海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > ハーモニーテスト(出産前診断)

イギリス/ロンドン特派員ブログ 旧特派員 長南 ミサ

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月22日

ハーモニーテスト(出産前診断)


メール プリント もっと見る

ハーモニーテスト(出産前診断)

「ハーモニーテスト」と聞くと、なにか楽しい音楽的な事?
と思ってしまいましたが、実はこれは昨年秋にアメリカで開発されたダウン症等の障害が99%(これは見るウェブサイトに寄って多少の誤差があるようですが)の確率で、しかも羊水から調べるテストは流産の確率が低くないけど、これはその心配もなく、しかも10週目から受けられる検査なのです。

今まで、特に大の子供好きでもなく、出産に関してまるで他人事のように過ごしてきてしまったけど、2011年冬に結婚をし、友達とも今出産を考えるか、そうでなければ、子供のいない夫婦やカップルとしてこれからもう過ごすと言う選択の時期に来ているという話が多くなり、自分ではぼんやりと 「いつかは子供が欲しい・・」 と思っていたけど、そろそろ先延ばしにも出来ないかも と思い、昨年から自然にまかせて出来たららっきー、でももうすぐ40才になるのですが、その直前までにダメだった時にはドクターに見てもらい、最悪に体外受精が必要だった場合でも、40才までなら天下の NHS で(イギリスは国営医療サーヴィスで、基本的に無料なのです)体外受精が無料で出来ると聞いていたので、この線で行こうと思っていました。

そして年が明けて、別件でドクターに会いに行った所、妊娠が発覚。
その時に既に10週目だったので、ドクターに日本ではクアトロテストと呼ばれる血液検査を勧めらて(これは12週から13週の間に血液検査から、ダウン症等の障害を持った赤ちゃんが産まれる確率が分かるテストです)受けました。
検査が数日で結果が出て、国が定める数字以上の確率であれば書面のみ、それ以下であれば電話がかかって来ると言っていましたので、電話がかかって来てしまった時にはパニック状態!
そこで初めて、慌てて色々と調べ、更に不安になる始末。
結果は国が定める数字のちょうど上でした。
なので、そのままでも良し、羊水テストを受けるも良し、それにもう1つ方法があると言って教えて頂いた「ハーモニーテスト」。
羊水テストも、ハーモニーテストも結果は 「 Yes or No 」 だと言います。
旦那と相談をし、流産の可能性も心配だったし、何よりも痛いのも怖ったのでハーモニーテストを受ける事に決めました。


早速ロンドンでこの検査をやっているクリニックをしらべ、約10件近く電話をし、話を聞き、料金を確認し、UDS (Ultrasound Diagnostic Services) に決めました。
検査自体は£400、そしてスキャンもしなければならないので£150、合計£550でした。
保険も利くという事ですが、うちは残念ながら自腹。
でもまあ、出産まで心配しながら過ごす事や、他の心配を考えれば仕方がないかな・・。
すぐに予約を取り、検査に出向きました。
さすがプライヴェートのクリニック、待合室もポッシュな感じで、通された診察室でも、スキャンのクオリティーが格段と良く、当時まだ13週目くらいでしたが、既に性別が分かってしまいした!
小さな試験管でしたが、3本ほどの血液を採られ、同日にアメリカに送られます。
そして通常は9日後に結果が電話で知らされるとの事。
そして(土日を抜いて)本当に9日目のお昼くらいに結果の電話をもらいました。
結果はほぼ(100%ではないのですが、限りなくそれに近い数字)ダウン症等の障害のある子が産まれる事はないようです。
ああ、本当に良かったー。
その日の朝にかかってきた電話全てびくびくしていました・・
この結果が分かるまで、あまり回りに公表出来ないでいましたし、万が一の結果であった時にはどうしたら良いか・・と心配でした。
それまで考えた事もなかったのですが、高齢出産の大変さを思い知らされた一件です。

baby_stoke.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2013年3月22日
« 前の記事「メキシカン・モカ」へ
»次の記事「妊娠初期にハマった食べ物」 へ
おすすめ記事
    ロンドン特派員 新着記事
    ボンド・ストリート駅近・使い勝手のいいカフェバー&レストラン「ジャックス」
    スペイン・ビルバオで泊まった5つ星「ホテル・カールトン」
    新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」
    お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」
    自然史博物館の新キャラ登場!クジラの「ホープ」です
    赤い郵便ポストの発祥国イギリス:その年代を見分ける方法は?
    ケンジントン宮殿・ダイアナ元妃の衣装展、来年2月まで開催中!
    ロンドン金融街にある麗しい教会カフェ「Host」

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/23更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン特派員

      ロンドン特派員
      長南 ミサ
      1997年に渡英、その後ファッション学生を経て、ヴィヴィアン・ウエストウッドのワールズエンド店に約10年ほど勤務。現在はUpholsteryを2年学び、更に修行中。フリーランスで現地コーディネーターや翻訳等のお仕事もさせてもらっています。この国に来て10年以上経ちますが、未だ飽きる事のないこの国の面白いところ、不思議なところ・・等、今後こちらに来られる方の参考になるような情報、又はまだ来られる予定が無くても、イギリスに行ってみたいな・・と思われるようなお話をして行ければ!と思っております。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集