海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 蜷川幸雄演出「シンベリン」ロンドン公演

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 R. Andrews

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月18日

蜷川幸雄演出「シンベリン」ロンドン公演


メール プリント もっと見る

蜷川幸雄演出「シンベリン」ロンドン公演

少し前になりますが、蜷川幸雄演出「シンベリン」のロンドン公演を観てきました。


IMG_2384.jpg

作品については、既にたくさんの方がレビューを書かれているので、省略しますが、シェークスピア原作の蜷川作品は、1985年の「NINAGAWAマクベス」以来、ほぼ毎年英国で上演されていて、現地のファンも多いです。日本語での上演(英語字幕)にも関わらず、チケットは完売、半数以上は日本人以外のお客さんというところに、原作の地への「シェイクスピア作品の逆輸入」がいかに成功しているかが伺えます。


公演期間中、黒澤明監督の映画「蜘蛛巣城」の上映と蜷川氏のトークセッションもありました。同映画は、シェイクスピアの「マクベス」を戦国時代に置き換えた1957年の作品。黒澤監督との共通点、相違点は?という質問に、「(多くの人がやっているように)シェークスピア作品をそのまま日本に持ってくるのではなく、日本文化のフィルターを通して伝えるという異端的なところが似ている。一方で黒澤監督は「能」を僕は「歌舞伎」を取り入れている点が異なる」と語っていました。日本的な表現を使った方が、ストーリーも理解されやすいのだと。


蜷川氏の演出が斬新で美しいので、映画作品にも向いているのでは?どうして舞台中心に活躍されているのですか?という客席からの質問に、「場面、場面を細切りにつなぐのが苦手で、舞台のようにロングショットで連続して人々を捉える方が向いている。だから映画は成功してません」と苦笑しながら答えていました。製作予定の映画作品があるらしいのですが、「ロンドンに来て、作るのが嫌になっちゃった」そうです。その他、「蜘蛛巣城」主演の三船敏郎と黒澤明監督の撮影時の面白エピソードなども聞け、ユーモアたっぷりのトークは会場の笑いを誘っていました。


こちらでは、日本のサブカルチャーばかりが面白可笑しく取り上げられがちですが、芸術文化への関心が高い英国で、日本の演劇が評価されるのは、日本人としてとても嬉しいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2012年6月18日
« 前の記事「女王即位60周年水上パレード」へ
»次の記事「「不思議の国のアリス」150周年を迎える」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/19更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      R. Andrews
      現地ライター。新聞やウェブサイトで執筆。広報代理店に勤務後、結婚を機に、2010年に渡英。現在、WSETワイン上級の資格取得を目指して勉強中。趣味は美術館巡りで、平日の朝の静かなテートモダンとその最上階にある眺めの良いカフェがお気に入りの場所。「天気が悪くてご飯がマズい」だけではない、長閑で刺激的なロンドンの様子を伝えます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集