海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 英語上達へのメンタリティ

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 Nana

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月26日

英語上達へのメンタリティ


メール プリント もっと見る

英語上達へのメンタリティ

ロンドンに7年住んでいる者として、そしてずっと英語をメインの言語として使って生活してきた者として、今回は英語に関するアドバイスです。


日本人のほとんどの方が中高の教育で英語は勉強されていると思いますが、どれだけ文法がしっかり頭に入っているでしょうか。コミュニケーションには実際に住んでネイティブの人と話を日常的にすることが上達が早いのは当然なのですが、やはり文法をしっかりカバーしないことには英語の真の上達は難しいと言えます。これは私の経験からで、私は中学高校時代に嫌というほど文法を勉強し自動的に文が作成できるほど頭に叩き込みました。このベースがあったからこそ、こちらに来ての英語の上達も早かったのです。


英語と日本語は天と地ほど分構成から、表現の仕方が違いますので、英語を勉強する際は日本語での思考はちょっと横に置いて、英語の脳を作るトレーニングが必要です。簡単に言いますと、英語の文章を読む時に英語の語順で文章を理解していくことが最初のステップです。単語帳は作らず、意味を調べたらテキストの隙間にメモをしておく程度で、日本語訳はせず、英語を英語のまま理解できるまで、欲を言えばテキストを暗記してしまうくらい何度も繰り返して読むことが大切です。その際に、ポイントとなる文法やイディオムなども文章の生きた英語から自然と習得することが大切です。


私は人生で一度も単語帳というものを作ったことがなく、すべてイメージとして覚えています。それは英語に限らず、現在勉強中のフランス語とイタリア語でも同じ方法を採っております。同じ短編や子供向けの本を何百回と読み、あ、あの単語はこの場面ででてきたとか、あのシーンででてきたとイメージで覚えているわけです。


また、リスニングに関しては自分が発音できない音は聞き取れないといいますので、英語の細かいすべての発音記号を正しく発音できるところから始まります。私はそれを習得するのに、毎日NHKの基礎英語を聞き録音をし、自分で毎日発音練習を録音していました。ネイティブの発音と自分の発音はどこが違うのか、明確に分からないことには矯正のしようがないからです。発音やイントネーションに関しては日本人は相当な努力と根性がいることと思います。発音がしっかりできるようになった上で、今度は簡単な英語のプログラムを英語の字幕付きで見るのです。


例えば、アメリカのフレンズというテレビドラマは最高の教材で、普段の友達同士の会話が楽しく勉強できます。一つのエピソードは20分前後なので、繰り返して一つのエピソードを完全に英語のまま理解できるまで見るのです。これを繰り返しているうちに英語の独特の音やイントネーションに耳が慣れていき、他のプログラムを聞いた時にだいぶ入りやすく理解度も上がっていることとでしょう。


何よりも大切だと思うのは、ミスをたくさんすることです。そして活発的にネイティブの人と会話しようという姿勢が必要です。英語は日本語に比べて論理的な構造なので、日本語に慣れた脳ではちぐはぐすると思います。というのは、個人が何よりも大切にされるアメリカやヨーロッパでは、自分の意見をしっかり論理的に述べ討論できることが絶賛される社会であり、この点ではメンタリティを調整する必要があると思います。自分の長所を知った上で、自分を売り出していくことが大切なのです。海外では、誰かが助けてくれるとか、言われたことやルールに従ってというよりも、自分からアクティブに行動する事が大切です。


海外で英語を勉強する機会があるのならば、ぜひ自分の殻を抜け出して冒険していろいろな人と出会い、会話をして見る事が大切です。そのような環境で、最初は自分の事がうまく表現できなかったとしても、そこでその壁にぶちあたって突破していく度胸が必要です。私は海外に出て日常レベルの会話が全く問題なくできるまでに最低半年はかかりました。それは以上に書いた英語の勉強を日本で終えてからの話です。そして1年立ったくらいから、夢を完全に英語で見るようになり、すべての思考も英語に切り替わりました。それは最初の1年、日本語への接触を最低限にし、90%の日常生活を英語でした結果です。2年経った頃から、完全に英語の思考回路になり、全く考える事もなくネイティブのように英語を操ることができるようになりました。


言語というのは人間の感情や状態を説明するものだと思うので、やはり日常生活の中で感情とその場の状況と一緒に習得することが大切だと思います。7年経った現在でも、母国語ではないという理由から常に学ぶことはあり、特にビジネスをしている私はビジネス独特の英語もまだ日々現場で勉強の毎日です。


簡単ですが、私の英語の勉強方法を紹介させて頂きました。もし少しでも参考になりましたら幸いです。何か個人的にご質問がある方はメール下さい。何かお手伝いできるかもしれません。


それでは...!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2011年10月26日
« 前の記事「フィレンツェ(イタリア)」へ
»次の記事「ロンドンフラット探し」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ロンドンから列車で夢の日帰り旅行~ルイス~
    ケンジントン・ガーデンズにあらわれた巨大オブジェとは?
    ロンドンレストランフェスティバル
    ロンドン地下鉄ストライキ再び!

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      Nana
      慶応義塾大学文学部美学美術史専攻卒業後、2004年9月大学院に進む予定で渡英。しかしロンドンでモデルとしてスカウトされ、全く想像もしたことのない職業に就き、数々の名の知れた雑誌や広告で活躍。現在はモデルのかたわらCity Academyというパフォーミングアートの学校の経営にも携わり、ダンスも始めた。ファッション業界で磨かれたセンスを生かし写真も勉強中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集