海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 女子旅にピッタリな素敵パブ「ザ・ウィグモア」

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月 7日

女子旅にピッタリな素敵パブ「ザ・ウィグモア」


女子旅にピッタリな素敵パブ「ザ・ウィグモア」


ロンドンに来たら一度は体験してみたいパブ。地元のロンドンっ子に混じって英国ならではのビール、エールを味見したり食事をしたり、お酒ではなくソフトドリンクやコーヒー・紅茶を頼んでも全然オッケー!な懐の深さもマル。

1arukpub.jpg


とはいえ、いかにも「酒場」風に暗ーい雰囲気や、酔客の溜まり場はちょっと・・・という向きにおススメしたいのが、この素敵に美しいパブ「ザ・ウィグモア」です。


1arukpub1.jpg


オックスフォード・サーカス駅からほど近いので、ショッピングの合間にも寄れる便利な場所。


1arukpub2.jpg


実はここ、5つ星ホテル「ザ・ランガム・ロンドン」の地階にあるパブなのです。洗練されているのも道理ですよね!


1arukpub3.jpg


私はこの日、友達とゆっくりお喋りしながら軽くランチ、という感じで利用しました。午後2時を過ぎていたため他のお客さんが少なく、ワイワイガヤガヤ賑やかなのは苦手なので嬉しかったです♪


1arukpub4.jpg

1arukpub5.jpg


日替わりの食事メニューを見たところメイン・ディッシュはやや重そうだったため、スナックの中から3品ほどを選んで友達とシェアー。ドリンクのおつまみ的にいただきました。


1arukpub6.jpg


どれも美味しかったし、このスコッチエッグズのようにフォトジェニックな一品も。SNS映えも意識したイマドキなお店ですねー。


1arukpub7.jpg


中にはウズラの卵と挽き肉、そしてスパイスの効いた豆カレーのソースが相性よし!あと2品はハムのコロッケと、蟹肉のクランペット。もしお腹が空いてたらメイン・ディッシュの中から選んだほうが良いけれど、ドリンクのお供にはちょうど良い味とサイズでした。


1arukpub8.jpg


こちらがお会計。私はグラスワイン、友達はエールのハーフパイントを飲んで、サービス料12.5%が加算されて合計£32.06です。これを2人でワリカンしたので、場所を考慮したらリーズナブルだと思いました。ちなみにサービス料が既に含まれていたので、Optional Gratuity(追加チップ)は払わなくても非難は浴びませんよ。笑


1arukpub9.jpg


5つ星ホテルに相応しい、優雅なパブ。女子旅はもちろん、お一人様女子でも安心して利用できる「ザ・ウィグモア」です♪


ザ・ウィグモア(The Wigmore)
住所:The Langham London, 1C Portland Pl, Marylebone, London W1B 1JA
Tel:020 7965 0198
URL:https://the-wigmore.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 旅行・ツアー・ホテル
2019年3月 7日
« 前の記事「ウェストミンスター大聖堂の地下にある、お値打ちカフェ♪」へ
»次の記事「アテネのスーパー「スクラヴェニーティス」で買物してみた!」 へ
ロンドン特派員 新着記事
Zoomで気軽に参加、HISロンドン「ナショナルギャラリー」宗教画セミナーが面白い!
7月10日より、日本からイングランドに入国する際の14日間の自己隔離が不要になりました
7月8日にナショナルギャラリー再開、ロンドン塔も7月10日から、ほか
行動規制の緩和が進むイギリス、7月4日から再開する観光スポットなど
最近のロンドン地下鉄サービス状況(2020年6月24日現在)
【新型コロナウイルス】ロンドンでも電車やバスでマスク着用義務:2020年6月15日より
【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)
【新型コロナウイルス】英国の現況&滞在許可期限延長の特別措置など(2020年5月23日現在)
1年前の同じ月に投稿された記事
手軽な飲食店が並ぶセント・クリストファーズ・プレースは、旅行者にも便利!
俳優マイケル・ケインの「マイ・ジェネレーション」展、カーナビー・ストリートで開催中
イギリスの「母の日」、2018年は3月11日です
パブリック・スクールの名門ハロウ校、今年の一般公開ツアー日程は?

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集