海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > ロンドンの一等地は誰のもの?

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長野 雅俊

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月23日

ロンドンの一等地は誰のもの?


メール プリント もっと見る

ロンドンの一等地は誰のもの?

「地球の歩き方」などのガイドブックを見ると、ロンドンで買い物や散策を楽しめる場所としてよく紹介されているのが、メイフェア、チェルシー、マリルボーン、オックスフォード・ストリートといった地区です。

実はこれらの地区はほぼすべて、ごく小数の名家によって所有されています。

まず、各国の大使館や高級ホテルが並び立つメイフェア地区を所有しているのが、グロブナー家。この一家は代々にわたってウエストミンスター伯爵という爵位を受け継いできた、由緒ある家柄です。同地区を歩けば、同家の祖先の銅像なんかも街中で見かけます。

grosvenor%20statue.JPG

次に、マドンナや元ビートルズのポール・マッカートニーといったセレブたちが住むマリルボーン地区。このハイソなエリアを所有しているのが、ハワード・ドゥ・ウォールデン家です。同家は現在、この地区のあちこちで大規模な工事を実施して、さらなる街の発展に向けて動いているようです。

さらに、有名ブランド店がひしめくチェルシー地区や、高級デパートのハロッズが立つナイツブリッジ界隈はカドガン家。オックスフォード・ストリートはポートマン家が所有しています。実際、「カドガン」や「ポートマン」の名がつく道の名前は、ロンドンにかなり多く存在します。

cadogan3.JPG

portman3.JPG

さすが貴族文化を誇る国、イギリス。ロンドンのいわゆる一等地では、彼らの影響力が、かなり生々しく残っているようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2008年4月23日
« 前の記事「イースター休暇に行きたいニュー・フォレスト」へ
»次の記事「ロンドンの隠れ家、詩のカフェ」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アビー・ロードでの記念撮影
    マラソン+仮装=チャリティ?
    イギリス人が生んだスクール・ディスコ
    クビ切り人アラン・シュガー

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長野 雅俊
      東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集