海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 女王の即位60年を振り返るポートレート展

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 R. Andrews

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月26日

女王の即位60年を振り返るポートレート展


メール プリント もっと見る

女王の即位60年を振り返るポートレート展

ナショナルポートレートギャラリーで開催中の「The Queen: Art and Image」展に行ってきました。
戴冠式から現在に至るまでのエリザベス女王の姿を捉えた映像、絵画、写真などが時系列で展示されています。

この企画が面白いのは、単なるポートレート展に留まらず、それぞれの時代で、女王がどのような社会的イメージを持たれていたのか、また逆に王室がどのようなイメージ戦略を取っていたのかがアート作品を通じて読み取れるところです。


NPG_501_1046_QueenElizabeth.jpg

Queen Elizabeth II, Queen Regent by Pietro Annigoni, 1954-5
(c) The Fishmongers Company

古典的なスタイルで威厳を示した50年代の肖像画、母としての面や私生活を見せる事で国民に近い存在をアピールした60年代の写真やドキュメンタリー、また70年代の反体制的時代に発売された、女王を揶揄するようなセックスピストルズのレコードジャケットなど、全くテイストの異なる作品が女王の即位60年の変遷を追っています。


誠に無礼ながら、物心ついた時から、女王は「おばーちゃん」だったので、こういう姿がしっくりくるのですが、
NPG_501_1051_EquanimitybyCh.jpg

Equanimity by Chris Levine (artist) and Rob Munday (holographer) 2012
(c) National Portrait Gallery, London


即位した頃のこんな美しい写真を見ると、まるで女優さんみたいで見とれてしまいます。
NPG_501_819_QueenElizabeth.jpg

Queen Elizabeth II by Dorothy Wilding, 1952
(c) William Hustler and Georgina Hustler/ National Portrait Gallery, London


父の兄エドワード8世が王位継承権を放棄するまでは、自分が女王になるなど考えもしなかったであろうエリザベス女王。父の急逝に伴い、突如25歳という若さで即位し、その後は国民に愛される英国王室を目指すも、子どもの離婚問題やダイアナ元妃が事故死した際の対応の遅れなどで、王室が激しいバッシングにさらされた時期もありました。


画家の回顧展に行くと、作品を通じてその人の人生に寄り添った気分になりますが、この展示会も、厚かましながら女王の幸せを共有した気分になったり、苦労を推し量ってみたり、見終える頃には、存在が前よりもぐっと近くに感じられるエキシビジョンです。

NPG_630_1042_QueenElizabeth.jpg

Queen Elizabeth II and The Duke of Edinburgh, Windsor Castle 2011by Thomas Struth
(c) National Portrait Gallery, London Thomas Struth 2011


National Portrait Gallery「The Queen: Art and Image」
期間:2012年10月21日まで
開館時間:10:00-18:00(木・金は21:00まで)
入場料: £6.60
住所:St Martin's Place, London WC2H 0HE
TEL:020 7306 0055
最寄駅:Charing Cross駅
URL: http://www.npg.org.uk/whatson/the-queen/the-queen-art-image.php

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年5月26日
« 前の記事「新鮮な魚を求めてロンドンの築地へ」へ
»次の記事「英国にもようやく夏がやってきた」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/23更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      R. Andrews
      現地ライター。新聞やウェブサイトで執筆。広報代理店に勤務後、結婚を機に、2010年に渡英。現在、WSETワイン上級の資格取得を目指して勉強中。趣味は美術館巡りで、平日の朝の静かなテートモダンとその最上階にある眺めの良いカフェがお気に入りの場所。「天気が悪くてご飯がマズい」だけではない、長閑で刺激的なロンドンの様子を伝えます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集