海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 天空の城ラピュタのイメージと重なる、ウェールズのポ...

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月 9日

天空の城ラピュタのイメージと重なる、ウェールズのポウィス城へ!


天空の城ラピュタのイメージと重なる、ウェールズのポウィス城へ!

北ウェールズのウェルシュプールにあるポウィス城は、13世紀まで遡れるという中世からある城。現在の姿は、18世紀から19世紀にかけて贅沢に改築された豪奢なものです。


1powis.jpg


またジブリの名作アニメ「天空の城ラピュタ」では製作にあたりウェールズを参考にしたという事から、ウェールズに数々ある城の中でもこのポウィス城などモデルのひとつではないか・・・と推察するファンもいるそうです。


1powis10a.jpg


城を見上げるように造られたイタリアン・ルネッサンス庭園からのアングルだと多少想像できない事もないのですが、実はこの写真だと近すぎ。できれば敷地外へ出て更に下へ行ってから見上げると、こんもりした緑のクッションに座っているように見えるそうです。それならばラピュタのイメージに近くなるかな?


1powis1.jpg

では城の中に入ってみましょう!現在この城は、景観保護団体ナショナル・トラストが所有および運営しています。入場料は大人13.50ポンド、開館時間は季節や曜日によって違うため記事末リンクのナショナル・トラスト公式サイトをご参照くださいね。

1powis1a.jpg

なお原則的にお城の中は撮影禁止。今回は英国政府観光庁主催プレス・ツアーの一環だったため撮影許可を得ましたので、こうして皆さまにご覧いただける次第です。


1powis1b.jpg


内装もさることながら、調度品や美術品のコレクションが圧巻!その中心となるのは18世紀に東インド会社の重役となりマドラス知事にもなった、エドワード・クライヴとその子孫によるもの。彼はポウィス城主の娘ヘンリエッタと結婚し、この城に更なる栄華をもたらした立役者なのです。


1powis1d.jpg


幾つかの寝室が保存されているうち、最もゴージャスなのがこちら。実はこの寝室、城主となったエドワード・クライヴが当時の国王チャールズ2世を招待するために作ったのですが、結果的にはチャールズ2世がこの城を訪れる機会はありませんでした。しかし後々20世紀初頭になってからエドワード8世がまだ王子の頃に1泊したというから、王族を招聘するという当初の目的は果たしたとも言えます。


1powis2.jpg


1powis1c.jpg

絵画のコレクションは特に素晴らしく、額装して壁に掛かっているものだけでなく美しい天井画も必見。とくに天井画は階段やホールの上にあるものが秀逸です。


1powis2b.jpg


上の画像で右に見えるのが、エドワード・クライヴを夫として迎えたレディ・ヘンリエッタ・ハーバート。

1powis2a.jpg

そしてこの肖像を描いたのは、当時のイギリスを代表する画家ジョシュア・レイノルズです。ロンドンのピカデリーにある王立芸術学院(Royal Academy of Arts)の初代会長となり、今もその前庭に銅像がありますから↓ご存知の方も多いのでは?


他にも見どころ満載のポウィス城、次回はカフェと庭園もご案内いたします。どうぞお楽しみに~~!


1arukikata1.jpg

ナショナル・トラスト/ポウィス城
英国政府観光庁(VisitBritain)
ウェールズ観光庁(VisitWales)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年8月 9日
« 前の記事「バーミンガムの美味しいレストラン「マリベル(Maribel)」」へ
»次の記事「庭園とカフェも見逃せない、ウェールズのポウィス城」 へ
ロンドン特派員 新着記事
外食産業や観光業にテコ入れする英政府、8月の月~水は外食がお得?
Zoomで気軽に参加、HISロンドン「ナショナルギャラリー」宗教画セミナーがおもしろい!
7月10日より、日本からイングランドに入国する際の14日間の自己隔離が不要になりました
7月8日にナショナルギャラリー再開、ロンドン塔も7月10日から、ほか
行動規制の緩和が進むイギリス、7月4日から再開する観光スポットなど
最近のロンドン地下鉄サービス状況(2020年6月24日現在)
【新型コロナウイルス】ロンドンでも電車やバスでマスク着用義務:2020年6月15日より
【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)
1年前の同じ月に投稿された記事
休憩や待合わせに便利♪ ベイカーストリート駅隣りのパブ「ザ・メトロポリタン・バー」
スイスの首都ベルン・8月の土曜日はミュージアムが無料です!
観劇ファンに朗報!渡辺謙&大沢たかお出演・ミュージカル「王様と私」ロンドン公演、9月までやってます
ロンドンの夏は、アート&カルチャーな野外イベントが楽しい!

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集