、試合会場の最寄駅となるトウィッケナム駅(ロンドン中心から電車で30分ぐらい)のホームに降りると、人、人、人。この人の海が全部流れ着いて、会場は何と8万2000人の観客で埋まっていました。

試合そのものを楽しんだのはもちろんなのですが、何よりも気に入ったのは会場の雰囲気。その独特の雰囲気を分かりやすくお伝えするために、サッカーを比較に出して説明致します。

・会場内にビールを持ち込める
(サッカー: フーリガンが暴れ出すのでNG)

・観客席がホームとアウェーで分断されていない
(サッカー: アウェーの選手は会場の隅っこに追いやられる)

・どちらのチームであっても、好プレーした選手には拍手が送られる
(サッカー: 敵チームの中心選手にブーイングの嵐を浴びせ掛ける)

・観客席に上品な老夫婦が結構いる
(サッカー: ガラの悪い若者とおじさんだらけ)

・試合後に、会場に併設されたバーで敵も味方もなく皆仲良く飲んでいる
(サッカー: 乱闘になる)

そう、ラグビーとはまさに紳士のスポーツなのです。会場で実際に試合観戦して改めて実感しました。イングランドで生まれたこのラグビーの魅力を知って、イギリスという国をもっと好きになったような気がします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2007年2月10日
« 前の記事「現代美術の奥深さ」へ
»次の記事「バスの中でも輪になって踊ろう」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    クリスマスは一段と華やか!リバティ百貨店&セルフリッジズ百貨店
    ツリーのオーナメントも可愛い「フォートナム&メイソン」
    ロンドン・セントパンクラス駅 今年のツリーは百花繚乱!
    クリスマスに彩られたロンドン 素敵なイルミネーションを観るならここ!
    カラスミのスパゲティが美味!イタリア・サルディニア料理「ヌラーゲ」
    ロンドン11月の天候&服装などのアドバイス
    便利なだけじゃない!アールデコ様式が麗しいビルバオ観光案内所は、一見の価値あり
    初演から50周年!元祖ロック・ミュージカル「ヘアー」ロンドン公演

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/12更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長野 雅俊
      東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集