海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 弟のロンドン弾丸旅行1

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長南 ミサ

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月12日

弟のロンドン弾丸旅行1


メール プリント もっと見る

弟のロンドン弾丸旅行1

テレビでオリンピックを見ていたら急に行きたくなってきた・・と言う理由で、美容師の短い夏休みを使い 弟がロンドンに来ました!
(実はこれももう2ヶ月位前の話になるので、その時期は色々とバタバタとしていて、今更ここにアップしているのですが)
でも、なんと3泊のみ!

1日目は夕方にヒースロー到着後、彼は昔1年半くらいストークニューイントンに住んでいたので、当時の私達が良く行ったピザ屋さんに久々に行きたかったようですが、残念ながらもう無くなっていました・・ 涙
なので、家の近所のパブ Pembury Tavern(90 Amhurst Road E8 1JH ☎ 020 8986 8597)でのカルツォーネをオーダー。
見よこのふぐみたいに膨れたピザを!

takeshi16_convert_20121108234455.jpg

ここのピザも美味しいのだけど、ここのチリオイルが絶品なのです!


翌日は私はどうしても終わらせなければならない仕事があり、午後からの合流。
弟は1人でコベントガーデンやテムズ川沿いを歩いたり、昔よく行ったチップス屋さんやチャイナタウン、と懐かしツアーを。

takeshi2_convert_20121108233429.jpg

その後ノッティングヒルで合流し、ここも昔よく行った Churchil Arms(119 Kensington Church Street Kensington, W8 7LN ☎ 020 7727 4242)
にてタイランチ。

takeshi15_convert_20121108235022.jpg
takeshi14_convert_20121108234427.jpg

ここに来ると、ついつい いつも同じ物を食べてしまう。
弟はパッタイ、私はチキンかポークのタイバジルとチリの炒め物。
ここのお料理は辛さも本格的で美味しいし、パブも古くてとても良い雰囲気で、そしてパブの奥がレストランスペースで、蝶の標本やたくさんの観葉植物が天井から下がりまるでジャングルのような雰囲気も。お値段も気軽に立ち寄れる全てが£10以下でした。(確かメニューのほとんどのメインが同じようなお値段で£7〜8位だったと思います)

takeshi13_convert_20121108234403.jpg

その後にはサウスケンジントンに移動して、ナチュラルヒストリーミュージアム、ロンドンでは大英博物館に次ぐ規模と人気の ヴィクトリア&アルバートミュージアムもぷらっと行き、ぷらっとお茶。

takeshi12_convert_20121108234338.jpg

ヴィクトリア&アルバートのカフェは2人とも大好きです。

takeshi11_convert_20121108234310.jpg

そして、その後には Bob Bob Ricard(1 Upper James Street Soho, W1F 9DF ☎ 020 3145 1000)でカクテル。
弟がロンドンに住んでいた時は、彼は貧乏学生、私は貧乏社会人でこういう所で1杯£10近くもするカクテル飲むなら、断然パブ派でした・・
今はもうちょっと大人になり、これもありかなっと。
そしてこのルバーブのジントニックの美味しさと、内装のかわいさを見て欲しかったので。

takeshi10_convert_20121108234203.jpg

その後には友達が一押しの Phoenix Palace (5 Glentworth Street, NW1 5PG ☎ 020 7486 3515) にて何人かの友達とディナーを。
ベーカーストリート近くにあるゴージャスな内装のチャイニーズで、沢山の有名な人(ジャッキーチェンとかは分かったけど、多分有名なんであろう中国人の写真とかも含む)の写真が沢山張ってあります。
始めて行ったけど、美味で良いです!
友達おすすめのソフトシェルクラブもすごく美味しかったようです。(私は蟹が苦手なので、食べていないのですが)
ここは飲茶もかなりいけるという事ですよ。

・・・と、これで2日目終了です。
ロンドン到着24時間で、かなりの量をこなしているでしょ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル
2012年11月12日
« 前の記事「To Have Green Fingers」へ
»次の記事「弟の弾丸ロンドン旅行2/サイクリング」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/19更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長南 ミサ
      1997年に渡英、その後ファッション学生を経て、ヴィヴィアン・ウエストウッドのワールズエンド店に約10年ほど勤務。現在はUpholsteryを2年学び、更に修行中。フリーランスで現地コーディネーターや翻訳等のお仕事もさせてもらっています。この国に来て10年以上経ちますが、未だ飽きる事のないこの国の面白いところ、不思議なところ・・等、今後こちらに来られる方の参考になるような情報、又はまだ来られる予定が無くても、イギリスに行ってみたいな・・と思われるようなお話をして行ければ!と思っております。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集