海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 十人十色 9月のお題"就職活動"

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 Nana

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月 6日

十人十色 9月のお題"就職活動"


メール プリント もっと見る

十人十色 9月のお題"就職活動"

イギリス、特にロンドンの就職活動状況についてですが、私はロンドンの会社に勤めて4年ほど経過しますが、その分かる範囲以内で、また経験談からご紹介したいと思います。


こちらはこういうスタイルでというお決まりの就職活動というのはないような気がいたします。それはそれぞれ個人が大学で勉強してきたことにもよるし、その人が何をしたいかにもよるので、最終的には自分がどうしたいかというビジョンを持っていることの方が大切だからです。もちろん大卒22歳くらいでは将来何をしたいか分かっている人はそうそういないので、みんなできることは経験し、オファーされた仕事は経験してみると言ったスタンスでしょうか。


私が感じるにこちらの学生は大学に入る前に何を将来したいか具体的に考えると思います。それは専攻の種類がとても日本よりも細かく別れているからかもしれません。こちらではインターンシップは根付いていて、短くて数週間〜長くて半年のインターンシップで経験を積むことができます。そしてその際にネットワークも広がります。私の会社では現在は同僚の新卒の男の子は最初はインターンとして働いていました。彼がインターンで入る時は、はっきりとこちらの条件を提示しそれでもいいならということで決まりました。


その条件は、週4日フルタイム、交通費のみ支給、インターンシップの期限の後の仕事の保証な全くなし。それでも、彼は同意し、すばらしい仕事をこなしました。その場合は会社とのニーズが合えばインターンシップの後に採用という形になることもあります。


インターンシップでもインターンだから、お金も払っていないからそれを悪用する会社がたくさんあるようです。私の社長はそれはこちらにとっても、そのインターンで入ってくる子にも結果的によくないと信じていて、インターンであろうが普通にちゃんと社員を同じ扱いをする努力をしています。そうすることによって、新卒の子たちが社会で働くということはどういうことか、社会人と対等に仕事をしていくことはどういうことか、自分の言動に責任を持つということはどういうことかを学ぶことができるからです。


私の会社では仕事はもちろん人との関わりがより大切な職種なので人間勉強になると思います。どれだけスキルがあっても、才能があっても、人との関わり方が分からなければその分チャンスは減ります。こちらではこのような言い回しがあります。


It's not about what you know, but who you know.


日本語訳をすると、自分が何をどれだけ知っているかではなく、誰を知っているかである。つまり、知識や才能だけでは限界があり、やはり横のつながりや縦のつながり、人との出会いというのが大切になってくるわけです。


そういう点では特にアルバイトはリクルートの会社を利用してというよりも、自分から履歴書を持って歩き回る方が仕事につながる確立は高くなります。大学時代にインターンシップで働くということが大学のコースの一貫としてあるところもありますが、そうでない場合は日本と一緒でアルバイトをしている学生がほとんどです。ただ、こちらの大学は勉強がとても大変なのでバイトと両立できるというのは少ないのではないかと思います。


こちらでは社会に出てもまた何か本当にやりたいことが見つかった場合に大学や専門学校に戻ることも普通だし、年齢というよりもそれぞれ個人にはその人なりの道があるので、こうしなければいけないという暗黙の了解のような雰囲気はほとんどありません。


ただ今世界的にも不況であるため、どんなに経験があろうと転職も難しいし、ましては就職もかなり困難であることは確かです。大切なことはどのような状況にあろうと、自分がゆるがない強さがあることと、少しでも物事を長いスタンスで考えて地に足をつけて行動することだと思います。要するに自分がどうしていきたいか、自分はどのようなビジョンを持っているのかをはっきりさせ、それに向けて地道に努力する意外の何ものでもないということです。


20代というのは方向性が定まっていないことが多いと思うし、私の大学の教授が言っていたことは、30になるまでに自分のやりたいこと方向性が見つかれば大したものだから、あまり深く考えすぎず何でもトライして自分発見をすることが20代は大切だと言っていました。


少しでもここに書いたことが皆様のお役に立ていれば幸いです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2011年9月 6日
« 前の記事「アートと住む Tate Modern テートモダン」へ
»次の記事「フィレンツェ(イタリア)」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    クリスマスは一段と華やか!リバティ百貨店&セルフリッジズ百貨店
    ツリーのオーナメントも可愛い「フォートナム&メイソン」
    ロンドン・セントパンクラス駅 今年のツリーは百花繚乱!
    クリスマスに彩られたロンドン 素敵なイルミネーションを観るならここ!
    カラスミのスパゲティが美味!イタリア・サルディニア料理「ヌラーゲ」
    ロンドン11月の天候&服装などのアドバイス
    便利なだけじゃない!アールデコ様式が麗しいビルバオ観光案内所は、一見の価値あり
    初演から50周年!元祖ロック・ミュージカル「ヘアー」ロンドン公演
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスのペット事情
    レンタサイクル制度、開始後2ヶ月
    アンティークの本場で、自分だけの一点捜し。
    ロンドン地下鉄ストライキ!!

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/17更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      Nana
      慶応義塾大学文学部美学美術史専攻卒業後、2004年9月大学院に進む予定で渡英。しかしロンドンでモデルとしてスカウトされ、全く想像もしたことのない職業に就き、数々の名の知れた雑誌や広告で活躍。現在はモデルのかたわらCity Academyというパフォーミングアートの学校の経営にも携わり、ダンスも始めた。ファッション業界で磨かれたセンスを生かし写真も勉強中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集