海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > ポール・スミスを安く買う方法

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長野 雅俊

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月 7日

ポール・スミスを安く買う方法


メール プリント もっと見る

ポール・スミスを安く買う方法

ファッション・デザイナー、ポール・スミス氏が立ち上げたファッション・ブランド「Paul Smith」の1号店は、1970年にイングランド中部ノッティンガムでオープンしました。以来、イギリスの紳士服の定番としてイギリス国内はもちろん、日本でも絶大な支持を得ていますね。ちなみに売上規模は、イギリス国内よりも日本の方が大きいとのこと。

paul%20soto.jpg

だから観光でイギリスに来ると、ネクタイやシャツなどをポール・スミスで購入する日本人の方が多いと聞きました。ただ上等の紳士服を売っているだけに、それぞれの商品のお値段は結構高いのです。

そこでお勧めなのが、ポール・スミスのセール・ショップ。夏と冬のセールでもさばききれなかった売れ残り商品をまとめて販売しています。スーツ、シャツ、靴、Tシャツと、どれも2割から4割引きぐらいになっているようです。ただほとんど倉庫代わりのセール・ショップなので、ズボンの丈を合わせてくれたりといったサービスはここでは省略されています。それでも価格の安さはやっぱり魅力です。

sale%20shop.web.jpg

お店は、ボンド・ストリートという高級ショッピング街の裏側にある細い道を入ったところに、隠れるようにそっとたっています。セール期間中だとさらに安くなるので、それぞれの商品が元の値段の半分ぐらいになるということもしばしば。是非一度、覗いてみてください。

Paul Smith Sale Shop
23 Avery Row, Mayfair
London, W1K 4AX
Tel: 020 7493 1287
最寄駅: Bond Street

Paul Smith
40-44 Floral Street
Covent Garden, London WC2E 9DG
Tel: 020 7379 7133
最寄駅: Covent Garden

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 ショッピング・雑貨・お土産
2008年5月 7日
« 前の記事「「ワガママ」な和食チェーン」へ
»次の記事「「ブリジット・ジョーンズ」が日記を買った場所」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    冬の闇を美しく照らす、光アートの祭典「ルミエール・ロンドン」
    アテネの意外な穴場!?アクロポリスを眺める素敵なカフェ・レストラン
    ユニークな制服と行進が見もの!アテネの衛兵交代式
    アテネ地元っ子がお勧め!炭火焼きレストラン「オー・タナシス」
    クリスマスは一段と華やか!リバティ百貨店&セルフリッジズ百貨店
    ツリーのオーナメントも可愛い「フォートナム&メイソン」
    ロンドン・セントパンクラス駅 今年のツリーは百花繚乱!
    クリスマスに彩られたロンドン 素敵なイルミネーションを観るならここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    テムズ・バリアまでお散歩
    首相官邸の近所でビーチバレー?
    ウェンブリー競技場の光と影
    セックス・ピストルズのほろ苦いデビュー

    イギリス ツアー最安値


    2018/1/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長野 雅俊
      東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集