海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 虚構のエリス少年

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長野 雅俊

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年10月24日

虚構のエリス少年


メール プリント もっと見る

虚構のエリス少年

先週末は、フランスで開催されていたラグビーのW杯決勝でイングランドが南アフリカと対戦して負け、惜しくも準優勝という結果となりました。

ラグビーの母国であるイングランドの敗戦ショックは大きかったようで、地元の人たちはもう、あまり話題にしたがりません。でもその間に僕は、ラグビー博物館に行ってきました。理由は優勝国、南アフリカが授与された「エリス・カップ」というトロフィーにも名が刻まれている、エリス少年の伝説に興味を持ったからです。

その伝説とは、イングランド中部にあるパブリック・スクール「ラグビー校」に通っていた「エリス少年」が、校内で行われていたサッカーの試合に熱中したあまりに、思わずサッカー・ボールを手に持って突進してしまった。そしてこの出来事が、後にラグビーの原型となった、というもの。ラグビー校近郊を歩いていると、写真のような、「エリス少年像」みたいなものを時折見かけます。Webb-Ellis-Statue-Rugby.jpg
ただ、エリス少年自体は実在の人物だったようなのですが、この伝説自体はあくまで虚構のようです。というのも、エリス少年が生きた18世紀前半の「フットボール」のルールでは、まだ手を使うことは許容されていたから。

ラグビー・ファンたちの間では、むしろラグビーから体全体を使った体当たりや手を使うことを禁止して「骨抜き」した結果、今のサッカーが出来上がったというのが共通の見解となっているようです。

ラグビーが先か、サッカーが先か。言い争っているうちに、突如として生まれたのがエリス少年の物語、ということでした。ちなみにこの本家本元争いをもう少し詳しく調べると、19世紀中頃に、サッカーやラグビーを通して起きた地域や階級間での争いの存在が透けて見えてきます。

ラグビー博物館では、そんな歴史が事細かに展示しています。museum.JPG

Museum of Rugby

Twickenham Stadium
Rugby Road, Twickenham
TW1 1DZ

www.rfu.com/microsites/museum

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2007年10月24日
« 前の記事「地下鉄初乗り1000円の怪」へ
»次の記事「裏の歴史を残すウインドミル劇場」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    クリスマスは一段と華やか!リバティ百貨店&セルフリッジズ百貨店
    ツリーのオーナメントも可愛い「フォートナム&メイソン」
    ロンドン・セントパンクラス駅 今年のツリーは百花繚乱!
    クリスマスに彩られたロンドン 素敵なイルミネーションを観るならここ!
    カラスミのスパゲティが美味!イタリア・サルディニア料理「ヌラーゲ」
    ロンドン11月の天候&服装などのアドバイス
    便利なだけじゃない!アールデコ様式が麗しいビルバオ観光案内所は、一見の価値あり
    初演から50周年!元祖ロック・ミュージカル「ヘアー」ロンドン公演
    1年前の同じ月に投稿された記事
    クリスマスが待ちきれない!
    ビクトリアに会える?
    プレミアリーグどこで見る?
    お得なプレシアターメニュー
    ロイヤルバレエで吉田都さんを見よう!

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/11更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長野 雅俊
      東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集