海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > カティーサーク号6年ぶりに一般公開

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 R. Andrews

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月 8日

カティーサーク号6年ぶりに一般公開


メール プリント もっと見る

カティーサーク号6年ぶりに一般公開

2007年のちょうどこの時期、朝起きてテレビをつけると、そこには目を疑うような映像がありました。なんと地元グリニッジの観光名所カティーサーク号が激しく炎上していたのです。

この船、19世紀に建造された現存する唯一のティークリッパー(茶葉輸送用の快速帆船)。130年以上の年月が経過し、雨漏りなどの老朽化が進んでいたため、火災の半年ほど前から修復工事が行われていました。

作業を行っていない朝方の出来事ということもあり、当初放火が疑われたのですが、その後、作業現場で使われていた「掃除機の電源が入ったままになっていた」という何ともお粗末な発火原因が判明。木造なので瞬く間に火は燃え広がったものの、幸い、修復工事に伴いマストなどの重要パーツは別の場所に保管されていたそうです。

そんなカティーサーク号が、6年という長い修復期間を終えて、先月26日に再びオープン。週末には長蛇の列ができ、かつての活気を取り戻しています。

IMG_1716.jpg

特筆すべきは、船体が海に浮かぶような展示方法になっていること。デッキや船内はもちろん、1000トン近くもある船の下も展示スペースになっていて、まるで海の中から船底や海面を見上げているような気分が楽しめます。

IMG_1838.jpg

実は1957年の一般公開以来、50年もの間地上に設置されていたため、船本体の重みに耐えかねて船体が変形。これはもう持ち上げるほかないと、地上から3メートル浮かせた今回の展示スタイルが考え出されたようです。ちなみに、修復総額は5000万ポンド(約65億円)に上り、国営宝くじの収益金などで賄われました。

船内は、当時の船荷を再現した中国の茶箱や、船の構造や貿易の歴史を紹介したデジタル展示などが見られ、広々としたデッキに上がれば、磯の香りがしそうなほどの臨場感でした。正直、「船を見るだけで入場料12ポンドは高い!」と思っていましたが、一見の価値ありな展示内容です。

IMG_1801.jpg

IMG_1826.jpg


ところで、カティーサーク号からテムズ河に沿ってグリニッジ大学の方へ10分ほど歩いていくと、地元の人たちで賑わうパブ「カティーサーク・タヴァン」 があります。グリニッジ周辺は観光客で常に混雑していますが、ここは駅から少し離れるので、周辺は驚くほど静か。200年以上の歴史があるこの建物に一歩足を踏み入れれば、その雰囲気の良さを誰もが実感できると思います。観光に疲れたら、テムズ河を眺めながらここで一杯いかがでしょうか。


カティーサーク号
見学時間:10時〜17時(最終入場:16時)
定休日:月曜日(2012年11月までの定休日)
入場料:大人£12、学生・60歳以上£9.50、子ども£6.50 ※オンライン事前予約可
住所:Cutty Sark Clipper Ship King William Walk, Greenwich, London SE10 9HT
最寄駅: Cutty Sark
http://www.rmg.co.uk/cuttysark/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年5月 8日
« 前の記事「ウィリアム王子とキャサリン妃が登場!」へ
»次の記事「新鮮な魚を求めてロンドンの築地へ」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      R. Andrews
      現地ライター。新聞やウェブサイトで執筆。広報代理店に勤務後、結婚を機に、2010年に渡英。現在、WSETワイン上級の資格取得を目指して勉強中。趣味は美術館巡りで、平日の朝の静かなテートモダンとその最上階にある眺めの良いカフェがお気に入りの場所。「天気が悪くてご飯がマズい」だけではない、長閑で刺激的なロンドンの様子を伝えます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集