海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(5)サザーク...

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月 1日

女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(5)サザーク駅のフォトジェニックな作品群


女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(5)サザーク駅のフォトジェニックな作品群

ロンドン南東部に位置する地下鉄サザーク駅。新世紀・ミレニアムに合わせて大がかりな延長工事が行われたジュビリー線のために1999年11月に開通した、ロンドン市内では比較的新しい駅です。


1arulind.jpg


そんなサザーク駅で現在、ロンドンで活躍する女性アーティストの1人リンダー(Linder)による作品群が、野外展示されています。

1arulin.jpg

この期間限定展示(2018年11月~2019年10月)について興味を抱いたきっかけは、こちらのポケットサイズ地下鉄路線図。ロンドン地下鉄駅の改札周辺で無料配布しているこのマップは定期的に改訂版を出していて、これは2018年12月発行版です。

1arulin1.jpg

パッと見は意味不明だなーと思ったけれど、上下逆さまにしてみたら分かりました。裏表紙にアーティストの名前が「Linder」とあったので、ロンドン地下鉄のウェブサイト経由で彼女の作品展示について知ったのです。

1arulind1.jpg

そこで或る日、同じ方角に所要で行った時に、サザーク駅で途中下車してみました。ロンドン地下鉄は155年以上の歴史を誇る、言い換えれば古いネットワークなのですが・・・さすが築20年、モダンでかっこいい駅!笑

1arulind4.jpg

お目当てのリンダーさん作品群は、駅から外に出ないと見えません。私はまず駅を出て右手に回ったところ、冒頭のカラフルかつパワフルな壁画に出会いました。

1arulind3.jpg


1arulind2.jpg

この特別展のために4カ月かけて制作したフォトモンタージュ作品群には、「至福の休息所(The Bower of Bliss)」と命名した彼女。サザーク地域の歴史と文化背景が、ひとつの大きなテーマとなっています。

1arulind6.jpg

1arulind7.jpg

だから駅舎の外周をぐるりと巡回しないと全作品が観られない展示スタイルも、リンダーさんの意図するところ。何故ならこのサザークには今も残る大聖堂があり、昔の人々にとっては巡礼の聖地でもあったからです。

1arulind9.jpg

1arulind8a.jpg


もうひとつのテーマは、ロンドン地下鉄における女性の活躍。それで新旧の女性職員の写真や絵もコラージュされているんですね。


1arulind10.jpg

前述したとおり、この展示は2019年10月までの期間限定。まだ半年はありますので、アート・ラヴァーはサザーク駅へGO!もちろんインスタ映え映えです♪


1arulind11.jpg


地下鉄サザーク駅(Southwark Tube Station)
地下鉄ジュビリー線ゾーン1
関連URL https://art.tfl.gov.uk/projects/the-bower-of-bliss/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お題 イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術
2019年5月 1日
« 前の記事「メイフェアで気軽にアート気分なカフェ・タイム!王立芸術学院(RA)」へ
»次の記事「ヘルシー志向のファストフード店「レオン(LEON)」で手軽にパワーチャージを!」 へ
おすすめ記事
ロンドン特派員 新着記事
庭園とカフェも見逃せない、ウェールズのポウィス城
天空の城ラピュタのイメージと重なる、ウェールズのポウィス城へ!
バーミンガムの美味しいレストラン「マリベル(Maribel)」
小さな可愛い蒸気機関車でGO!ウェルシュプール&スランフェア鉄道
女子旅に人気の古都バース!2019年後半のイベント・カレンダー
ウェールズ「悪魔の橋」渓谷・お勧めホテルはここ!
エーゲ海とポセイドン神殿を眺めながら、新鮮シーフードに舌鼓!
ロンドン最大の駅中パブ「パーセル・ヤード」は、使い勝手もMAX!
1年前の同じ月に投稿された記事
6月3日までの期間限定!ザ・ローリング・ストーンズのポップアップ・ショップ
ロイヤル・ウェディングを祝って、ハリー王子とメーガンさんのラテ・アート!
名探偵ホームズゆかりのお店でアフタヌーン・ティーはいかが?
ソーホーの隠れた名所「シークレット・ティールーム」
ギリシャ「アテネ貨幣博物館」・トロイア遺跡を発掘したシュリーマンの家

[an error occurred while processing this directive]

イギリス ツアー最安値


2019/8/20更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集